関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

さいぞー

サイゾー

WIRED(日本版)の続きとして(?)99年5月に発刊された、雑誌です。「噂の真相」若者版といわれることもあります。とりあえず、毎月欠かさず買ってます。「勝手に会社案内」が好きです。鳥肌実も連載中!今度「週刊サイゾー2.0」というメールマガジンが発行されるそうです。

サイゾー

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

こうへい画像 投稿者:
こうへい

コメント (3)

2001/11/15

eno 地獄の念力絵師、金子ナンペイ氏のイラストが満載なので好きです(笑)

2001/11/16

こうへい そそ、サイゾーのイラストはウマイし、気がきいてていいですよね。

2001/11/22

eno 今月号のp.34「恥をかかないためのコーヒー基礎知識」はイイ! 歴史に残る名ページだと思います。

つながりキーワード (12)

元々はやはり『WIRED日本版』の愛読者でした。残念ながら休刊してしまった後も編集長「こばへん」のWEB日記をずっと読んでいて、自分でサイトを持つに至ったのもこのWEB日...

書籍がなり説法

  • (クロイイヌ)

 TV制作会社から独立して2回会社を転かし、ひょんな事から足を突っ込んだAV業界で大暴れ、大手や流通、販売店と喧嘩しながらわずか五年でS.O.Dを年商50億!業界トップの...

文芸春秋が発行する月刊誌。 毎号100ページ近くにわたる特集が圧巻だったのと、サイゾー的なアプローチにインテリの意地がみえましたね。「俺達にもできるんだぞ」のような。え?...

知る人は知っているコアな(?)月刊誌の2002年6月号。 いつも会社に届くので、個人的に買ったりしないのだけれど、僕が手がけているプロダクトの広告が掲載されたので記念に...

企業や個人が発行するメールによる情報誌。 購読したい人だけに送ればいいけど、不特定多数に送ると、それは SPAM と呼ばれるので注意。 なお「メールマガジン」の名付け親は、まぐまぐ創始者の深...

『週刊アスキー』『サイゾー』などを中心に活躍するイラストレーター・金子ナンペイ(南平)氏。 あまりにも画力がありすぎるためにどんな絵を描いても「濃く」なってしまい、あまり...

本家Wiredはいまだ続いていますが、日本語版は休刊に。サイゾーとなって復活していますが、サイバーな内容が少なくてイマイチ。もう一度、出して欲しい雑誌です。

ホームページまぐまぐ

  • (結城浩)

メールマガジン発行サイトの最大手。 きっと関心空間の訪問者の中には「まぐまぐ」の発行者も購読者も多数いらっしゃることでしょう。 まぐまぐのマスコットは画面一面にちらばっている「まぐまぐち...

ホームページhotwired

  • (ナガセ)

以前は紙メディアだったけど、いち早くオンラインメディアに転身した。持ってるだけでカッコイイ(と自分は思う)情報誌だった。少なくとも週刊ポストやアスキーなんかよりはカッコ良...

創刊25年以上もの間、生き残っているしぶとい(笑)、スキャンダリズム専門誌。ちょっと前に右翼の人が編集部内で大暴れし、ニュースになったことが記憶に新しいかな。 編集長の...

人名・団体名鳥肌実

  • (こうへい)

先日NKホールで行われた大演説会「玉砕」に参加しました。かなり笑いました。(ちなみに彼は、パン工場を辞めたそうです。)

コンピュータサイゾー

  • (ご隠居)

サイゾーの最もサイゾーらしいコンテンツ「CCIA ONLINE」が有料化。購読しようかなあ?どうしようかな、考え中。

携帯でこのページにアクセス

サイゾー

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-189

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ