関心空間はノンカテゴリーのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

まいあさしんぶん

毎麻新聞

70年代後半、大麻取締りに対して開放を是とする人々が発行した新聞。温故知新もの。
西荻等中央線沿線、下北沢のヒッピー系喫茶店及び飲み屋にて配付されていた。真剣かつ呑気な論争を拡げていたが、一般紙にも論争が波及。商売抜きの媒体が複数存在出来た時代の一端である。その後の所在は不明。

毎麻新聞

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

mic007画像 投稿者:
mic007
  • 2001/10/16登録
  • 6684クリック

このキーワードを共有する

コメント (15)

最新コメント5件

2002/06/21

NUE う、あれ? いや、そう突っ込まれると自信がなくなってきたなぁ(汗……なにしろもう20年以上昔の話なので、どこかで記憶が混濁し始めてる可能性もなくはない……(怖)。

mic007 半年ぶりの麻バナシぃ~。アプサラス~(飛)。

雲衣。 名前のない新聞は八丈島で今も出しているし、星川は屋久島でしょ。

NUE うーむ8ヶ月を経て明かされる意外な真実(汗)。実はアパッチともプラブッダとも会ったことはあるんですが、その場所はボクの知人の家だったのでした。で、この2人は同じようなタイプの人だと認識していたのが、いつのまにか同一人物になっていってしまったものと思われます。いや、みなさん申し訳ない。アパッチ氏とプラブッダ氏にも申し訳ないことをしてしまいました。この場を借りてお詫び申し上げます。

2002/06/22

雲衣。 ジミ・ヘン麻噺(笑)にしたから読んでネ。 

つながりキーワード (9)

ノンカテゴリーカンナビス

  • (ズッパ)

正式には『カンナビスサティーヴァ』 オランダのアムステルダムに旅行に行った際、アメリカであんなに禁止されてる(っていっても出回りまくってるけど)ものがなして自由に買える...

「意識を変えるモノについての意識を変える」この副題が本書の全てを言い表わしているのではなかろうか。 --------------------------------- ...

トンネル抜けた。 国費で強制的に休養させられていた富士夫が復帰する。スケジュールその他はオフィシャルサイトで。 ダイナマイツ。裸のラリーズ。村八分。ティアドロップスetc. ああ、殆ど活動し...

食品檳榔

  • (クーロン黒沢)

台湾男の身だしなみ。色気ムンムンな(なぜでしょうか)ピンロウ売りの娘からピンロウを箱買いし、グッチャラグッチャラ噛んでから、クワアアァァッペッ!と威勢良く真っ赤な唾を吐き...

   マリファナが合法なアムステルダムにあるいわゆる「マリファナ博物館」。アメリカ合衆国が大麻草の栽培を奨励していた時代のポスターなどの文化的資料,大麻草それ自体の生物学...

雑誌宝島

  • (NUE)

といっても大昔の宝島。今、Kioskで売ってる同名の雑誌とはまったく180度ぐらい違う。版元は同じなんだけど、写真は手元にある中ではいちばん古いもので、昭和49年7月号(...

調子に乗って温故知新。 渋谷道玄坂・百件店にあったロック喫茶。良質のアメリカンロックを聞けた店。FENより早くネタを提供してくれた。閉店の憂き目にあったと聞くが、数年前に前を通ったら営業して...

洋楽を紹介するテレビ番組。 司会は大橋巨泉。解説は雑誌『ミュージックライフ』編集長の星加ルミ子さん。尾籐イサオさんとかも熱唱してましたねー。 そういえば、おいこら、尾籐、下北沢の一番街、...

今は昔、日本の輸入版レコード店の草分け。 バブル地上げによる消滅まで青山は骨董通りにあった。 創業は不明だが、70年にはすでにあったと思う。 高校時代、わざわざ上京して通常店では入手不可能な...

携帯でこのページにアクセス

毎麻新聞

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-3957

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ