関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

セカイノキケン・フンソウチタイタイケンガイド

世界の危険・紛争地帯体験ガイド

  • 世界の危険・紛争地帯体験ガイドの画像

世界で一番危険な国はどこだ!?世界中の禁断の危険・紛争地帯(DP=Dangerous Places)をこよなく愛する「危険地帯オタク」が、実際に歩いて、見て、聞いて書いた、全米ベストセラー!!(内容解説より)

750ページもある分厚い本ですが、ハマり出したらもう止められない。これでもかこれでもかと繰り出される、世界のアブナい情報と体験記。テロ事件以降ちょっとシャレにならない部分はありますが、基本データはきちんと押さえてあって、今読んでも十分通用します。ブラックジョーク満載の独特な語り口も、情報収集がきちんとできているから嫌味になりません。危ないのはアフガニスタンやパキスタンやイラクだけじゃないんだ、という事実を再確認するためにもおすすめ。

世界の危険・紛争地帯体験ガイド

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
eno
詳細情報
  • 価格: ¥2,500
  • 発売元: 講談社
  • 年(代): 1999年
  • 人名: ロバート・ヤング・ペルトン
  • 原題: Robert Young Pelton's the World's Most Dangerous Places
  • 2001/12/02登録
  • 3483クリック

このキーワードを共有する

コメント (7)

最新コメント5件

2001/12/02

beatak そうでしたか。全然関係ないですが、私のよく行くモスバーガーには SAPIO がかなり揃ってます。

eno やたらと国際情勢に詳しいモスバーガー、ですか。ちょっと怖いかも(笑)。

beatak でしょ?(笑)私の読みでは店長がかなり右で、敵の攻略のため、あるいは・・(笑)

eno マクドナルドに揃ってたら嫌ですね。しかも狂牛病の特集で(^_^;;;。

eno ちなみに、原書の最新版は1000ページを超えてしまって、紙で出すのは大変なのでWebでの情報提供をメインにしていくようです。http://www.comebackalive.com/

つながりキーワード (2)

海外旅行イエメン旅行

  • (うしすけ)

テロ直後に行ってきました。 ウサマ・ビンラディンの故郷として俄かに注目されているイエメン。 ホント激ヤバッスよ、イエメン。 お菓子の国みたいな建物群に目を奪われる「サナア...

アジア・コンピュータ・裏モノ方面を独走する若手(もうそうでもないか)ライター。「鬼畜系」の代表みたいに言われてますけど、本人は実にさわやかな好青年。最近はちょっとおとなし...

携帯でこのページにアクセス

世界の危険・紛争地帯体験ガイド

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-16051

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ