関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ゼントウヨウカイドウ

全東洋街道

藤原新也の20年くらい前の作品。ギリシアから出発、中東を経てアジアを横断する旅のエッセイと写真。
上下巻あるのだけど、古本屋で買ったので上巻しかなかった。
著者の想念が濃くて、紀行としては恐ろしく強力なバイアスがかかっている。この人の見た街であり、僕が行ってもそれはまず見えないものだと思う。
同じくイスタンブールを描いていても、沢木耕太郎のイスタンブールとこの本のイスタンブールとでは、もうまるっきり印象が違う。

全東洋街道

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
KwskKzy
詳細情報
  • 発売元: 集英社
  • 2001/10/03登録
  • 3385クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2002/03/04

これって「東京漂流」のつぎでしたっけ?

つながりキーワード (3)

藤原新也氏の言葉付き写真集。 まだ、少し読んだだけなのですが、本屋さんでちらりと見ただけで、凄いと思い、買いました。完全に世界観が統一されて作られているという印象です。

デザイン・写真・建築藤原 新也

  • (tomocosmo)

「美と出会う」で知った。 彼の言った言葉が私をはっとさせた。 「人間死んだら一掃け」 考えてみたらそうである。 これを彼はインドの旅行中に発見したのだそう。 インドではガンジス川のほとり...

沢木耕太郎の書いた小説。この人は小説も書くんだ、と。ちょっとびっくり。本屋で見かけ思わず買ってしまった・・・。

携帯でこのページにアクセス

全東洋街道

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-3174

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ