関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

だっしゅ

奪取

  • 奪取の画像

織田祐二主演で映画化されたホワイトアウト(実はまだこの映画は見てないのだ)の原作者である真保裕一氏の、ジェットコースター冒険活劇小説。

危ない金融屋から借金をした雅人、それを助けようとする道郎の二人がパソコンや機械を駆使して偽札を作るという物語。

その背景の書き方や、心理描写はもちろん、真保裕一氏の真骨頂である入念に調べられた知識を元にした、技術的な考証がすごい(あぁ、ボキャブラリーがない)。

なんだけど、真保裕一氏らしくこれだけで終わらないんだなぁ。ポンポンとテンポ良く軽妙洒脱な表現でストーリーは突き進み、あっと驚くトリックや展開で、上下2巻のボリュームを感じさせない、筆力を思い知らされます。最後の最後までドキドキ・ワクワク感がある、かの名画「スティング」みたいな雰囲気もいいっす。

あまりミステリーって読まないんだけど(邪馬台国はどこですか?は別ね(笑))、真保裕一氏だけはハマっています。

奪取

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 人名: 真保裕一
  • 年(代): 1996年
  • 発売元: 講談社
  • 価格: 2000円(ハードカバー)
  • 714円(文庫)
  • 2001/09/29登録
  • 2928クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/11/13

わはは,明るく楽しい青春偽札小説だな。

おが 青春偽札強盗整形小説かも:-)

つながりキーワード (4)

先日カナダに仕事でいったところ、釣り銭に偽造20ドル紙幣が混入していておどろいた。当然自分では気づかず、次に使おうとしたNewsstandで指摘された。旅行者にはどうしようもない問題で、観光...

現在読書中。 選挙青春小説? 半分まで読んで、思ったより面白かった。 このまま一気に読破予定。 あの「ホワイトアウト」の著者。

第二次大戦中、チャーチルを誘拐すべく英国内に潜入したドイツ空挺部隊のシュタイナ中佐と、IRAのテロリスト、リーアム・デヴリンを主人公にした冒険小説。 どのような、たとえ絶...

いわゆる歴史物の入門書というものではなく、奇想天外な歴史ミステリー小説。 ・悟りを開いたのはいつですか?(仏陀の話し) ・邪馬台国はどこですか?(邪馬台国の話し) ・聖徳...

携帯でこのページにアクセス

奪取

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-3007

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ