関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

柄澤 齊 木口木版画集

  • 柄澤 齊 木口木版画集の画像

Hitoshi KARASAWA The Wood-Engraving Prints
阿部出版 1991.4.11

個展の折に 銀座シロタ画廊 で購入
1971-1991 木口木版作品が網羅

初めて作品を間近で観たのは確か77ギャラリー
標本箱のような箱に
美しい蝶翅を持つ 
いだきあうちいさき男女が納められていた。

病的に繊細な線刻
それらを丁寧に辿ってゆくと 
眩暈 と 幻惑 とに苛まれ
立ち尽くす その足許 から掬われる

       異郷 銀河の果て
 
柄澤氏が謂う所の 銀河の岸辺 へ繋がる
 ねじれた空間の暗い穴へと移送される
   版とは さかしまな 宇宙

         *

木口木版は 通常使用される板目板ではなく
木を輪切りにした板の硬い中央部を版に使用する
http://www.shinobazu.com/exhib/...

目黒区美術館で開かれた柄澤氏のワークショップにて
ご紹介いただいた 木口板 は
それはそれは 硬い石 のように思えた。

         *

新版がでているもよう
http://ec.abegrp.co.jp/shop/bin/...


多くの作家作品の装丁・挿画 
塚本邦雄/高柳 誠/小川国夫/出口裕弘/種村季弘/
加賀乙彦/辻 邦生/澁澤龍彦/堀田善衛/古井由吉 他

東京国立近代美術館・神奈川県立近代美術館・栃木県立美術館・埼玉県立近代美術館・目黒区美術館・町田市立国際版画美術館・新潟市立美術館 他 に作品収蔵

●1994年 随筆集『銀河の棺』小沢書店
贅沢にも木口木版作品が 一葉 折り込まれた
美しい仏蘭西綴の装丁。
紙裏から凸版の しるし をゆび触り手触りで確かめられる。印刷・製本・紙質にも拘り抜く作家ゆえか、本文頁に使用されている紙は非常に滑らかで心地よい。

●2002年 小説『ロンド』東京創元社 


        ----------------------------


■国立西洋美術館 イベント
 キアロスクーロ -
 ルネサンスとバロックの多色木版画
 フリッツ・ルフト・コレクションの所蔵作品による

 2005年 11月12日(土)14:00~15:30
 (10月29日締切)
 「キアロスクーロ木版画の技法を推理する」
 柄澤齊(版画家)
http://www.nmwa.go.jp/jp/html/...



■栃木県立美術館  柄澤 齊展
-宙空の輪舞(ロンド)
版画・オブジェ・水彩・本 1971-2006

2006年7月16日(日)~9月3日(日)
http://www.art.pref.tochigi.jp/jp/...



■神奈川県立近代美術館 鎌倉館 
イメージの迷宮に棲む 柄澤 齊展
版画、オブジェ、水彩、本 1971-2006
2006年10月28日(土)~12月24日(日)
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/...




.

柄澤 齊 木口木版画集

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

もえぎ 画像 投稿者:
もえぎ 
  • 2006/06/07更新
  • 2004/07/16登録
  • 11961クリック

このキーワードを共有する

コメント (15)

最新コメント5件

2006/06/16

りらん 栃木県立美術館でのワークショップが気になります。 http://db.museum.or.jp/im/Search/... 蔵書票作りたいなあ。

ハイパー田舎人 いいですね~そのワークショップ!近かったら行きたいところです。秋に倉敷の古本屋さんで蔵書票展の予定です。ワタシは木版で刷ろうと思ってますが、緻密な彫りは出来ませんけど~(笑)

2006/06/17

もえぎ  りらんさん お知らせありがとうございます。木口版は、かなり硬いようなので手首に気をつけないといけませんよね。柄澤氏、、地元人気と根強いファンがいらっしゃるご様子ですから定員はすぐ埋ってしまうかも。むか~し伺ったワークショップでは、なかなかクールな人柄のお方でした。

もえぎ  田舎人さん 蟲文庫さんでの蔵書票展ですか? 楽しみですね~ 開催の折には画像で是非ご披露してください。私だったら、、、ケシゴム版くらいでちょうどよさそうです。

ハイパー田舎人 そうです、そうです、蟲文庫さんでやるやつです。ワタシも楽しみにしてるんです~。

つながりキーワード (3)

栃木県立美術館 2006年7月16日(日)~9月3日(日) http://www.art.pref.tochigi.jp/jp/... その独逸語の先生は娘の名前を ...

エンターテイメント虹の彼方

  • (leporello)

11月21日の朝の毎日新聞によると、26日からの朝刊小説は小池真理子さんの「虹の彼方」。そして楽しみなのは、挿絵はもえぎさえこさんが関心空間で紹介してくれた木口版画家柄沢...

この明治の日本が生んだ偉大な藝術家を どのように説明したらよいのか。 1918年27歳で横浜港を出帆し、 以来1980年に89歳で巴里に没するまで 一度も故国に還らなかった 強靱な...

携帯でこのページにアクセス

柄澤 齊 木口木版画集

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-526662

キャンペーン


ロケットニュース24

未来検索 ガジェット通信
ページの先頭へ ページの先頭へ