関心空間はグッズのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ビン・ハウス

bin house

  • bin houseの画像

インドネシアの伝統的な染め織物といえば「ジャワ更紗」と言われたろうけつ染めのバティック。日本の伝統的な職人さんが少なくなっていった様にインドネシアでも手仕事による繊維産業は衰退の一途をたどっている。
美しいアンティーク・バティックに囲まれていたコマラ女史は、それらの伝統技術を継承していこうと、職人を探し、昔ながらの手法でバティックを今に蘇らせている。
ビン・ハウスの布が日本女性を魅了するのは、どこか日本の着物文化と通じるものがあるからだろうか。大量生産ではけして出来ない溜息が出るほどの美しい布たちが、布好きな私を虜にしている。

bin house

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

えりりん画像 投稿者:
えりりん
詳細情報
  • メーカー: bin house
  • 地域: インドネシア
  • 価格: スカーフ/350ドル位~
  • 2001/11/30登録
  • 5147クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (10)

世界でも指折りのジャワ更紗──ものすごく手が込んでいて、芸術作品と言ってもいい──そんな布に会えるのが京都のisis(イシス)。 インドネシアのおみやげ物としてのジャワ...

ショップゆうど

  • (ぬほりん)

緑豊かな庭付き一戸建ての民家を再生した贅沢な構えのショップ。 扱うものはモンスーン・アジアをテーマにした自然素材の手織、手染の布や衣服。捨てる文化ではなく、使う文化を見直...

--- 沖縄の風を織る 光を染める 清ら布展。 「清ら布」とは、「清らかで美しい布」のことだそう。沖縄固有の文化が脈々と息づいているという染織工芸の展示だそうです。 人...

デザイン・写真・建築MAKI TEXTILE STUDIO

  • (ロオジエ)

インドの野生の繭から1本1本手で紡いで織るタッサーシルクをはじめ、綿や麻などの天然素材で布を織り、服作りをしている真木千秋さんのスタジオ。 10年ほど前、ふらりと入った...

グッズフランジパニ

  • (ロオジエ)

バリ島を訪れた人ならきっと目にしたことがある花だと思います。私の好きなUBUDの「IBAH」というホテルでもフランジパニがシンボルマークになっていて、朝食のテーブルに飾っ...

インドネシア、バリ島にある籐(アトゥ)製品の村。 乾燥させたアタという植物の茎で編み、 3~4日天火干しし、パームシュガーを塗り込み、 彩色の後、ウッドチップで3~4日い...

東南アジア系の模様の総称。異国情緒のある人物・鳥獣・草花・幾何学模様のこと。江戸時代にインド・ジャワ・ペルシア・シャムなどから渡来した綿布(saraca/ポルトガル語)に...

服・ファッショングッズアオザイ

  • (NYANKO)

ヴェトナムの民族衣装。知らない人だと「へー。こんなチャイナドレスもあるんだぁ」なんて思っちゃうかもしれないデザインです。実は私も最近まで「アオザイってなに?」なヤツでした。つい先日、輸入衣料...

16年程前にバリのウブドに滞在した。バリ好きの友人に誘発されて行ったのだが、時間がゆったり流れて今も心地よい気持とともにあの風景を思い出す。 そのときコマラさん(ビンハ...

海外旅行Bali

  • (えりりん)

1987年の初上陸以来、毎年の様に通い続けている第2の故郷。バリから学び、授かったことは、計り知れないほど多い。たいていは、UBUDの安宿に滞在。「極楽通信UBUD」とい...

携帯でこのページにアクセス

bin house

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15358

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ