関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ばいと・すもーるとーくとくしゅうごう

BYTE: Smalltalk issue

  • BYTE: Smalltalk issueの画像

vol.6, No.8。1981 年8月、McGraw-Hill。Smalltalk バカ、もしくは、なんちゃって Smalltalker 垂涎のお宝。表紙の気球は 1979 年の Pascal 特集の際に、一般ユーザから隔離された象牙の塔に引きこもるように描かれた Smalltalk の大空への解放を意味するものだたとか(リンク)。ちょっとプログラミング言語に詳しい方ならすでにご存じのとおり、この気球は以来、 Smalltalk コミュニティのシンボル的存在となっている。なんちゃって…の私も欲しいのだが、誰か(売って)くれませんかねぇ…(^_^;)。

BYTE: Smalltalk issue

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

sumim画像 投稿者:
sumim
詳細情報
  • 価格: 時価
  • 2001/11/30登録
  • 5106クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2003/03/17

鈴木藍 私が聞いた「気球」の説は、 "他の言語を使ったプログラマを見下ろす"という 意味だったのですが...。

sumim Smalltalk の優れたプログラマは象牙の塔に引きこもりがちに見えるの“なんでだろぉ…?”(笑)

つながりキーワード (4)

Smalltalk-80 の商品化、その後の販売・改良の陣頭指揮を執り、その方向性においてアラン・ケイ博士との確執も取りざたされたアデル・ゴールドバーク女史執筆の金字塔的...

Squeak で、open... → mvc project で現れる画面。ウインドウのタイトルバーに Mac っぽい改変が加えられているが、その他はいにしえの Smal...

現在も Squeak 開発における主要メンバーとして活躍、'70 年代の PARC 時代からアラン・ケイ博士と研究活動を共にしているダン・インガルス氏が、博士の誕生日にプ...

アウトドア熱気球

  • (beakmark)

大学に入って、何かちょっと変わったことをやってみたいと思っていたときに目に付いたのが、熱気球サークルの立て看板。 最初は怖かったけど、すぐに魅了され、トレーニングをして...

携帯でこのページにアクセス

BYTE: Smalltalk issue

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15190

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ