関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット - ラ・スカラ

Keith Jarrett - LA SCALA

  • Keith Jarrett - LA SCALAの画像

1995年ミラノ・スカラ座におけるライヴ録音。

このアルバムがリリースされたとき、このアルバムにどう向き合ったらよいのか戸惑ってしまった。あの圧倒的な完成度を見せた<ウィーン~>のあとに一体どんな演奏ができるのだろう?...この疑問に自分なりの結論を出せるまで聴くことをしなかった。

結果としてそれは吉と出て、このアルバムからまた新しいキースを聴くことができた。彼はこのコンサートにおいて、またさらに自らの音楽の核心に迫っている。ここでのキースは、サウンドの豊かさが損なわれるリスクを恐れず、自分に聴こえてくる音楽の核心へさらに深く踏み込んでいる。
そのため、時として旋律は一本に集約されてしまい、単旋律で演奏される場面が何度かある。それは発想の貧しさを示しているのではなく、たとえ一本の旋律であっても表現を十分に充実させることができるという彼の音楽への確信が生んだ結果なのだ。

このコンサートにおいてキースが描き出した音空間はそれまでの彼のソロ・コンサートの中で最も自由で、かつ表現の核心に迫ったものになっている。つまり<ウィーン~>とは異なるかたちで、もう一度キース自身の音楽の頂点へ登りつめたのだ。

Keith Jarrett - LA SCALA

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/11/30登録
  • 3601クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (6)

私は日本人の中にたくさんいると思われるキース・ジャレットのフリークの一人です。これはDVDですが、前後して発表されたCD“Radiance”の映像も含む、これまでのキース...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

キースによる完全即興ソロ・コンサートの第一弾アルバム。初めて発売される形態の音楽であるにもかかわらず、いきなり2枚組だった。 しかし各方面の評価は高く、いまだにキースのソ...

1976年日本におけるソロ・コンサート・ツアーのライヴ録音6枚組ボックスセット。<ケルン~>以後のキースが次のステップへ向かっていく過程を聴く上で興味深い録音。 いわゆ...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett - LA SCALA

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15447

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ