関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

けいざいってそういうことだったのかかいぎ

経済ってそういうことだったのか会議

佐藤雅彦と竹中平蔵が、経済と経済学をめぐって行った対談をまとめたもの。

私はこれで地域振興券が経済学的にどういう意味を持つのか理解できました。

古本で見つかったら読んでみてくださいな。

ここまでコメントが爆発するとは思いませんでした。びっくり。

経済ってそういうことだったのか会議

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
sogo
詳細情報
  • 発売元: 日本経済新聞社
  • 価格: 1500円
  • 2001/12/17更新
  • 2001/11/30登録
  • 3336クリック

このキーワードを共有する

コメント (27)

最新コメント5件

2001/12/02

あ,ごめん,バスケ君,ね。

sogo 竹中大臣が方針を大々的に発表することで、反対派も大々的にアクションを起こさざるを得なくなる。そして、両方の主張を明らかにした上で、水面下で交渉している状態だと今は思っています。目下のところ、竹中氏不利といったところでしょうか。少なくとも、何にもいわずにある日突然「こうだから」と押しつけられるよりは好感が持てます。責任を負ってくれると示してくれているのだから。

なるほどなぁ。私には何度も繰り替えされて来た先延ばし的タマムシ色決着の準備段階にしか見えないっす。

永遠の旅人 私としてはもともと国民の支持がほとんど唯一の頼りの内閣なんだから、「客寄せパンダ」にもそれなりの意味があると思うんですがね。例えとして適切じゃないかも知れませんが、パンダがいるから人が動物園に来る、でもそれで動物園の経営が成り立って他の施設が良くなればそれでいい、と言いますか。それ以前に小泉さん自身の方が客寄せパンダとしての役割はでかいんじゃないかとも思いますが。

私も小泉内閣のこれまでとは違う部分(つまり「看板(パンダ)が喋った」部分ね)について評価はするんですが。

つながりキーワード (8)

人名・団体名佐藤雅彦

  • (裏塩見)

現代の「考える人」としてまず思い浮かぶ人です。広告批評でも特集してました。本もテレビも教育も、どれも考えることの楽しさを教えてくれるとこがすごいです。そしてハンサムメン。...

ほんとうにゼロからわかる感じ。 著者は野口旭さん。 GDPとか貿易黒字とか、ニュースでよく見るような言葉の意味-用語辞典的な定義説明ではなく、世の中のどういう働きを説明...

佐藤雅彦氏と竹中平蔵氏の対談形式で進められる経済について書かれた書籍。 文庫版が出ています。 経済学に対する偏見が見事にうち砕かれました。 今まで読んだ経済についての書...

最近始まったばかりのNHKの4~6才向けの教育番組です。っと、侮るなかれ。監修は、佐藤雅彦。と、いうわけでツマラナイわけがございません。 声の出演は、名古屋章と井上淳! さらに小林賢太郎(...

一時期、話題になっていた本書。 今年になって文庫落ちしたのを機に、 なんとなーく手にとってみました。 なるほど。 面白い。話題になるのはわかるわ。 きわめて平易な言...

7月の参院選で惨敗、執行部の大半を女性で固めて 党再建をしようとしているミニ政党。 個人的には次の選挙で消えていただきたい政党であります。

「目的のためには手段を選ばず」という言葉に代表されている思想。一般的には権謀術数を旨とする思想とされている。 結局、いかにして「自分が思う理想」を達成するかを 考えれば、権謀術数を駆使する...

科学と聞いておもわずしりごみしたくなる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。科学とは実はエンターテイメントでもあるのです。このキーワードでは、そんな科学を体験できるキーワードを集めてみ...

携帯でこのページにアクセス

経済ってそういうことだったのか会議

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15314

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ