関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ヒビノアワ

日々の泡

ボリス・ヴィアンの小説。15年ぶりに再読。クロエの胸に睡蓮が…って、もう読んだ人にはわかると思うけど、胸が苦しくなるお話です。あっさりしていて、読みやすいのでヴィアン初心者におすすめ。昔は「うたかたの日々」ってタイトルだったと思うんですが…

日々の泡

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

かおり画像 投稿者:
かおり
  • 2001/09/21登録
  • 3617クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (6)

最新コメント5件

2001/11/20

かおり わあ。いいなあ。わたしは「うたかた」の方をなくしてしまったので、新しく買ったのです。

2002/03/11

fumo 映画見たことあったような、、、しかしカクテルピアノの映像しかおぼえてません。、、すいません。

2002/09/12

ゆきち 「日々の泡」が新潮社版、「うたかたの日々」が早川書房版です。フランス語の原題を直訳すると、「日々の泡」です。訳者の訳し分けでしょう。僕は、断然「うたかたの日々」派だったりしますが(笑)。

2003/05/02

ミノル わたしは『日々の泡』を支持します。『うたかた』だとあまりに日本的だし感傷的です。ボリス・ヴィアンらしくない。即物的な『泡』のほうが相応しいと思います。

2004/04/15

雲衣。 「泡」と書いてこの場合「うたかた」と読む そう思ってきた僕は古いんだろうナァ(笑)。 ↑みなさん右上の【読み方】ヒビノアワ なんですが 本にルビが打ってあるんでしょうか・・

つながりキーワード (8)

知人に聞いて、タイトルにひかれて読んでみました。 なんとも不思議~な小説です。 一応、恋愛小説なんですが。 デート中の恋人たちを雲が覆ったり、洗面台の蛇口からウナギがで...

哲学者ジャン=ソール・パルトルの熱狂的なファン、アリーズ(マリー・フランス・ピジェ)とシック(サミー・フレー)は、ゴミ箱に捨てられていたパルトルの原稿が縁で、たちまち恋に...

 初めて買った町田町蔵(現・町田康)の曲。シングルじゃなく「レベル・ストリート」っていうコンピに収録されていました。INUじゃなく和田哲郎とのユニットです。「メシ喰うな」より音が親しみやすか...

作家。トランペット奏者。レーサー。役者。ほか……。 この人の『うたかたの日々』は、僕のバイブルでした。こういう本が読みたい! というときにあえた、希有な本でした。『心臓抜き』は、分裂病的幻想...

映画・ビデオクロエ

  • (chika)

不思議な病気です。こんなの本当にあるんでしょうかね。 でもその病気にしても、内容にしても、「美しい」 と感じる映画でした。主演のともさかりえもぴったりの役でした。 もとも...

ボリス・ヴィアンの「日々の泡(一部「うたかたの日々」のタイトルもあり)」に登場するカクテル製造ピアノ。 音符一つ一つにアルコール、リキュール、香料などが対応。強音ペダル...

ボリス・ヴィアンの小説。青年コランと、肺の中に睡蓮が咲く病に冒されるクロエをめぐる、日々。 演奏によって味のちがうカクテルができる「カクテル・ピアノ」、土の上に寝て種か...

ノンカテゴリーMy名著

  • (solar)

 キーワードを「My名著」に変更。コンセプトは同じで、「すでにほかの人が挙げている本や雑誌で、ぼく自身も大好きなものをリンクしてみた」もの。でも、好き、というだけじゃなくて、他の人にも読んで...

携帯でこのページにアクセス

日々の泡

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-2710

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ