関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

バンノウカントハナニカ

万能感とは何か~「自由な自分」取りもどす心理学

  • 万能感とは何か~「自由な自分」取りもどす心理学の画像

和田迪子著/新潮文庫。

 「万能感」とは、自分は万能で何でもできるのだ、不可能なことはないという高揚した感覚や思い込み(精神分析でよく「全能感」と表される)。この感覚は、歴史上の人物や成功者に典型的に現れやすいが、普通の人にもみられる(日常語で「舞い上がる」、「天狗になる」、「調子に乗る」と表現できると思う)。
 「万能感」とは「子供の心」であり、その肥大化により、現実検討能力が低下し、物事の適切な処理ができなくなる。そこで、自由な自分(冷静な自分)を取りもどすには、私たちに巣食っている万能感との闘いが必要だと筆者は述べる。
 冒頭、筆者は功なり名を遂げた歴史上の人物(秦始皇帝、織田信長、明智光秀)が、万能感に振り回され悲惨な最期を遂げる生涯を分析している。分析には、1957年にアメリカの精神科医エリック・バーンが創始したTA(Transactional Analysis:交流分析)が利用されている。長くなってしまうので、ライフポジション(基本的な構え)についてちょっとだけ紹介する。
 ライフポジションとは、自分と他人との関係表す人生における態度。これは乳幼児期に、両親や周囲の人たちとの関係から決定され、以下の4つがある。人はこれらのうち1つを採用し、それをもとに、人生の脚本をつくりあげていると考える。

1)私はOKである。他人もOKである。
2)私はOKでない。他人はOKである。
3)私はOKである。他人はOKでない。
4)私はOKでない。他人もOKでない。

 TAは、精神分析の口語版とも言われるらしいが、自分には、精神分析の社会(対人関係)への拡張に見える。ストローク、ホットポテト、ゲーム、エゴグラム、ライフポジション(基本的な構え)など、専門用語が多く、理論もより精密になっている。

#「南方熊楠(ラーさん)から、リンクが貼られてから考えたこと」
 この本では、万能感は悪者として扱われていますが、芸術家などの場合例外的に、万能感が良いものとして作用する場合があるようですね。藤子F不二夫、S.スピルバーグなんかはその例。

##これは、できるだけロジカルに、倫理(のベース)を語ったものと解釈できる。

万能感とは何か~「自由な自分」取りもどす心理学

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

半無人画像 投稿者:
半無人
  • 2003/12/12更新
  • 2003/07/24登録
  • 33780クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (8)

最新コメント5件

2003/07/27

沙羅 何だか面白そうですね☆興味が湧いてきました!

2003/10/03

半無人 えーっと、コトヲさんのようなコメントをいただくならこの文章は失敗してます(苦笑)。「短期的」なものではなく「慢性的」なものです。近いうちにそこらへんのニュアンスが伝わるよう書き直したいな。

2005/07/16

CLASH このKWを見て買って、何度も読み直しています。構成がイマイチで話が前後するので、整理のために自分なりのメモを作り始めました。でもとにかく大変面白い本です。

2005/07/17

半無人 おお、勉強家(笑)。構成、確かにヘロヘロ。

CLASH 本見て何か書き出すなんて、仕事以外ではほとんどやらないです(笑)  それくらい、勉強になりました。 これとの関わりが深いのも一因なんでしょうね>http://www.kanshin.com/?...

つながりキーワード (7)

結構有名だと思いますが 自分は先日講義で聞いて初めて知りました。 「ジョハリの窓」です。 心理学者のジョセフさんとハリスさんが考案したので 二人の名前から名付けられたそ...

頼まれなくても他人の世話に明け暮れる。相手を喜ばせようといつも自分は後回し。そして、思いどおりにならないといって腹を立てる―この本は、自分の人生を他人に捧げてしまった「共...

浅田彰、佐藤良明、花村誠一著。 南想社。1985年刊。 生物学、文化人類学、コミュニケーション病理学、精神の生態学などを横断的に研究した脱領域的学者グレゴリー・ベイトソ...

大いなる年、1888年が来る。 『偶像の黄昏』、『ワーグナーの場合』、『アンチクリスト』、『この人を見よ』。 あたかもニーチェの創作能力が激しくかき立てられ、 崩壊に先立ってその最後の飛躍を...

ついに出ましたツキアイゲノム2!! 今回は交流分析理論「エゴグラム」をベースに、発想・考え方のクセを着想・能動・判断ユニットの3タイプに分析する『ウラゲノム』と、自己開示心理学をベースに、...

近代日本を代表する在野学者にして偉人。多方面に驚異的な博識を誇った。 中沢新一 責任編集・解題『南方熊楠コレクション』。全5巻。河出文庫。これが最適の入門書のように思える。 南方熊楠記念...

人と人の交流に関しての分析手法。 カウンセリング、セラピーにつかわれる。 そのうちの自我状態分析は、自我を「養育的な親」「批判的な親」「大人」「反抗する子供」「従順な子供」「自由な子供」「...

携帯でこのページにアクセス

万能感とは何か~「自由な自分」取りもどす心理学

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-327571

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ