関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

あかげのあん

赤毛のアン

かんしゃくもちだけど憎めない。
いつも空想にふけり、おおげさな言葉を使う。
一人の女の子がここにいる。

私、けっこう、ファンです。
プリンスエドワード島にも行ったし。

赤毛のアン

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

結城浩画像 投稿者:
結城浩
詳細情報
  • 人名: モンゴメリ
  • 2001/12/02登録
  • 3886クリック

このキーワードを共有する

コメント (13)

最新コメント5件

2002/04/19

島崎丈太 プリンスエドワード島の町の劇場で、赤毛のアンの劇を毎晩やってるんですが、劇場では英語版(原文)のアンと、日本語版のアンだけを売ってるんですね。 「アンの家」に行ったら、日本人の友人とバッタリ会うし。 留学した大学の英文学の教授に「赤毛のアン」が好きだ、と言ったら、「悪い、その作品知らないんだけど、何?」と言われて、米国ではこの作品が無名なままであることを痛感しました。 面白いもんですねぇ。 日本人の気質に特に合ってるんでしょうか? 日本で沢山売れても、もうモンゴメリさんの所には印税は入らないでしょうけれど・・・ それどころか、彼女、夫が有名になった妻への嫉妬で変になってしまって、晩年は不幸だったとか。 合掌。

2003/06/26

はなゆー 「まぐまぐ」から以下のような無料メールマガジンが創刊されました。「赤毛のアン」ファンの人は注目。 ↓ ●P.E.I.現地発信-KINDRED SPIRITS http://www.mag2.com/m/0000112832.htm 隔週刊 赤毛のアン発祥の地カナダのプリンスエドワード島で『銀の森の屋敷』を運営する、モンゴメリの末裔、キャンベルファミリーが日本語でお届けする現地発信アイランド・赤毛のアン情報です♪

2003/11/08

おまめ プ、プリンスエドワード島に行ったなんて…うらやましいです。

2006/06/18

kochi プリンスエドワード島に行かれたんですか、いいなあ。死ぬまでに一度は行ってみたい世界の10ヵ所に入れてます。 その昔、大学院を終えて海外遊学して、戻ってきても仕事がなく、さびしかった時期に水疱瘡で泣きっ面に蜂って目にあって、こんなときこそと「赤毛のアン」の全巻買ってきてもらって、読みふけった思い出があります。

島崎丈太 プリンスエドワード島に私が行ったのはもう15年も前で、その頃はフェリーでしか行けなかったのが、今ではカナダ本土と橋で繋がった、という話を読みました。 あんまり激しく経済発展して貰いたくない場所なんですが、そういうのって小説読者の身勝手なんでしょうね。 私は今では10巻目の「アンの娘リラ」が一番の好みになりました。 時代と共に自分の感性や視点も変わるものなのだな、と考えさせられます。

つながりキーワード (52)

書籍村岡花子訳「赤毛のアン」

  • (赤毛のアンが好き)

「花子とアン」で注目されている村岡花子訳「赤毛のアン」は、完訳ではなく、原文から省かれている箇所もありました。 「赤毛のアン」出版100周年の際、訂正が加えられ、村岡美枝により補訳が行われ...

奥田実紀著、 『紀行「赤毛のアン」―プリンス・エドワード島の人々』は、 ワーキング・ホリデーで プリンスエドワード島に滞在した著者が、 ルーシー・モード・モンゴメリを記憶...

ブック銀の森のパット

  • (赤毛のアンが好き)

「銀の森のパット」シリーズは、 赤毛のアンで有名な、ルーシー・モード・モンゴメリによる、 シリーズの一つです。 村岡花子による訳では、 続編の「パットお嬢さん」しかあり...

ブック青い城 (角川文庫)

  • (赤毛のアンが好き)

「青い城」は、 「赤毛のアン」で有名なルーシー・モード・モンゴメリによる、 大人の女性向けの小説です。 こわごわ生きてきた29歳のヴァランシーが、 ひょんなことから自分...

奥田実紀著、『永遠の「赤毛のアン」ブック』は、 まさに「赤毛のアン事典」と呼べる本です。 「あのセリフはどこにあったっけ」 「あのエピソードはどこ?」 「この人誰だっけ...

ダグラス・ボールドウィン著、 「『赤毛のアン』の島―プリンスエドワード島の歴史」は、 「赤毛のアン」の舞台として有名な、 プリンス・エドワード島の歴史を紹介した本です。 ...

奥田実紀著、 「赤毛のアンAtoZ―モンゴメリが描いたアンの暮らしと自然」は、 アンにまつわるキーワードを、アルファベットごとに集めた本です。 辞書のように、AからZま...

ブック物語のおやつ

  • (赤毛のアンが好き)

松本侑子著「物語のおやつ」は、 懐かしい物語に登場するおやつのレシピを紹介した本です。 『ぐりとぐら』に出てくる、 大きなたまごで作るカステラ。 『メアリー・ポピンズ』...

奥田実紀著、 『「赤毛のアン」の島で―L・M・モンゴメリ (名作を生んだ作家の伝記)』は、 ルーシー・モード・モンゴメリの伝記です。 子ども向けの「名作を生んだ作家の伝...

「赤毛のアン・夢紀行―魅惑のプリンス・エドワード島」は、 NHK取材班による本です。 一見すると、 美しい写真と「赤毛のアン」からの抜粋を組み合わせた 夢心地の紀行本に...

「東大の教室で『赤毛のアン』を読む―英文学を遊ぶ9章」は、 「完全版・赤毛のアン」の翻訳者でもある東大教授の山本史郎が、 大学で行ったゼミ形式の授業を本にまとめたものです...

「旅路の果て―モンゴメリーの庭で」は、 「赤毛のアン」で有名なルーシー・モード・モンゴメリの、 最晩年の様子を、一人の少女の目を通して描くフィクションです。 内容的には...

ブック赤毛のアンの宝石箱

  • (赤毛のアンが好き)

「赤毛のアンの宝石箱」は、 アンの世界を楽しめる、美しい絵本です。 著者たちは、 当時の生活の様子や学校の様子など、 詳しく探究してこの本を書き上げたようです。 特に...

「果樹園のセレナーデ」は、 「赤毛のアン」「アンの青春」に続いて出版された、 ルーシー・モード・モンゴメリによる、3冊目の本です。 「赤毛のアン」の成功後に単行本として...

梶原由佳著、 「『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ」は、 モンゴメリの足跡をたどる伝記・紀行本です。 前半は、モンゴメリの日記を中心に編まれていますが、 後半では...

お勧め度★★★★★ 「赤毛のアン」などルーシー・モード・モンゴメリの作品を数多く訳した村岡花子の伝記が「花子とアン」として朝ドラになるようです。 放送は、2014年3月...

ハリー・ブルース著、橘高弓枝訳の 『モンゴメリ―「赤毛のアン」への遙かなる道』は、 赤毛のアンの作者ルーシー・モード・モンゴメリの伝記です。 この本は、 子ども向け伝記...

ブックAnne―赤毛のアンの贈り物

  • (赤毛のアンが好き)

「Anne―赤毛のアンの贈り物」は、 モンゴメリ著、掛川恭子訳の赤毛のアンシリーズから、 珠玉のことばを抜き出し、山本容子の彩色銅画を組み合わせた絵本です。 赤毛のアン...

お勧め度★★★★★ 「赤毛のアン レシピ・ノート―L.M.モンゴメリの台所から」は、 他の赤毛のアン"風"レシピとは大きく異なります。 この本は、本物の「赤毛のアンレシ...

松本侑子著『誰も知らない「赤毛のアン」』は、 「赤毛のアン」や、作者ルーシー・モード・モンゴメリについて、 社会的な時代背景や、作品に登場する植物、モンゴメリの人格等、 ...

携帯でこのページにアクセス

赤毛のアン

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-16467

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ