関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

カノッサの屈辱

 なんか不意に、「我思う、故にあるあるある」という
言葉を思い出してしまった。
 復刊のリクエストも、出ているのね。

カノッサの屈辱

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

詳細情報
  • 年(代): 1990年くらい
  • 2001/12/01登録
  • 1712クリック

このキーワードを共有する

コメント (10)

最新コメント5件

2002/08/15

向島 フジテレビ全盛期を彷彿とさせる、素晴らしい深夜番組でした。いまでも、「(未来の予想)~に100カノッサ。」とか言ってしまいそうになります。例えば来日予定の大統領とかの、飛行機のタラップを降りてくるときのネクタイの色を予想してゲストが賭ける番組でしたよね。

掃除のじーさん えーと、それは「テレビ ブックメーカー」ではないでしょうか。 カノッサの屈辱の後の番組で。

向島 えっ(゚Д゚)。そうなのですか!!そう言われてみたらそうだったかも!!おお~。でも賭け金の単位はカノッサでしたよね…。わー今までずっとそう思い込んでいたので、目から鱗。

掃除のじーさん カノッサの屈辱は、仲谷先生の講義みたいな感じの番組でした。 「私の研究室へようこそ」

2003/06/21

マツザワ ヒカル 「このキーワードに30歳前後の人があつまる」に10カノッサと愛と勇気の煎餅1枚。最近の深夜番組でおもしろいのはないかな…

つながりキーワード (1)

フジテレビ系の番組制作会社。野田宇宙軍大元帥の会社。「ひらけ!ポンキッキ」や、「巨泉のこんなものいらない!?」、「カノッサの屈辱」、「料理の鉄人」、「発掘!あるある大事典」、「クイズ$ミリオ...

携帯でこのページにアクセス

カノッサの屈辱

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15507

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ