関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ブンボウグトタビヲシヨウ

文房具と旅をしよう

  • 文房具と旅をしようの画像

著者2人が、北欧・ヨーロッパを文房具・雑貨を求めて旅して綴られた、日記のような雰囲気の本。実体験をもとにしたエピソードなどももりだくさんで、とても親しみやすく、かわいらしい作り。著者の大事にしている「手作り感(?)」みたいなものが伝わってきてなごめます。

文房具と旅をしよう

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

レゴ画像 投稿者:
レゴ
詳細情報
  • 価格: ¥1,600
  • 発売元: 発行所:(株)ブルース・インターアクションズ
  • 人名: 著者:寺村栄次、浅井良子(スコス ステーショナリーズ・カフェ)
  • 2001/10/25登録
  • 3557クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2002/02/10

アイダナ 書店で気になって、友達への誕生日プレゼントに贈りました。 う、自分のはまだ購入しておらず...。

つながりキーワード (7)

 久々に片岡義男の本で「文具熱」が高まってきた今日この頃、関心空間で知った「文房具と旅をしよう」という本を買ってみる。  内容は文房具の買い付けに北欧からヨーロッパをめ...

10月5日~15日の11日間、スウェーデン大使館を中心に都内各所で、話題のデザイナーやアーティストが来日。 展覧会、デザインセミナーや映像&ミュージックイベントなどなどが...

この駅へのアプローチはかなり個性的なものがあります。「寸」という字の点のように、本郷通りからも春日通りからも約70mほど引っ込んだ路地の奥にあり、はじめて降り立った人は「...

   「鉄の爪」と言えばフリッツ・フォン・エリックである。その昔,ジャイアント馬場の頭をひっつかみ,その「林檎を握りつぶす」握力で締め上げたシーンは脳裏に焼き付いている。...

ヨーロッパの文房具(なかには日本製もあります)を扱っているお店です。 一歩お店に入ると、海外旅行先で、または近所の文房具屋で掘り出し物をみつけた時の喜びをここそこに感じられます。 何でもない...

ショップ大橋堂

  • (双月)

 仙台の万年筆屋さん。「現代の名工」の一人・植原栄一氏が製作しておられます。年に何度かデパートで展示会(?)を兼ねて出張販売をしているようです。  数年前に誕生日祝いに買ってもらって以来、キ...

   筒井康隆「虚航船団」に出てくる文房具のひとつ。戦闘要員。暇を持て余して自分の行為ひとつひとつに対して番号を打つようになる。滅多に声を出して笑うことなどないが,自分の...

携帯でこのページにアクセス

文房具と旅をしよう

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-4463

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ