関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット バッハ ヘイキンリツ・クラヴィーア・キョクシュウII

キース・ジャレット バッハ 平均律クラヴィーア曲集II

  • キース・ジャレット バッハ 平均律クラヴィーア曲集IIの画像

第一巻とは変わって、こちらではハープシコードを弾いています。八ヶ岳で<ゴールドベルク~>を録音したときよりもテクニック的に上達しています。
基本姿勢は第一巻と変わらず、各声部に十分なスペースをあたえて、それぞれのびのび歌わせるといったスタイルで演奏しています。
これを聴いていると4声ぜんぶ聴き取れているように錯覚してしまいます(笑)

キース・ジャレット バッハ 平均律クラヴィーア曲集II

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/11/30登録
  • 2945クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (6)

リヒテルの1970年~1973年に録音されたもの。CD4枚組 場所は、ザルツブルクのクレスハイム宮殿で、ピアノは、ベーゼンドルファーを使っている。 第1巻の演奏を聴い...

ミュージックWORLDBEAT BACH

  • (まきこ)

Richard Stoltzmanというクラリネット奏者をメインにして、バッハの14曲をいろんなアレンジで演奏しているアルバム。 「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」がサンバ。...

キースがオリジナル作品をクラヴィコードで演奏した録音。ピアノでもハープシコードでもなく、クラヴィコードを使ったという点にこの小品集のコンセプトが伺える。 クラヴィコードは...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

高校生のときに初めて聴いたっす。moog systemとマルチトラックレコーダーを使った、バッハの曲は極めて現代的に聞こえたなぁ。 一面壁状態のmoogには圧倒されたけ...

携帯でこのページにアクセス

キース・ジャレット バッハ 平均律クラヴィーア曲集II

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15077

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ