関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ルー=ガル-/きひすべきおおかみ

ルー=ガル-/忌避すべき狼

  • ルー=ガル-/忌避すべき狼の画像

京極夏彦著。
21世紀半ばの社会設定を読者から応募し、それを元に京極氏が小説を書くという試みの本です。
人と直接触れ合う事がないに等しくなってしまった、無機的な都市の中で生まれ育った少女達が主人公。
連続殺人事件をきっかけに、モニタの中だけで形成されていた自分の世界から、徐々に外の世界を知り、人や、モノ、社会とリアルコンタクトしてゆく少女達。
事件がどう解決するのか、少女達はどうなってゆくのか、最後の展開まで目が離せません。
新しい京極ワールド。近い将来はこんな社会かも?と考えさせられる時代設定がおもしろいです。
全然関係ないけど、京極氏が自転車に乗れないというのは本当でしょうかね?

ルー=ガル-/忌避すべき狼

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

まきば画像 投稿者:
まきば
詳細情報
  • メーカー: 徳間書店
  • 年(代): 2001年
  • 価格: 1800円
  • 人名: 京極夏彦著
  • 2001/07/20更新
  • 2001/07/20登録
  • 5520クリック

このキーワードを共有する

コメント (1)

2002/02/13

zbn3000 京極堂シリーズと比べてちょっと読み難かったのは公募→執筆の所為かな?

つながりキーワード (1)

書籍京極夏彦

  • (もじゃー)

本格推理小説から長編小説に移行していった京極堂シリーズは面白い。 推理小説としては姑獲鳥の夏でアガサ・クリスティ以上のタブーをやらかしていると思いますがまたそこがよし。

携帯でこのページにアクセス

ルー=ガル-/忌避すべき狼

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-544

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ