関心空間はグルメのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ちんちんてい

珍々亭

  • 珍々亭の画像

思い起こせば、いまから20年近く前のことになるわけですが、友達に「アブラソバって美味しいんだよぉ」ということで連れて行かれて以来というもの、月に1度は食しに行くことになった珍々亭。

5年ほどまでに油そばがブームになり、いろいろなラーメン屋さんでメニューに載ったり、カップのものまで出てきましたが、やっぱり本家のここが一番美味しい。

ちなみに亜細亜大学の卒業生は絶対にこの店を知っているハズ。

最近は1~2ヶ月に一度、お参りに伺っております。いやいや、相変わらず混んでいるんだけど、やっぱり美味しい。

オレ的には「特大半ネギ麺固め」で「ラー油10周、酢4周、醤油3周」でいただいていましたが、年のせいか「大盛り半ネギ麺固め」で食べたのが最後です。

珍々亭

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 2003/12/09更新
  • 2001/09/23登録
  • 9008クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2003/10/02

man 先月、久しぶりに珍々亭に行きました。日曜日はやってないし、土曜日は売り切れが多いので、何度かトライして、2度目でした。やっぱり地元の学生さんが多かったみたいです。

つながりキーワード (11)

地名は早稲田なのですが、江戸川橋駅のすぐそば、油そばのお店です。 太麺にお酢とラー油をかけ、混ぜ合わせて食べる「油そば」です。 だされたら、熱いうちにお酢とラー油を2まわ...

飲食店油そば

  • (hana93)

初めて食べました。 汁なしラーメンみたいなもの。 武蔵野市が発祥とか。 札幌で食べられるのはここくらいかも。 とにかく一度食べるとはまります。 また食べに行きたい! ...

 東京・地下鉄江戸川橋駅のそばにある、油そばのお店。  日曜の夜、近所で夕飯を食べたいなーと、茗荷谷→護国寺→江戸川橋とブラブラ歩いていたら見つけた。ふつーのラーメン屋...

グルメ盛岡冷麺

  • (はなしまこ)

やっぱりお店のがおいしいけど、 おうちで食べるときの定番はこれです。 冷麺はもう夏だけのものじゃない! 冬にも、朝にも、おやつにも。ぜひ~

グルメ油そば

  • (pickle)

ウマー!しあわせだ。よーくまぜてラー油ちょっと、酢ドバドバ、コショウてんこもりにして食べるのが好き!

家の近所にあるイタリアン・レストラン。 気の置けない雰囲気で、パリの街中のビストロを思い起こさせる、地元感たっぷりの小さなお店です。 元八百屋さんだった建物を改築したら...

飲食店土佐っ子(滅)

  • (ぱやっぱや♪)

東京の環状7号線、通称「環七」が美味いラーメン屋があつまる通りとして有名になりはじめる前から、板橋エリアで敵ナシのうまさだった有名店。もともと運ちゃん相手だったらしく、「...

食品芭流麺

  • (Go涼)

油そばってあるじゃないですか。中華麺を味をつけた少量の油に絡めて食べるヤツ。去年あたり東京で流行ったから前よりは知ってる人増えたかな。 あれを蕎麦でやったらどうなるか?...

食品ラー油

  • (it@row)

最近手放せなくなってきました。 とりあえずかけてます。 ラーメンにも入れます。 着実にボクの身体は蝕まれてます…。

ノンカテゴリーJR中央線

  • (おが)

現在は東京駅-高尾駅を結ぶ東京の通勤電車。 いろいろと中央線関係の風俗を扱った本が出ているのを見ても明らかだが、中央線沿線というのは一種独特な文化があるんだと思う。 ...

北区赤羽にある言わずと知れたらーめん。 夕方6時から開店するこのお店は、開店から常に行列ができていて、1時間待ちは当たり前。かなりのコッテリ系で食べた後胃もたれする人続出...

携帯でこのページにアクセス

珍々亭

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (2)

珍々亭 油そば (実食編) 持ち帰り 武蔵境

  • 並ばずに食べる有名ラーメン店! | Tracked: 06.5.20 10:53 am

前回の購入編(06.05.19参照)の続き、「珍々亭 油そば 実食編」です! これがお店からいただける1食分(600円)です。麺は1玉約150g。 まずはタレを溶かすのです...

珍々亭 油そば (実食編) 持ち帰り 武蔵境

  • 並ばずに食べる有名ラーメン店! | Tracked: 06.5.20 10:52 am

前回の購入編(06.05.19参照)の続き、「珍々亭 油そば 実食編」です! これがお店からいただける1食分(600円)です。麺は1玉約150g。 まずはタレを溶かすのです...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-2781

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ