関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ひのとり ほうおうへん

「火の鳥・鳳凰編」

  • 「火の鳥・鳳凰編」の画像

 
 1970年発売の総集編。私にとって古今東西全てのマンガのナンバーワン,9歳で読んで以来ずっと,その評価は変わらない。
 
 もっと子供の時に揃えていた「鉄腕アトム倶楽部」は「勉強しないでマンガばっかり読んでいる」ってんで小学生のころに祖母に捨てられてしまったので,これが所有するもっとも古い本でもある。紙が悪いんだよね,ボロボロ。
 

「火の鳥・鳳凰編」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 人名: 手塚治虫
  • 発売元: 虫プロ商事株式会社
  • 年(代): 1970年12月1日発行
  • 価格: 定価240円
  • 2002/03/12更新
  • 2001/11/02登録
  • 5771クリック

このキーワードを共有する

コメント (5)

2001/11/10

jetalone ぼく的には「黎明編」ですな。

2001/11/14

史実含みだからしょうがないけど黎明編は子供心にカタルシスなかったっす。これはちゃんと悪役に報いが……(笑)。

jetalone はぁはぁ、なるほど。ぼくは「生者必滅」みたいな世界観がガーンと来たつうか。読んだのは小学校高学年のとき。

2002/10/01

タオ 僕は「未来編」が大好きです。みんなそれぞれ違った好みがあって面白いですね。

2003/02/14

NKZM 鳳凰編。バイブルですね!

つながりキーワード (16)

初めて映画館でみたのは10歳ぐらいの時かな。 それから一度、友人の家の近所のビデオ屋で発見してあの感動を蘇らせたけど、去年ノーカット版DVDが発売されたらしい。 この映...

手塚治虫の青年向けコミック、初の長篇。1968年4月から1969年7月までビッグコミックにて連載された。 日本が高度成長期だったころ、社会の歪みが噴出してきた時代に書か...

今日コンビニの雑誌売場で見つけました。ここ最近はアトムの誕生日をうけて、手塚治虫関連の書籍が再販売されているようですが、この「 KADOKAWA絶品コミック 」は手頃な値...

言わずと知れた手塚治虫の長編大傑作。 各章ごとに全く違う舞台設定ですが、一貫して「生きる」ことについての意味を問うています。 一番好きなのは鳳凰編。これほどインパクトのあ...

漫画シュマリ

  • (chibashi)

巨匠、手塚治虫の1970年代中頃の作品。 開拓時代の北海道を舞台に、アイヌの生活や文化を浸食する倭人(シャモ)たちをと闘うシュマリを描いた男くさい物語。シュマリも倭人なん...

小学生の頃は手塚漫画はかなり抵抗がありました。ちゅーか・・嫌いでした。 読む前にパッと見た時の絵が嫌いだったのですよ。 当時は、週間少年ジャンプに『Dr.スランプ』が新連...

   手塚治虫の生まれ故郷,兵庫県ローカルの神戸新聞が連載した特集をまとめたWEBページ。巨匠の生い立ちを探る「宝塚編」,その作品から次代へのメッセージを読み取る「予言編...

巨匠 手塚 治虫 先生のあまりにも有名な作品。私が今の職に就いたのも、もしかするとこの作品による影響が一番大きいのかも知れない。 天才外科医ブラックジャックが世界を股に...

「火の鳥」と並ぶ手塚治虫の大長編。仏教の開祖,ブッダの史伝という形をとってはいるが,フィクションも多々混じっている。 史伝といってもエンターテイメント性も高い。冒険と活劇に満ちているし,ジ...

レジャー手塚治虫記念館

  • (masakix@首相)

兵庫県の宝塚にある漫画家手塚治虫先生の記念館 まぁ膨大な量のライブラリーとか氏の年表など ゆっくりとした時間を過ごせる空間ですよ。 そういや川崎にテーマパークが出来るなん...

究極の質問その2 手塚治虫の作品の中で一番好きなのは?の答えは火の鳥の未来編と復活編で悩んで…こっちかな。 タイトルに未来編とありながら実はもっとも古代かもしれない話。と...

講談社「手塚治虫漫画全集」全400巻を底本にしたDVD-ROM。 発表当初からずっと購入を悩み続けてる。金銭的とか精神的な問題よりも(そんなのはすぐに物欲が吹き飛ばして...

哲学的な『ブラックジャック』、 時代物の『陽だまりの樹』、 輪廻転生的な『火の鳥』、 社会派『きりひと賛歌』、 オカルト的な『百物語』、 あげたらきりがないス-パ-偉大な漫画家。

私も手塚ファンです。加山雄三のブラックジャックがテレビでやっていた頃にファンクラブにも入っていました。 今はなき有楽町そごうで手塚治虫さんの写真をとらせていただいたこともあります(でも、ネガ...

手塚治虫は好きだった。鉄腕アトムやリボンの騎士にも夢中になった。ブラックジャックだって連載中に少年チャンピオンでワクワクしながら読んだ。でも、チャンピオンはマカロニほうれ...

漫画I.L

  • (おが)

手塚治虫の漫画は名作が非常にたくさんあるわけですが、もちろん駄作や失敗作もたくさんあるわけです。このI.L(アイエル)はその失敗作に分類されてもおかしくない漫画です。 ...

携帯でこのページにアクセス

「火の鳥・鳳凰編」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-5331

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ