関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

きみょうなろんり

奇妙な論理

  • 奇妙な論理の画像

世の中にはびこっている、いわゆる疑似科学について解説している本。人はどれだけ騙されやすいのかがよくわかります。文庫本で「奇妙な論理」と「奇妙な論理II」の2冊が発売されていて(原書は1冊ものらしい)、どちらも非常に面白いです。

とくに「地球は丸くない」と信じている人たちの話しとか(奇妙な論理に収録されている)、ピラミッドと聖書を結びつけて無理矢理にピラミッド学を構築している人たち(奇妙な論理IIに収録)の話しなどは、現代の常識を知っている我々からすると抱腹絶倒の物語になっています。

一世を風靡した「トンデモ本の世界」とか、UFOオカルティズムを論破した「世界はこうしてだまされた」のお手本でもありますね。
(奇妙な論理IIは600円です)

奇妙な論理

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 人名: M・ガードナー
  • 価格: 640円
  • メーカー: 社会思想社
  • 2001/09/23登録
  • 5276クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

このキーワードはコミュニティに選ばれています(1)

コメント (1)

2002/06/07

panhead 私も持っています。「水平思考」という言葉を思いついた人ですよね。論理パズルの本も出していたはず。私なんかは、こういう論理を横から見て楽しむのは好きですね。何年か前に永久発電機を開発したという九州の発明家をテレビドキュメンタリーが追っていて魅入られてしまいました。あのおっさん今頃何をやってるんだろう・・・「投資したおっさんも大概や」と思ってみてました。

つながりキーワード (10)

 歴史上の詐欺事件をネタに人間の暗部に光を当てる。  百年以上も前のものが題材となっているが、欺かれた過去の人を笑うことはできない。未だに詐欺師や詐欺師に騙される人は減...

   しばらく自分の空間のプロフィール欄(つうのか?)に義眼と入れ歯を使った詐欺の話を載せていたら複数のヒトから伝言で出典を訊かれたので登録することにした。元UPI通信の...

荒俣宏が、歴史に埋もれがちなユニークな足跡を残した人物を集めた作品。 悪魔の肖像を描いた画家-クリストフ・ハインツマン 妖精に憑かれた家系-チャールズ・オルタモント・ド...

霊界がどうした宇宙人がこうした風水の血液型は波動ですといったTV番組は、往年の川口探検隊(キーワード登録熱望!)と同じノリだと思ってワッハッハって観ているんだけど、他の人...

科学と聞いておもわずしりごみしたくなる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。科学とは実はエンターテイメントでもあるのです。このキーワードでは、そんな科学を体験できるキーワードを集めてみ...

科学の世界でもっとも権威ある雑誌「ネイチャー」「サイエンス」に発表された論文から、奇想天外な成果を選りすぐって書いたコラム集。 いぇーい。だれかの続編があればもっといいのに。

探偵小説、推理小説に使われるトリックを いくつか科学の目で分析してみました。 科学の目と文学の目、どちらでみても すばらしいトリックはそうないでしょうね。 それより、文学性のためなら科学的...

「数学ゲーム」で有名なマーチン・ガードナーによる「左と右」に関する科学読み物。光学異性体のミクロな話から宇宙全体のマクロな話まで。

Japan Skeptics(「超常現象」と言われる現象を批判的・科学的に究明する学会)会長である安齋育郎博士(現在、立命館大学国際平和ミュージアム館長)が書いた本。 ...

1995年5月に「売れるわけがないでしょう」という出版社(洋泉社)営業の予想に反して、一気にベストセラーになり社会的にも結構話題に。続編も次々と出た本。 内容はいまさら...

携帯でこのページにアクセス

奇妙な論理

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-2760

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ