関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

Beggars Banquet/The Rolling Stones

ベガーズ・バンケット/The Rolling Stones

  • ベガーズ・バンケット/The Rolling Stonesの画像

かの「悪魔を憐れむ詩」を収録したアルバム。
「Salt Of The Earth/地の塩」なんてシブいタイトルナンバーもグーやね。同録の「Street Fighting Man」は我がバンドの入場時に使用しておったな。
(大阪弁なのは<デッカ>レコードだからか)

ストーンズがブルースに浸かりながらも、文学的不良性を発揮していた時期。
情念的に歌うボーカルは多かったが、
「悪魔を憐れむ詩」のミック・ジャガーの歌い出しに「リア王」的演出を感じて、ロックの新境地を感じたものである。
おおげさな自己紹介の前フリから、皮肉と批判の言葉の連呼、エンディングに向けては
荒い叫びで煽る煽る(選挙演説で本音を語るとかくありなん)。
餓鬼どものコーラスリフも oh my God !

ジャケットは当時、便所の写真に問題があるということで差し替えて発売されていた(日本版のみOKだったが)。
どうってことねーじゃんって思っていたら、CDはオリジナルデザインで発売。
割とベタなジャケが多いストーンズのアルバム中では、話題の品。

ベガーズ・バンケット/The Rolling Stones

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

mic007画像 投稿者:
mic007
詳細情報
  • 原題: Beggars Banquet/The Rolling Stones
  • 年(代): 1968
  • 発売元: デッカ
  • 2001/12/01登録
  • 2700クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (4)

CD・レコードRuby Tuesday

  • (no name)

すごく言うのが恥かしいのですが 初めてローリングストーンズ買いました。 ミックジャガーは大好きだし一杯曲も知ってる。 聴けばハマる予感ももちろんあった。 ついにそのき...

このトイレ落書きにデッカ・サイドから許可が出ず、真白なアルバムジャケットに、“Beggars Banquet”と記されたものが採用されることになったのは、有名な話。その後...

ストーンズ・ベスト10には入るナンバー「Brown Sugar」を収録したアルバム。 Brown Sugarとはヤクの隠語であり、ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ...

<The Rolling Stones> ロックンローラーのカッコ良さを初めて満たしたと感じたバンド。 彼等を評し、「セックスとドラッグと不良性」と言う時、何も照れる意...

携帯でこのページにアクセス

ベガーズ・バンケット/The Rolling Stones

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15631

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ