関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ジュリエット・ビノシュ

ジュリエット・ビノシュ

  • ジュリエット・ビノシュの画像

フランスの女優さん。最近は『ショコラ』とか、ちょっと前は『イングリッシュ・ペイシェント』に出てました。が、ワタシが好きなのは『存在の耐えられない軽さ』(1988)でテレザを演じていたビノシュです。

ジュリエット・ビノシュ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

cooley画像 投稿者:
cooley
詳細情報
  • 地域: フランス、パリ
  • 人名: Juliette Binoche、女優
  • 2001/12/01更新
  • 2001/12/01登録
  • 7159クリック

このキーワードを共有する

コメント (11)

最新コメント5件

2001/12/03

cooley ん~と、これっすか?→(http://www.cling.gu.se/...

beatak これなんかも→( http://www.patoche.org/carax/sang/... )やっぱ目ですかね。スゴイのは。

cooley う~んイイ(笑)。眼に力がある美人はいいの~。

2002/03/06

sumi 「存在の耐えられない軽さ」は、映画館で観ました。一緒に観た友人が、あの役どころを「大竹しのぶみたいだ」と言ってました。恋のライバルで写真家役の彼女は、「ショコラ」で家出する主婦役やってましたね。何十年振りかの共演なんでしょうか。

2002/05/24

chii わたしも行きました、ポンヌフ。 全然何てことないふつうの古い橋なのですが、とても感慨深かったです。 「存在の耐えられない軽さ」、わたしの中で、あんなに長い映画を飽きずに最後まで見たのは、これまでいくつもなかったかと思います。

つながりキーワード (8)

チェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本...

************************************************* 洋服屋エゴセントリックビノシュは、 1997年よりオーダーメイドをメイ...

映画・ビデオポンヌフの恋人

  • (たらこせる)

レオス・カラックスによるアレックス三部作の最終作。92年日本公開。 大学時代の「モテたくて、映画。」の日々は「汚れた血」からはじまった。主人公ドニ・ラヴァンに監督自らを投...

 原作も読んだけど、高校時代に見た映画版が忘れられない。何度も映画化されているようだけど、私が見たのは1992年のジュリエット・ビノシュが主演しているもの。うかうかしてい...

この映画公開当時、それまでのカラックスの作品と打って変わったハッピーエンドの結末が随分と話題になった。コアなカラックスファンは「これはカラックスじゃない」と言って随分とコ...

人名・団体名Leos Carax

  • (yama_taka)

アレックス三部作の中では、やはり「汚れた血」がベスト。ジュリエット・ビノシュも綺麗だけど、口元をマフラーで覆ってバイクで疾走するジュリー・デルピーがカッコイイ。「ポーラX」は‥‥う~ん。で、...

チェコ出身のミラン・クンデラ著。パリ亡命時代に発表された1冊。 恋愛小説的であり、思想的でありはたまた哲学的であり、、、。 重さと軽さという視点でもあったり、テーマは違う...

めちゃめちゃ綺麗だった。今も?(笑) 「Subway」の中では光り輝いていたし、この人の影響でフランス語をしゃべる女の人が愛しく思えるようになった(笑)。 「可愛いだけじ...

携帯でこのページにアクセス

ジュリエット・ビノシュ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-15635

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ