関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ギャラクシー

Opcode Galaxy

Vision / StudioVision / OMS の開発元、Opcode が販売していたシンセサイザーの音色管理(&エディット)ソフト。

個人的な感想では、「全く使えない怒りのソフトウェアのナンバーワン」。最新シンセには対応しない、フリーズは多い、そしてなんといっても対応シンセを増やすために、アップデートの価格が高い高い。米国ではフリーのアップグレードも日本では有料(しかも万単位)。その上、開発の凍結も早く、ほとんど詐欺のようなソフトだった。

Opcode Galaxy

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

すぎ画像 投稿者:
すぎ
詳細情報
  • 発売元: カメオインタラクティブ(当時)
  • 2001/12/02登録
  • 7243クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (3)

Opcode が NAMM で新製品を発表。恐いって。 USB のオーディオインターフェイスだそうです。解説記事を作ったので、そちらにリンクしておきます。

人名・団体名新生Opcode

  • (揚げ物)

VisionというMIDIシーケンスソフトでその地位を築きながらも、Gibson社による買収により自然消滅したかに見えた不遇の企業、Opcode社。 そのOpcode社...

ソフトUNISYN

  • (やまき)

最新のシンセには全然使えない音色管理エディタ。昔持っていたシンセの自分の音色は溜めてあるものの、肝心のそのシンセをうっぱらってしまったので、結局の所使えないソフトウエア。...

携帯でこのページにアクセス

Opcode Galaxy

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-16515

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ