関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ミュージック・フロム・ビッグピンク

Music from Big Pink/The Band

  • Music from Big Pink/The Bandの画像

1968、The Bandのファーストアルバム。
私がブリティッシュ・インベィションから逃れ、
アメリカン・ロックも聞くようになったキッカケがこれ。
どうカテゴライズしてよいのか判らぬサウンドはそれまでの興奮とは異質で、
ブルースとは違うルーツサウンドを与えてくれた。
今聞いてなを、色あせない音色である。

アルバムタイトルは彼等がセッションをしていたピンクの外壁の小屋を指し、
近所の人々がとりあえず呼んでいた「奴等はバンドさ」をグループ名にしてしまったという。
[The Weight],[Lonesome Suzie],[I shall be Released] 等名曲がラインナップ。イントロから泣ける。
ジャケットの絵はボブ・ディランによる。

Music from Big Pink/The Band

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

mic007画像 投稿者:
mic007
  • 2001/10/18登録
  • 5683クリック

このキーワードを共有する

コメント (25)

最新コメント5件

2001/10/21

mic007 市場ん中。セッちゃん知らないとダメじゃん。ヨゴレは一度行くべし。 これもキーワードものだけど、一代目が亡くなってから行ってないので迷うところ。早く「シモキタ」を入れねばBANDが世田谷区出身になってしまうね。

NUE 市場の奥の線路を背にしたおでん屋のこと? オレほとんど酒飲まないから一回しか行ったことなくてうろ覚えで「噂」と書いたのだ。日曜ってやってたっけ……いいや、あとでちょっと見てくる。

bibibi 市場の中のおでん屋って、まだあるの? 川崎チッタの山本リンダ・ナイトの帰りに連れていかれて、それ以来行ってない。

mic007 私も夜の下北は、ずっと行ってないので不明だけど、今は確か3代目のセッちゃんのはず。3件並んだ屋台の真ん中。これもいずれキーワードかな。

2001/10/24

NUE ご隠居!、じゃなかった師匠! とりあえず撮ってきましたが、セッちゃんって通路から見て一番手前、トイレから一番遠い店じゃなかったっけ。写真の場所は伝言でご連絡しまーす。

つながりキーワード (21)

CD・レコードTHE BAND

  • (addsome)

70年代のアメリカン・ロックを語る上では欠かせない存在。その渋いサウンドは決して玄人のためだけのものではなく、ロックを愛する全ての方へ。土の香りというよりも木の香りが漂う...

他にもいっぱいいるんだろうな…。(求情報) (2/8:追加しました。) ・Bob Dylan http://images-jp.amazon.com/images/P/... The Ba...

「ザ・バンド」伝説のラストコンサートのドキュメンタリー映画。監督は「タクシー・ドライバー」「ケープ・フィアー」で有名な巨匠マーティン・スコセッシ。 ずっと前から見たかった...

別名「ブラウンアルバム」。「Music from Big Pink」に続くJohn Simonプロデュースの2作目。1作目と同様に大傑作です。 演奏してるときの楽しさが...

ついに登場!今年の再発の目玉になりそうです。 アメリカライノレコードやるね~。 それで、久しぶりにライノのHPをのぞいたら、ばっちり 特集されてました。凄い中身です。 ...

人名・団体名CCR

  • (B.J)

Creedence Clearwater Revival(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の略。 60年代後半から70年代初めに活躍したグループです。僕の親の...

洋楽よりは邦楽の方をよく聞きます。そんなボクが好きな数少ない洋楽のグループ。 中でも「Groovin'」や「Good Lovin'」が好きです。

1939年の創立からJAZZブランドとして確立を成したBLLUE NOTE。 その印象深いジャケットデザインはリード・マイルスによるものである。 1950年代半ばから10...

1970年代のベストアルバムは?と訊ねられたらこのアルバムを出す人はかなり多いのでは? 全体としてはいかにもアメリカのカントリーロックバンドという感じですが、なんといっ...

1968年、日本ロックの誕生はジャックスから始まった。 早川義夫が率い、ギター 水橋春夫、ベース 谷野均、キーボード 木田高介。後にドラムスにつのだひろが加わる、元祖「...

 いつ聞いても格好いい。才能だけで音楽やられるとなにもいえない心地よさがある。ウッドストックでの煽動的ライブは必見。There is a blue one/Who can...

 今も現役で頑張ってる、ロックの巨匠。誰もキーワード入れてないので入れてみた。僕のお気に入りはSubterranean homesick bluesとBallad of ...

70年代音楽世代の星。 1977年、トム・ウェイツの初来日を主催することから始った、いわゆる呼び屋。 サザンロックやウエストコーストロッックを中心に、決してメジャーではな...

新宿三光町にあるロック・バー『ふらて』は70年代ロック好きにはたまらん場所です。 ドアを開けるといきなり階段があって、降りると気分は70年代ざますのよ。 BGMの音量もナイスな感じ。 厚生年...

おお、これを語れるなんて関心空間サンキュー。 ブルース好きは出だしの1曲目からヤラれるので注意。「スモール・タウン・トーク」はシブく沁みるスローナンバー。白人なりの洗練(...

R&Bの中のマイ・フェーバリットのひとつ。聞くと体が黙ってはいられない。 「グ リーン・オニオン」はヒップホップクソ喰らえのグルービング! 間違っても、日本での亜流は出て...

今は昔、日本の輸入版レコード店の草分け。 バブル地上げによる消滅まで青山は骨董通りにあった。 創業は不明だが、70年にはすでにあったと思う。 高校時代、わざわざ上京して通常店では入手不可能な...

調子に乗って温故知新。 渋谷道玄坂・百件店にあったロック喫茶。良質のアメリカンロックを聞けた店。FENより早くネタを提供してくれた。閉店の憂き目にあったと聞くが、数年前に前を通ったら営業して...

17才の冬、知った曲。雪の降る中、心に響いた想い出。されど我が人生と、重ねたタイトル。 クサイ高校生がクサイ中年になっても同じくして聞ける曲です。 Charlie Ha...

黄金の50年代の花形デユーク・ジョーダンがすさみ、なれの果てにタクシードライバーに身をやつした際、熱烈なラブコールで向えた国がデンマークであった。 ジャズ好きな北国に誘わ...

携帯でこのページにアクセス

Music from Big Pink/The Band

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (76)

http://burunduk.travelegance.ru/...

In a landscape (インアランドスケープ) - 関心空間

Get More Followers On Twitter

  • Get More Followers On Twitter | Tracked: 13.11.12 7:05 am

WIKIMEDIA COMMONS (ウィキメディア・コモンズ) - 関心空間

child custody attorneys around will county illinois

  • child custody attorneys around will county illinois | Tracked: 13.11.12 4:59 am

備後国福山藩 天明一揆 (びんごのくにてんめいいっき) - 関心空間

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-4102

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ