関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

シタイハクブツカン

死体博物館

バンコクでもっとも行ってみたい博物館です。行った方いらっしゃいます?
ここは、ちゃんとした大学病院の中にあって医学を目指す人のために作られた博物館です。それが、一般のタイ人も見たいと訪れるようになって普通に見学できるようになりました。

実は今日からタイへ行く予定だったのだけど、諸々の事情で中止、博物館へ行くはずだったのに(泣)

死体博物館

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
どりっぷ
  • 2001/10/10登録
  • 31873クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (11)

最新コメント5件

2001/11/27

eno もひとつついでに。病院の裏口に回ると、「今日運び込まれた死体ですけど、お心当たりの方はいませんか?」(たぶんそう言ってるんだと思う)という掲示板にとれたての死体写真がいっぱい……。

どりっぷ 家族や知人で心当たりのある人はそこに見に行ったりするんですかね?

2001/11/28

eno 残念ながら、自分が行ったときにはそういう人には会いませんでした。でも、それ以外の理由は考えられない……。

2002/10/23

フロム 僕も行きましたがアニメのAKIRAの世界ですよ。雰囲気的に

2003/03/03

ginga 僕も行ってきたよ~。募金しました。。。

つながりキーワード (14)

しっかりガイドブックにも載っている 死体博物館付きの病院 タダだけどノートにサインしないといけなくサイン帳見たがほとんど日本人だった・・・(6年前だけど) まあ怖い映画駄目な人はやめた方...

人名・団体名村崎百郎

  • (はなゆー)

ミスター鬼畜。美女が出すゴミを勝手に収集&分析。 これからも、まあ適当に頑張ってもらいたい。 ★「社会派くんがゆく!リターンズ」で村崎氏の電波発言を楽しめる。 http://www.sha...

今度行ってみようと思っております。 このキーワードで検索して引っ掛かってくるのが http://home.att.ne.jp/gold/khaosan/... http://www.geo...

もと文学青年?の私にとって今や数少ない笑える本になったこの人の本。でも笑う理由が、タイの栄養ドリンクの5本に1本はフタが空かない、とか、そういうマイナーな共感でいいのかと...

キリスト教の一派、カプチーノ会の教会。 通称を「骸骨寺」などというだけあって、地下納骨堂は骸骨で装飾されている。本物の。 これらはすべて4000人に及ぶ修道僧の骨でできているそうだ。小物もみ...

伊太利亜はフィレンツェに「Museo Zoologico La Specola」なる博物館がある。1000体はあろうかという剥製がずらりと並ぶ動物展示の奥には、蝋でできた...

ウィーン市街の中心に位置するランドマーク。 "Steffl"と呼ばれる南塔は、教会の塔としては 世界で3番目に高いそう。 12cの建築以来、ロマネスク様式、ゴシック様式に...

ドイツ、ローテンブルクにある笑えるスポット。(いや、むしろ笑えないのかナ...)ローテンブルク自体は中世の町並み再現した街で、クリスマスグッズのショップなんかがある激メル...

タイ・バンコクの民間レスキュー隊。 連絡があると直ちに出動し、警察より先に現場に到着する。 ……と、ここまではいいんですが。 このレスキュー隊、最初に何をするかというと、 とにかく死体の...

1991年の夏に行ってしまいました。 満月の夜は、FULLMOON PARTY!!っつーのが開催されてしまっていて、そこら中がたき火とたいまつ&グチャグチャ。砂浜は注射器が多いため、裸足では...

世界ではじめての太鼓専門博物館。 特徴はなんといっても、世界中から集められたさまざまな太鼓を「実際に叩くことができる」こと。叩き方がわからなければ学芸員さんが親切に教えてくれる。グループで行...

アジア・コンピュータ・裏モノ方面を独走する若手(もうそうでもないか)ライター。「鬼畜系」の代表みたいに言われてますけど、本人は実にさわやかな好青年。最近はちょっとおとなし...

立川が生んだ人気ライター。本名は板谷宏一(敬称略)。 西原理恵子によってその資質(笑)を見出され、雑誌『パチンコ必勝ガイド』の投稿コーナー「パチバカ天国と地獄」でデビュー...

タイの首都バンコクの、ナウなヤングが集うエリア、サイアムスクエア(サヤームスクエー)にある、巨大な小店舗集合型モール。

携帯でこのページにアクセス

死体博物館

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-3636

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ