関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ふしょう、みやじま なんきょくかんそくたいにどうこうす

不肖、宮嶋 南極観測隊ニ同行ス

  • 不肖、宮嶋 南極観測隊ニ同行スの画像

憧れの南極大陸だなんて思っているのは、ごく一部の人間なのかもしれない。でも、南極大陸にはアムンゼンやスコット以来男のロマンが眠っているのである。

そこで、不肖宮嶋ことフリーカメラマン「宮嶋茂樹」さんが4か月もの間、日本の第38次南極観測隊に同行取材をして昭和基地などを訪ねたドキュメンタリー本。

数々の戦場をくぐり抜けてきた不肖宮嶋さんが、いままで経験した中で一番過酷な取材だったというほど、南極の自然は厳しかったらしい。

一度は訪れてみたいと思うんだけど....

不肖、宮嶋 南極観測隊ニ同行ス

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

おが画像 投稿者:
おが
詳細情報
  • 人名: 宮嶋茂樹
  • 発売元: 新潮社
  • 年(代): 1998年5月
  • 価格: 1,400円
  • 地域: 南極大陸
  • ISBN:4104238015
  • 2002/04/30更新
  • 2001/10/25登録
  • 6748クリック

このキーワードを共有する

コメント (5)

2002/12/04

ぷよ 南極!行ってみたいです。とっても。長いこと明けない夜空に光るオーロラを一度でも見てみたいです。

おが いいですよねぇ。私も行ってみたいですけど、船で行くのは辛そうです。飛行機で行けないかなぁ....

2004/07/05

ちゃる 名古屋の写真展に行ってきました。サインもいただいて感激でした。それにしても、えらく腰の低い人でした。文章のイメージだとチャラチャラしたお姉ちゃん好きの軟派な感じを想像していたので、ひっくりかえりそうになりました。

おが うらやましいです>ちゃるさん。東京の写真展に行きたかったんですが、仕事で忙しくてアウト。その後北海道に引っ越ししてしまったため、まだ見に行けないんです(涙)。札幌来てください(ススキノもあるし)>不肖、宮嶋さま

ちゃる 背が高くてガッシリしていて、カッコ良かったです。よく「女性にモテモテ」と書かれていますが、本当にステキな方でした。(イイ男のフェロモン出まくりっていうか、実際にあうとメロメロです)

つながりキーワード (22)

映画・ビデオ南極料理人

  • (ミズハ)

おいしいごはん、できました。 いま通っている勤務先から自宅に帰るまでの間で いちばん立ち寄りやすい生鮮食料品売り場が、デパ地下。 野菜やお肉も売ってるけどお惣菜もたくさ...

名探偵ホームズもひいきにした(後述)、ロンドンに実在する世界最大級の地図の専門店。ほかに、旅行書・旅行ガイド・地球儀・旅行用品なども扱う。旗艦店(本店)はコベント・ガーデ...

海外旅行南極定期便

  • (四月の旅人)

オーストラリア─南極間に定期便が就航した。タスマニアのホバート国際空港と、昨年(2007年)開設された全長4kmのウィルキンス滑走路間をエアバスA319がむすぶ。 こ...

人名・団体名Vostoks

  • (pindot)

the blondie plastic wagonのvo、g シノハラのソロユニット。 物語と映像とナレーションをオリジナルで制作し 映像をスクリーンに映しながら シノハラによるナレーショ...

 報道カメラマンという肩書きが、世界で誰よりもふさわしい写真家のうちのひとり…だと個人的に思っている。  京都で行われた写真展にでかけると、偶然にも宮嶋氏が来場していた...

敢えて言い切ろう。南極ってのはロマンなんである。 いや、もちろん古代の地球がどうなっていたのかを調べたり、オゾンホールを調査したりなど地球科学のために、昭和基地はあるわ...

人名・団体名不肖、宮嶋

  • (ちゃる)

今朝テレビをつけたら「バグダッドの報道機関に砲撃」 のニュースが流れていた。真っ先に思ったのは 「えっ…………宮島さん、大丈夫かしら。。。。。」 宮嶋茂樹:昭和36年生まれ 報道カメラマン ...

イラク戦争に米軍の従軍カメラマンとして同行したボストン在住の報道カメラマン高橋邦典さんの写真絵本。昨年末に発行され、この度、2004年度の日本絵本大賞を受賞したそうです。 子ども向けの児童...

日本一シブイカメラマン宮嶋茂樹氏の最新写真集。 約20年間の集大成。 南極から、尖閣諸島まで、普通一般人があまり行かない(というか行くのが不可能に近い)とってもレアな場所のお写真から、神戸の...

報道カメラマンの不肖・宮嶋こと宮嶋茂樹さんの写真展見てきました!やっぱり迫力、体張って追求しているんだなと思わせる写真ですね。なんか初の作品集がでるらしくってその刊行記念...

恵比寿にある美術館 ふと行きたくなる企画・イベントがあり、度々訪問してます。「幸福論」は、面白かったです。 注目してる物を、スケジュールよりを幾つか紹介していきます。 http://ww...

な、なんと、あの「不肖、宮嶋」で有名なフリーカメラマン、宮嶋茂樹さんが、現在、バグダット入りしているとのこと。しかもフリージャーナリストという肩書きで、ニュースステーショ...

人名・団体名宮嶋茂樹

  • (くまぱんち)

「不肖、宮嶋」でおなじみのフリーカメラマン、宮嶋茂樹。カメラマンでありながら、笑かす著作を多数執筆されている。お勧めは『踊る大取材線』。読むべし!

宇宙やら、南極やら。極地と呼ばれるようなところに興味がある僕。実際には行ったりすることも出来ないような所の生活。かっこいい。カメラマンが南極観測隊に同行して実際に南極基地...

1981年12月進水の砕氷艦しらせ。宗谷、ふじに続く3番目の南極観測船です。基準排水量11,600トン、全長134mと、そんなに大きい船ではありませんが、厚い氷にはばまれ...

報道カメラマンの宮嶋茂樹さんの本。私は文春文庫で最近読みました。実は宮嶋さんの本はほとんど読んでいます。はちゃめちゃな気もしますけど、真実の重さなのか、たまにものすごく感...

この本は、1980年前後に椎名誠隊長の厳しい隊規にのとって、離れ島に通い、釜たき、水くみ、たき火、宴会に命をかけていた男性達の貴重な記録です。椎名さんとその仲間たちの魅力がとっても魅力的。と...

探検家のアーネスト・シャクルトン卿が1914年にロンドンの新聞に出した広告。 探検隊員求む。至難の旅。 わずかな報酬。極寒。暗黒の長い月日。 絶えざる危険。生還の保証無し。 成功の...

宮嶋さん、コソボへ行ったときの決死の撮影記。 本当にこのヒトはすごい。 ていうか地球のリアルな時間を自分のハカリでハカリきっちゃってる感じ。 しかもリアルに。

人名・団体名西原理恵子

  • (大塚孝)

人生を一本背負い。でも死なない。来るなら来んかい!猪突猛進当たって砕け散っちゃるわい! なんて声が聞こえてきそうな人生です、この人。

携帯でこのページにアクセス

不肖、宮嶋 南極観測隊ニ同行ス

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

モンブラン ボールペン

  • モンブラン ボールペン | Tracked: 13.4.16 11:02 pm

無印良品/テープカッター : トラックバック一覧 - 関心空間

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-4506

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ