関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

キース・ジャレット - バイ・バイ・ブラックバード

Keith Jarrett Trio - Bye Bye Blackbird

  • Keith Jarrett Trio - Bye Bye Blackbirdの画像

マイルズが亡くなった2週間後の1991年10月12日に急遽レコーディングされた、世に出ている追悼盤の中で最も早い時期にレコーディングされたものの一つ。

追悼盤だけあって曲目はマイルズに所縁の深いものがずらりとならぶが、だからといってこのトリオのいつものペースが崩れるわけでもなく、思いのほか淡々と演奏が進んで行く。
聞き所は、演奏時間18分半のフリー・スタイル・インプロヴィゼーション「For Miles」。非常にエモーショナルな演奏でこのトリオのマイルズに対する想いの深さを感じずにはいられない。

しかし、このトリオのホンネは最後に収録されている<Blackbird, Bye, Bye>にある。意識しないで聴くと明るい曲調のこのトラックが最後に置かれている意図がつかめないかもしれない。実はこのトラック、そのものずばりマイルズへの告別なのである。執拗にあらわれるIII-IV-II-Vの後にくる IV-I の進行...そう、amenである。
曲調が明るいだけに彼等の悲しみの深さが逆説的に強調される。しかし、もっとよく考えてみると、ニュー・オーリンズの葬送パレードはとても陽気だったりする...。ジャズが持つルーツ、それに歴史さえこのトラックは背負いこんで、マイルズを送っているのである。

今年はマイルズ没後10年である。

Keith Jarrett Trio - Bye Bye Blackbird

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
tomo
  • 2001/12/02更新
  • 2001/12/02登録
  • 3986クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2001/12/02

tomo ここも見てね。(http://www.koinumamusic.com/...

つながりキーワード (16)

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

1994年6月3-5日の3日間にNYCのブルー・ノートで行われたライヴの録音。結成されてから10年を経て初心に戻るかのように3日間クラブに入り行われたギグの様子を、恐らく...

1985年7月パリのパレ・デ・コングレでのライヴ。ちょうど同年2月に行われた日本公演の後の演奏。日本公演の模様はDVD(http://www.amazon.co.jp/e...

キース・ジャレット・トリオの最高傑作との呼び声も高い、1986年ミュンヘンにおけるライヴ。 当時ミュンヘンで行われていた「鍵盤楽器音楽の夏」フェスティヴァルのチクルスの一...

”Trio Jazz(旧キース・ジャレット・トリオ)”の原点となったセッション。 ゲイリー・ピーコック名義のアルバムではあるが、ここでゲイリーが目指したのは、三者が対等な...

100個目のキーワードの選定はかなり迷ったが、やはりこれしかないような気がする。 スタンダーズ・トリオ、キース・ジャレット・トリオなどと名前を変えてきたこのトリオは、現役で活動している中で...

<Standards val.1><Standards vol.2>として発売されたセッションの収録時、自然発生的に行われたトリオによるインプロヴィゼーションをおさめたも...

吉祥寺にある<メグ>の寺島靖国氏も絶賛する、スタンダーズ3部作の第2弾アルバム。冒頭に収録されているキースのオリジナル「So Tender」から最後まで、非常に美しい旋律...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

数あるキースのトリオ録音の中でもとりわけ重要なものの一つ。1992年にペンシルヴァニアのアレンタウンにあるディア・ヘッド・インという小さなクラブでのライヴ。いつものキース・トリオとは異なって...

「キースはどうもねぇ...」という人まで、何故かみんなが絶賛する名盤。その内容もまさに名盤と呼ぶにふさわしい。 これが録音された1980年代当時、スタンダードをこれだけ真...

   Miles Davisに関するキーワードがないのも Bob Dylan がなかなか出なかったのと同じ理由だと思うのでワタシが均衡を破らせて貰おっと(笑)。  という...

Miles Davis 1959年のアルバム。Joaquin Rodrigo の Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)をGil Evans が...

いわゆるモード・ジャズのはじまりみたいに言われる録音。しかし、ちゃんとモードで演奏できていたのはマイルス、コルトレーン、それにビル・エヴァンスだけだったりするので、個人的...

シカゴを中心に活躍するバーバーの全編(Jazz)スタンダードのアルバム。夜も更けて客もまばらになったナイトクラブの一種独特の雰囲気を表現したという同アルバム。1曲目の「Bye Bye Bla...

携帯でこのページにアクセス

Keith Jarrett Trio - Bye Bye Blackbird

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-16220

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ