関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

すうがくにゅうもん

数学入門

  • 数学入門の画像

こんな名著があったのを、理系生活30数年、全然知りませんでした。数学って嫌いな人も多いと思うんだけど、これは読んでみた方がいいです。初版が1957年、生まれる前だぞー。数学の考え方で何が大事なのか?数学を勉強してきて、何を身につけなくちゃいけなかったのか?ということを教えてくれます。

理系の書物なのに話題は豊富。まさに教養ある文章のお手本のような感じです。素晴らしいぞ。複素数の意味がわかったぞ。行列の存在意義がわかったぞー。

追記:例えば帰納法という証明手段がある。わかったような、わからないようないやらしさの残る証明方法だ。これは教科書では教えられて終わりだったのだけど、この本だと、そのいやらしさもきたならしさも、当たり前のこととして話題に取り上げている。なんかずるい証明手段と感じること、過去にもそういうふうに感じた人たちがいたことなどを、ちゃんと説明してくれる。それでも大事なことなんだと教えてくれる。これはうれしい。オレだけが引っかかっているのではないことがわかるだけでも有意義な本だ、と思う。

追記2:微分とか積分とかを、まず公理とか公式から始めるのでなく、こういう場合にはこういうことが必要だ、そう考えていくと自然とこういう数学的な知識が必要になっていくのだ、という順序で説明してくれる。いままでなんの役に立つのかがわからなかったこと、これは数学をそれ以上学ぶために必要なことなのか、それとも世間一般で役に立つことがらなのか。それがわかる。これも嬉しい。

数学入門

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

バスケ画像 投稿者:
バスケ
詳細情報
  • メーカー: 岩波書店
  • 年(代): 1957年
  • 価格: 約1000円
  • 人名: 遠山 啓
  • ISBN: 4004160049

    商品を見る
  • 2004/10/19更新
  • 2001/06/30登録
  • 21097クリック

このキーワードを共有する

  • 関心アワード Best100

このキーワードはコレクションに選ばれています(3)

コメント (15)

最新コメント5件

2006/02/24

バスケ おー、そうですか!凄いな、暗記まで! もう一度読もうかなー。

2007/04/19

u-ssy ここをふらっと見てたった今Amazonで買ってしまいました。

2007/04/20

バスケ おぉ、また一人同志が増えますね(笑)。このキーワードも6年前に書いたものなんですねー。しみじみ。

2009/01/05

comm この本は良い本ですね。わたしは高校生のときに最初に読みました。今でも本棚に並んでいて、ナイトキャップ代わりに読んでます。

2009/01/06

バスケ 未だに読み返すと何か発見できる本ですよね。僕も読み返そう。

つながりキーワード (20)

これまで仕事をしてきた中で、プログラマを崇拝しています。特に、専門知識がない、おバカさんな企画者に対し、人類共通言語で疎通してくださる(つまり、難しい事を簡単に説明してく...

以前に、テレビで、日本にあるインド学校についてやっていた。 そこでは、小さな子どもが、驚異的な数の九九ならぬ99×99みたいのを、楽々とソラで唱えており、さらに、日本では...

書籍素数の音楽

  • (バスケ)

現代の数学者たちを描いた水滸伝、そんな冒険活劇...ではもちろんないんだけど、そのくらいのインパクトでした。数学者ってこんなにいろいろ考えて悩んで野心的で楽しんでて、そし...

   「リーマン予想」とは何か。それは,「四色問題」や「フェルマーの最終定理」と違い,現時点で未解決で,学者によっては「あと100年もあればなんとかなる……かなぁ?」とい...

コンピュータSqueakers

  • (鈴木藍)

Squeakers DVD の多言語版です。日本語訳の活動に少し参加させていただきました。 Squeak に興味がある方、子供の教育に興味がある方、是非買ってみてください...

数学の本に出て来る記号とか言い回しとか、数学のギョーカイ用語みたいなのを初学者向けに懇切に教えてくれる本。 大学の新入生向けの本らしいけど、世の中には出来が悪いのに数学(をお勉強するの)が好...

現代の数学を俯瞰的に見た形式で解説してくれる名著。 数式はほとんどなく、ほとんどが図で説明されているのも理解を助ける大きな力となっている。 現代数学がどんな姿をしているのか、そのメインス...

私が最近Palmに入れて遊んでいるパズル。 パズルやクロスワードの本を多数出しているニコリの原案によるもので、ルールはごくシンプル。 1)マスに枠線を書いていく。 2)...

小学校のときに使っていた教科書。この5年と6年の2年間をこのシリーズで習いました。子供がちょうどこの年代になってきて、学校の教科書がえらく分かりにくいので引っ張り出してき...

全編、アリスの登場人物による論理パズル本。「80歳以下の子供達のためのキャロル的おはなし」という副題が示すとおり、論理パズルを考えるのが好きな人なら誰でも楽しめる。 レ...

書籍虚数の情緒

  • (大塚孝)

たぶんこの本以上に丁寧な解説をしている数学本はないと思う。遠山啓氏の著作もかなりわかりやすいんですが、この本には負けます。1000ページありますが、それは丁寧さゆえの分厚...

   永井義男著,江戸時代の架空の算学者 (数学者) を主人公にした「数学ミステリー」。第6回開高健賞受賞作。    字がでかく,1ページ13行しか印刷してないので約20...

(もっと)おもしろくても理科、(もっと)どうころんでも社会科、に続くシリーズ5冊目がついに算数に挑戦! このシリーズは義務教育で習ったはずの教科を面白おかしく書いていて...

書籍『多面体』

  • (アクビさん)

ギリシア以来、何時も人類を魅了してきた多面体。それらは純粋に美しいものですが、ただ美しいだけではなく、哲学や数学をはじめ自然科学一般の発展を促してきたのです。 いまや物...

科学と聞いておもわずしりごみしたくなる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。科学とは実はエンターテイメントでもあるのです。このキーワードでは、そんな科学を体験できるキーワードを集めてみ...

人名・団体名関孝和

  • (おが)

江戸時代の数学者(ただし、和算)。関心空間により数学がマイブーム中なので書いたキーワード。 連立2元1次方程式の解を求める公式を独自につくり出し、ヨーロッパに先駆けるこ...

17世紀の数学者フェルマーが本の余白に書き残した数学史上最高の難問がいかにして解かれたか,3世紀に渡る数学者達の努力を追ったノンフィクション。BBCが制作したドキュメンタ...

グレアム・クヌース・パタシュニクによる数学の本。コンピュータの数学とはいうもののプログラムの話はわずかしか出てこない。どうやって数列の和を求めるかという話題を中心に漸化式...

(A) 1匹のネズミがいたとする。 一匹なのだから色は一種類である。 (B) 任意のN匹のネズミの色が同色だと仮定すると、 任意のN+1匹のネズミの色は同色である。 なぜなら、N+1匹のネ...

   ペンシルバニア工科大学の教授,アーネスト・ゼブロウスキーの書いた数学の啓蒙書(?)。πの正体,その探究の歴史から筆を起こし,最終的には「なぜ数学で自然を記述できるの...

携帯でこのページにアクセス

数学入門

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-212

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ