関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

しんじゅくすえひろてい・しゅんかしゅうとう『ていてんかんそく』

「新宿末広亭・春夏秋冬『定点観測』」

  • 「新宿末広亭・春夏秋冬『定点観測』」の画像

 
 新宿にある寄席,末広亭に一年間通い (実際には身体を壊してスケを頼んだりしてるが) ,年間73組ある番組全部を記録した労作というか怪作。
 そのミチに明るくないヒトのために解説すると (オレもそれほど詳しいわけぢゃないが) ,通常末広亭では1日に2本 (昼の部と夜の部) の番組が組まれる。あ,番組というのは出演者の順番,組み合わせ,プログラムのことね,で,この番組は1ヶ月に3種,上席,中席,下席と替わるわけです。
 早い話,あなたがもし今日,8月11日に末広亭に行って昼の部・夜の部を観たとする (あそこは基本的に入れ替えなしだから昼に入っても夜の部が終わるまでいられる) ,と,違う演者を観ようと思えば次の切り替わり,21日からの下席を待たねばならないの。…それでは年間72番組にしかならんではないか,と計算の早いヒトは思うだろうが,新年の上席の書き入れ時には昼の部・夜の部ではなくて第一部・第二部・第三部の三部構成になるので年間73番組になるのである。わかりましたか。
 で,この本の著者である読売新聞記者の長井さんはこの全番組を観て記録しようと思い立った,と。この本はその記録である。実はこの模様,インターネットのサイト「江戸ネット」で配信されていて,ワタシもたまぁに読んだりしていたのだがね。
 
 考えてみれば私が最後に末広亭に行ってからもう7,8年は経つ。新宿に仕事場があったころは,煮詰まると「今日はもうヤメ!」とか言って昼の部の途中から寄席に入り,夜の部の途中で出て (長井さんも苦労しているがあそこの時間割りはメシを食うとかにはあんまり都合のいいタイムテーブルではないのだ) ビールをかっくらって…,ウチではなく会社に帰って仕事の仕切り直し(笑),てなことも年に数回はやってたんだが。ああ,こういうのを読むとまた行きたくなるなぁ。
 

「新宿末広亭・春夏秋冬『定点観測』」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 価格: 2,800円(税別)
  • 発売元: アスペクト
  • 人名: 長井好弘
  • 2006/05/01更新
  • 2001/11/03登録
  • 6562クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2003/02/24

密偵おまさ これ、読みたいなーと思っている本です。

通して読んで面白いし,資料としての価値もあると思います,ちょっとは(笑)。

2007/06/04

ぽぽゆり 今日は寄席の日ですねー。半額&うちわのプレゼントもあるそうで。行っちゃおうかな~

つながりキーワード (14)

おもしろいブログ見つけました。 現在新宿三丁目に店を構えているらしいイタリアンのお店が スタッフ全員で辞めて他に店を立ち上げようとするまでの 道のりが書かれているブログです。 リアルタイム...

新宿は3丁目にある寄席。前を通るたびに気になっていたのですが昨日やっとデビューを果たしました。それも、いきなり当日友達と「寄席いきたいなあ」と話していて「じゃ、今日行こう...

よく遊びにいった新宿の寄席です。 よく遊びに、と言っても昼間のは一回だけしか行った事ありません。 あとは全て土曜の「深夜寄席」です。何度も行きました。 深夜寄席とは、...

飲食店ぼでごん亭

  • (ねーじ)

新宿三丁目、末広亭前にある、ツタの絡まったいいお店。端的に言えば、洋風居酒屋。 ここの料理のメニュー自体はオーソドックスですが、きちんと手作りで美味い。(メニュー一例)...

人名・団体名柳家 紫文

  • (almeida)

音曲師という職業らしい。 新宿末廣亭で見て以来、気になってます。 寄席で三味線漫談をする人、と書くとおじいちゃんおばあちゃんの娯楽、というイメージが涌くけど、どちらかというと若者向けの芸...

エンターテイメント落語

  • (密偵おまさ)

先日、はじめて寄席で生の落語を聞いたばかり。 それ以前から、古今亭志ん朝師匠の語りが好きで、CDを聞いたりはしていたのだが・・・。 まさか、こんなに若くして他界されるとは思ってもみなかったの...

寄席というものを、長々と落語を聞くものだと 勘違いしている人が多いんだけど、そうじゃない 13人ぐらいの噺家さんの落語の間に、 漫才、奇術、講談、曲芸、俗曲などの「色物...

ちばけいすけさんのサイト。落語家・寄席などのリンク集。 そのリンクの数もさることながら、サイトの閉鎖・移転なども細かくフォローされてるところが嬉しいです。 暇な時など、ここからいろんなページ...

東京にある寄席の芸人さん(主に噺家)のことを描いた漫画。おそらく実在の人物をモデルにしてあるのではないかと思われる。(全部フィクションだとしたら、漫画家さんに脱帽) 最...

ドイツ料理とドイツワインの店。 http://www9.freeweb.ne.jp/art/keitel... が公式ウェブページとのことだが、どう見てもYahoo! グルメの方が詳しかった...

レジャー花園神社

  • (ゆきるん)

お花見会場候補その3。しかし、危ない目に合いそう。昔、夜桜を見に行ったことがあるけど。

通称「風マン」。モーニング連載中。 立川談志師匠のお弟子さん、立川志加吾氏が執筆中。落語家さんなので、味のある4コマが特徴。 おじいさんが無くなった時は、ホロリとくる人情溢れる4コマだっ...

   今は亡き興津要先生が編集した古典落語全集,講談社文庫から全6巻(上・下・続・続々・続々々・大尾)で出版された。刊行開始は1972年,大尾が74年,総収録噺数197。...

   山藤章二さんの似顔絵をそのままアニメにして古今亭志ん生の高座を再現したビデオをごぞんじの方もいると思う。そのアニメの製作者,小島豊美さんが作ったすごいCD-ROM。...

携帯でこのページにアクセス

「新宿末広亭・春夏秋冬『定点観測』」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-5424

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ