関心空間はレジャーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ろっかっしょおんせん

六ヶ所温泉

  • 六ヶ所温泉の画像

あの、原子燃料サイクル施設のある青森県六ヶ所村にある温泉。別に秘湯とか湯治という温泉ではない。
私も一度だけしかいったことがないんだけど、原子燃料サイクル施設のおかげできれいな道、すばらしいPR施設など人口12,000人程度の村とは思えない公共施設の充実ぶりは目を見張る。

なお、この温泉は深さ2,714mまでボーリングして出てきた温泉らしく、温泉で売っているタオル(白とオレンジの2色あり)には、自慢げにソレが謳われている(それって、自慢なのか???)。ちなみにオレもタオルを2色持っている(これは自慢だ)。

東京からだと非常に行きづらい六ヶ所村であるが、本州の最北端「大間崎」に観光にいくついでに寄ってみると話しのネタになることウケあい。

六ヶ所温泉

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 住所: 青森県上北郡六ヶ所村尾駮上尾駮357-1
    青森県上北郡六ヶ所村尾駮上尾駮357-1
    大きな地図+周辺の情報
  • 電話番号: 0175-72-4141
  • 価格: 350円(大人)
  • 営業時間: 9:00~21:00
  • 2001/09/26登録
  • 6877クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/09/27

Go涼 温泉の定義は25℃以上のお湯が出ること、で、深く掘れば掘るほど、地熱で地下水の温度が上がるので、どこかで必ず25℃に達するわけ。こんなインチキ温泉が全国に増えてるそうです。いや六ヶ所温泉がそうかどうかはしらないけど…。

おが そうそう、そうなんですよね。深いのが自慢なのか?という感じです。私は国からの補助金で堀ったのかな?と思っていたんですが、どうも六ヶ所カントリークラブのオーナーが意地になって掘ったみたいです(笑)

もも 写真を見ると、周りにいえもなさそうで、本当に意地になって堀ったっぽい写真が泣かせますね。

おが ワタクシはっきり言って、ネタだけのために入ってきました。「日本一一番深い温泉」という言葉にソソられたのよね。

つながりキーワード (28)

青森、八甲田山中の温泉。 「THE 湯治」といった風情である。 飾り気がなくて、素朴。 湯は、最高だった! コクがあってまろやか。 口から飲んだわけじゃないが、 肌が「...

海外旅行田代元湯

  • (今後同大)

温泉シリーズ2(青森県その2) 昭和時代の終盤に行ったのが最初で、当時はまだ自炊旅館をやっていたはずですが、数年後に二度目行った時は既に有志で管理運営している様子でした。...

青森の日本界側にある温泉。この間行って来ました。最近は人気らしくて宿泊だと四ヶ月待ちらしいです。 赤茶色の温泉で味はしょっぱめ。海岸の露天風呂なので、ぐるり180度海岸...

青森県の下北半島にある風間浦村が発祥の、烏賊を泳がせて着順を競うレース。すなわち「烏賊様(いかさま)レース」なのである。 しかし観光客集めとは言え、誰が考えたんだか.....

国内旅行環の湯

  • (富士山)

道の駅、たからだの里にある温泉施設。 露天風呂はないものの、大浴場の窓から周囲の山が見渡せ、とても心が癒されます。 広さも充分で、子供連れの方でものんびり入浴できます。 ...

函館山の麓にある公衆浴場。市民に愛される温泉。鉄分を含んだ赤茶色のお湯は、タオルを茶色く染めてしまう。最近リニューアルしたが、その個性を生かしたリニューアルで期待を裏切ら...

いや~、気になるね、津軽弁。 今年こそは何とか津軽弁をマスターしようと 思っているけど、これが外国語よりも難しい。 インターネットの津軽弁講座を見つけたときは うれしくて泣いたね。 正しい...

国内旅行女夫渕温泉

  • (あつし)

12種類の露天風呂があり、満点の星空を見ながら温泉を楽しめます。 混浴の露天風呂ってところがみそですな。

200円で入浴できます。 小さな湯船には源泉がそのまま利用されているらしいです。硫黄臭がします。肌への刺激は強い方です。  洗い場も狭い少人数向きの温泉です。 料金は清掃...

青森出身でコピーの天才にして、天井桟敷の主宰。 作家としてもスゴイ才能だと思います。 固いものは『藁の天皇』、やわらかいものは 『家出のすすめ』でしょうか。 どこかの出版...

国内旅行乳頭温泉

  • (あつし)

秋田県の田沢湖周辺にある乳頭温泉。 乳白色の温泉につかる。 いろりを囲っての食事。 ゆっくりのんびりと過ごせます。

 秋田県の田沢湖周辺、岩手の八幡平周辺には秘湯の代名詞のような乳頭温泉や、オンドルの御所掛温泉など有名どころがひしめいているけれど、玉川温泉はその中でも僕には一番ショッキングな温泉だった。 ...

国内旅行恐山

  • (ひよ)

青森県観光(?)案内シリーズ。 日本三大霊場と言われる恐山。青森県むつ市にあります。地元では死んだ人の魂はすべて恐山に行くことになっています。夜に恐山にドライブに行った...

人名・団体名故郷

  • (ひよ)

雪が好き。昨年、故郷を離れたばかりの私にとって久しぶりに雪のない冬。せめてスキーにでも行きたいな。

国内旅行かすかべ湯元温泉

  • (姫村タクミ)

埼玉県春日部市にある、温泉つきスパランド。 近隣でもなかなかに大きいほうなので、かなり長い時間楽しめます。入場料は¥2,300と高めですが、一度行くと帰りに\-800の割...

今日、2002年1月23日は旧帝国陸軍青森第五聯隊が雪中行軍を行ってから100年なんだそう。「天は我々を見放したか」という台詞でも有名な、映画「八甲田山」でも取り上げられ...

温泉の風情がある銭湯とのことです。 要町の上り坂の上にあるので山の湯というそうです。 だるまのような、大きな浴槽の真中に、モダンなオブジェがありました。 壁には富士山のペンキ絵がありました...

ニセコ町に2001年の夏に出来た、町営の日帰り専用温泉。洋風と和風のお風呂があり、日替わりで男性、女性が入れ代わりで入ることができる(あれ、説明になってないかも....で...

レジャー新光湯

  • (sumim)

北大北端北にある銭湯。なんだ風呂屋かよ、と侮るなかれ(笑)。大浴槽(浴場ではない)の他に、湿・乾式サウナ、日替わりの薬効風呂、水風呂、電気(!)風呂を完備。まあ、決して広...

国内旅行草津温泉

  • (まゆみ)

「草津よいとこ一度はおいで~」という草津節で知られる 日本で有名な温泉。 群馬県の北西部にあり、年間を通じて賑わう。 草津の名前の由来として、「大般若経に「南方有名是草津...

携帯でこのページにアクセス

六ヶ所温泉

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-2924

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ