関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ステキナダイナマイトスキャンダル

素敵なダイナマイトスキャンダル

  • 素敵なダイナマイトスキャンダルの画像

元「写真時代」編集長、現在は「パチンコ必勝ガイド」の編集局長として女装やツチノコなどでおなじみの(何だそれは)末井さんの、あまりにも奇想天外な一代記。何にせよ、すべて実話だということが凄い。

初版刊行からもう20年近く経ちますが、「実用書としてのエロ本」、「愛の穴ボコ理論」など、今読んでも現役で通用するエピソードが満載。目からウロコが落ちまくります。
編集者、または編集志望の人は、「編集会議」や「編集者の学校」なんか読むより、この本一冊から教えられることのほうがよっぽど多いですよ。
「世の中」だけではなく「世の外」((C)赤瀬川原平)を見る視点を養うためにも、つねに手元に置いておきたい本。文庫で安く手に入ります。

素敵なダイナマイトスキャンダル

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
eno
詳細情報
  • 価格: ¥580
  • 発売元: ちくま文庫
  • 年(代): 1982年
  • 人名: 末井昭
  • 2001/12/02更新
  • 2001/12/02登録
  • 3470クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (7)

西原理恵子さん漫画が大好きです。 ラブリーな絵なのにどす黒い内容のギャップがたまらなくいい。 夫婦で織り成す破天荒な生活とか、 周りの凶悪な人々との会話とか、 あまりにも突飛すぎる行動とか...

花田編集長に変わってからオレの中では『サイゾー』と並ぶイチオシ(ニオシ?)雑誌に。『宣伝会議』などと違い、仕事まったく関係無しの娯楽雑誌(笑)としても楽しめます。 堤尭...

   もう7年前になる。目黒区立美術館で「戦後文化の軌跡1945-1995」という展覧会が開かれ,当時一緒に仕事をしていたプロデューサと見に行ったのだが,そこに「秋山祐徳...

編集者として必要なものは何ですか、と問いを投げてみる。結城は、文章を読む力かな、と思ったのですが、編集長によると、それは当然であって「最低ライン」とのこと。文章を読むことを通して著者の良し悪...

前々から噂があった鈴木の経営危機、最悪の結果になってしまいました。その一方で、本屋に行くと本が溢れかえり、どこが不況だとつっこまれそうですが、ほんとに売れなくなってしまったのですよー。ハリー...

人名・団体名西原理恵子

  • (大塚孝)

人生を一本背負い。でも死なない。来るなら来んかい!猪突猛進当たって砕け散っちゃるわい! なんて声が聞こえてきそうな人生です、この人。

立川が生んだ人気ライター。本名は板谷宏一(敬称略)。 西原理恵子によってその資質(笑)を見出され、雑誌『パチンコ必勝ガイド』の投稿コーナー「パチバカ天国と地獄」でデビュー...

携帯でこのページにアクセス

素敵なダイナマイトスキャンダル

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-16058

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ