関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット・トリオ - スタンダーズ VOL.1

Keith Jarrett Trio - STANDARDS, VOL.1

  • Keith Jarrett Trio - STANDARDS, VOL.1の画像

「キースはどうもねぇ...」という人まで、何故かみんなが絶賛する名盤。その内容もまさに名盤と呼ぶにふさわしい。
これが録音された1980年代当時、スタンダードをこれだけ真剣に録音しようとするミュージシャンは、ビル・エヴァンスを除いてしまうとほんのひとにぎりしか残っていなかった。そんな状況の中で、キースの発案でこのレコーディングははじまり、数時間後にはアルバム3枚分の演奏が録音された。

ここでベースを弾いているゲイリー・ピーコックのリーダー作<Tales of Another>で共演済みだった3人だが、単に一緒にやったことがあるという以上に強い共感をもって演奏にのぞんだという。その成果をじっくりと味わってほしい。滅多に聴くことのできない瞬間がいくつも記録されていることが感じられるかもしれない。

Keith Jarrett Trio - STANDARDS, VOL.1

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/12/01登録
  • 3531クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/12/01

mic007 私も含めて、前フリでなぜか言い訳をしがちなKeith Jarrett。その割にはキーワード率はかなり高いという不思議。 「ジャズ・メン」としてのストレートさから遠い(美しい)楽曲の多さや、クラシックに傾倒していった経緯などが、評価が分かれる所以であろう。その為にジャズ層以外のリスナーにもファンが多いとも言える(そう「大衆」ではないにせよ)。 しかし、文句なく「ジャズメン」として彼の名を呼ぶのは「トリオ」時のアンサンブルに真性の「ジャズ熱」があるから。 ケルンに代表されるソロの楽曲の中にも、隠し得ぬジャズマインドはあるものの、やはり「トリオ」である。 ヘイデン達ともゲイリー・ピーコック達とでも、時代ごとのポイントで確実に「ジャズ熱」に立ち戻る所作が彼を「どうもねぇ」と言えぬ理由である。(だから私は彼を「ピアニスト」とは呼ばない)<SOMEWHERE BEFORE>(熱いぜ!)とともに聞いて欲しいアルバム。

つながりキーワード (14)

結成25周年を迎えたキース・ジャレット・トリオ新作は、2001年モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの模様をおさめたライヴ音源。 「最もメロディックに、スインギーに、ダ...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

1994年6月3-5日の3日間にNYCのブルー・ノートで行われたライヴの録音。結成されてから10年を経て初心に戻るかのように3日間クラブに入り行われたギグの様子を、恐らく...

キース・ジャレット・トリオの最高傑作との呼び声も高い、1986年ミュンヘンにおけるライヴ。 当時ミュンヘンで行われていた「鍵盤楽器音楽の夏」フェスティヴァルのチクルスの一...

100個目のキーワードの選定はかなり迷ったが、やはりこれしかないような気がする。 スタンダーズ・トリオ、キース・ジャレット・トリオなどと名前を変えてきたこのトリオは、現役で活動している中で...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

数あるキースのトリオ録音の中でもとりわけ重要なものの一つ。1992年にペンシルヴァニアのアレンタウンにあるディア・ヘッド・インという小さなクラブでのライヴ。いつものキース・トリオとは異なって...

マイルズが亡くなった2週間後の1991年10月12日に急遽レコーディングされた、世に出ている追悼盤の中で最も早い時期にレコーディングされたものの一つ。 追悼盤だけあって...

1985年7月パリのパレ・デ・コングレでのライヴ。ちょうど同年2月に行われた日本公演の後の演奏。日本公演の模様はDVD(http://www.amazon.co.jp/e...

<Standards val.1><Standards vol.2>として発売されたセッションの収録時、自然発生的に行われたトリオによるインプロヴィゼーションをおさめたも...

吉祥寺にある<メグ>の寺島靖国氏も絶賛する、スタンダーズ3部作の第2弾アルバム。冒頭に収録されているキースのオリジナル「So Tender」から最後まで、非常に美しい旋律...

”Trio Jazz(旧キース・ジャレット・トリオ)”の原点となったセッション。 ゲイリー・ピーコック名義のアルバムではあるが、ここでゲイリーが目指したのは、三者が対等な...

17才の冬、知った曲。雪の降る中、心に響いた想い出。されど我が人生と、重ねたタイトル。 クサイ高校生がクサイ中年になっても同じくして聞ける曲です。 Charlie Ha...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett Trio - STANDARDS, VOL.1

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15577

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ