関心空間はコンピュータのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

MOOG MODULAR V

  • MOOG MODULAR Vの画像

 MOOG III cエミュレーター。
あのMOOGがソフトシンセとして登場する。
なんでも特許を取ったというTrue Analogic Emulationという技術で完全に再現されるようです。REASONのようにパッチを繋ぐ時のケーブルの揺れもあるみたい。
単体で使用可。

性能

・9オシレータ+1ホワイト/ピンクノイズ
・3フィルタ・スロット(4つのフィルタ・タイプが選択可能)
  24dBローパス・フィルター
  24dBハイパス・フィルター
  24dB フィルターカプラー
  12dBマルチモード・フィルター
・2アウトプットVCA(2エンベロープ・ジェネレータ含む)
  +1ミキサーモード(16コントロールVCA)
・2LFO
・6エンベロープ・ジェネレータ+1デュアルディレイ・トリガー
・1ステップシーケンサー(3×8ステップ)
・3エフェクター(フィルター・バンク、ステレオ・コーラス、デュアル・ディレイ)
・1ヴァーチャル・キーボード(リアルタイム・コントローラー付)
・モノモード/ポリモード(~64音)

64ポリって、、本物以上やん。

MacPoworの記事でMoogの名前が使えないといった記事があったんですが MOOG MODULAR V が正式名称になったようです。
デモ版もダウンロードできます。

MOOG MODULAR V

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

くの画像 投稿者:
くの
詳細情報
  • メーカー: Arturia社
  • MacOS X
  • MacOS 9.x
  • Windows2000
  • XP
  • 2003/10/05更新
  • 2003/01/20登録
  • 7845クリック

このキーワードを共有する

コメント (10)

最新コメント5件

2003/11/24

SUKIYAKI レズリーが無いときは、天井から紐でスピーカーを吊るして、回転させたいです。(富田さん考案:月の光)

くの 「ろくろ」にのっければいいんですよ。ケーブルからまるけど。ムーグにレスリーってあんまり聞かないけど。

SUKIYAKI ろくろでもいいのですが、富田さんの何かの記事で読んだもので。月の光のラストの昇天する音には、徐々に上がる回転速度が必要だったそうです。その音にMoogを使っていたかは不明です。

くの たしかに紐で吊るせば徐々に速くなりますね。しかしなんちゅー事を考えるんだ(笑)。

SUKIYAKI レスリーを買うお金が無かったそうで..。ケーブルを最初にかなりネジッたそうです。//Moogの取説にしても、こうしたらこんな音が出るという楽器の解説書とは思えぬシロモノだったそうです。苦労したみたいです。

つながりキーワード (15)

映画・ビデオMOOG

  • (やまき)

今日、新星堂へ行ったら丁度MOOGの映画が売っていた。しかも、バッヂやらキーホルダーやらついているデラックスDVD BOXの方が普通に売っていたので迷わずゲット。ちなみに...

ソフトPro-53

  • (SAKAIDA)

Reaktorと同じく独Native Instruments社製、ソフトウエアシンセサイザ。往年の名器プロフィット5のクローン。すでに何回かのアップグレードを経て完成の粋...

ミュージックAtmosphere

  • (こばひっ)

Spectrasonics社によるソフトシンセ。 アンビエンス系な音に特化しており、手が出てしまいそう。 で、先日アキバのSofMapで試奏する機会があったのだが、音出した瞬間にイキそうに...

ソフトEVP88

  • (くの)

EMAGIC社のミュージックシーケンサーソフトLogicAudio専用のソフトシンセサイザー。ソフトシンセっていうのはコンピューターで機械をシミュレートして本物そっくりに...

Roland TB-303、TR-808をPC上に再現した、ソフトウェアシンセサイザ。Ver.2.0ではさらにTR-909が追加されている。 えー、TB-303もTR-...

ソフトPRO-53

  • (あに)

Prophet-5のVST音源のバージョン3がでた。 CubaseはSXでMacOSX対応をうたっているけど、VSTはどうなるんでしょ?そのまま使えるのかな?

ソフトREASON

  • (keiso)

Mac OS Xに対応したReason 2.0が6/18に出荷開始した様です。日本では8月頃出荷開始かな?待ち遠しいです。Rebirthユーザーへの優待販売やってくれない...

Moog Music Returns! おかえりボブ。そしてこれが21世紀のミニムーグ。 MIDIやタッチパッドが付いたりするけど、やっぱりムーグっぽい香りがしますね。

アナログシンセサイザー。 当時シンセサイザーといえば壁のようにでっかいモジューラー型しかなかったが、ミニムーグはライブ用にキーボードと一体にし小型にしたもの。 キース...

本家Bob Moogが復活(?)させた現代版Minimoog。本人とは全く関係ない(に等しい)所から2種類「復刻版」として発売されているが、これは本人が満を持して(?)開発した本家(?) ...

「シンセサイザー」という楽器の始祖。Bob Moog博士が1954年に興したR. A. Moog社から発売されていたモジュラー型のシンセサイザー。R. A. Moog社の...

ミュージックMemorymoog

  • (&龍)

1982年にMoog Electronics社から発売されたポリフォニックシンセ。1984年には「Plus」と呼ばれる後期モデルが発売された。 ■ 仕様 61鍵、6音ポ...

ソフトReason2.0

  • (SAKAIDA)

ついに発表になったReasonの次期バージョン。 サンプラー、シンセモジュールがパワーアップしている模様。シーケンサウインドウの分離やベジエツールでのエディットも。現行バ...

ソフトT-RACKS

  • (くの)

オーディオマスタリングソフト。6バンドのステレオイコライザー、マスタリング・チューブ(!)コンプレッサー、マスタリング・ステレオリミッターをシミュレート。マスタリングとは...

ミュージックReason 2

  • (すぎ)

Propellerheads の Reason の新バージョン。 待望の Mac OS X に対応しただけでなく、ソフトシンセサイザーとサンプラーの新しいモジュールが追...

携帯でこのページにアクセス

MOOG MODULAR V

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-239881

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ