関心空間はスポーツのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

AZ-1

  • AZ-1の画像

マツダがバブル期に発売した車の1つ。軽自動車ながらミッドシップにインタークーラーターボを搭載。外装はプラスチック製でドアはガルウィング。前後44:56の重量配分、400mmの低重心、ロック・トゥ・トック2.2のクイックなステアリング。小さいながらもよくできたスポーツカーです。生産期間は1年ちょっとで、生産台数は4000台くらい。

ちょっと中古相場を調べてみたら70~180万円くらい。しかも100万円以上がかなり多い。希少車なんだなぁ。

AZ-1

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
きよろぐ
詳細情報
  • メーカー: マツダ
  • 価格: 149.8万円(発売時)
  • 2001/11/09登録
  • 8838クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (13)

最新コメント5件

2002/03/09

olmy うふふ。オーナーでした。今は友人が乗っています。さすがに軽は10年近くなると痛みますね...。今新車で売っていたらもう一度買います。それぐらい好きだった。

2002/03/18

t.A.K.u 千葉にあるサンキョウという中古車屋さんの軽専門の店に結構在庫がありました。ここはビートもたくさんありましたよ。僕も買いにったけど、さすがに試乗してみると古さを感じてしまってやめました....

olmy そーですね~、古いといえば古いです。ただなんてーか、機械を操ってる感じがビシビシとクるところがいーですよ~。

2002/09/14

vivi-son 同じくオーナーでした。初めてディーラーから乗って帰るときあまりにクイックなハンドリングで、「真直ぐ走らねー!」って思ったのもよき思い出です。

2002/12/01

ぐちくん 私も元オーナーです。初めて乗ったときのハンドリングも壮絶でしたが(自宅まで距離70km)、低視線によるスピード感で涙がちょちょぎれました。純粋に走りを楽しめる稀少車でしょう。

つながりキーワード (16)

初度登録が、平成5年6月ということなので年齢17才のBEAT君を、運命的に買いました。 version Z 雨漏りは覚悟。 故障も覚悟しつつ。 オートテラスという、メー...

自動車・バイク・自転車AZ-1

  • (ぐちくん)

最高傑作のアホな軽自動車にして、私の最も愛しい車。残念ながら家族が増えたせいで(ぉぃぉぃ)手放したが、街中で見かけるたびに「オレのAZ-1~」と叫ぶため、妻からは毎回怒られる。  軽ならで...

自動車・バイク・自転車サブロー

  • (夜の撃墜王)

AZ-1にアドオンでボディを載せた車 詳細は謎が多そうですが、ピニンファリーナのプレートが付いていたり、アバルトもどきのホイールを履いていたり、ホント不思議な車です。 残...

自動車・バイク・自転車HONDA BEAT

  • (nabe!)

おもしろい車が欲しい・・・と思っていたのだが、半年あまり考えた末、2002.02月購入。田中むねよし氏の「BOLT & NUTS」にもBEATが出てきたことも背中を押して...

自動車・バイク・自転車AZ-1

  • (vivi-son)

古きよき時代にオートザムブランドから発売された和製スーパーカー。ABC御三家(ビート、カプチーノ、AZ-1)の最後発モデル。 あらゆる意味でスーパーなクルマだった。 発売...

待ってました! スマートのパワーユニットを使った2座席超小型スポーツカー。 数年前、ケーススタディがショーに出展されていましたが、ほとんどそのままの形で市販化されそうで...

世界一有名な、思わず頬が緩むほどの気持ちよさを体感させてくれる、オープン2シーターのライトウェイトピュアスポーツカー。かつ、僕が手に入れた最初の車です。 車を操る歓びは...

たのみこむにて賛同者募集中! やはり、元オーナーとしては買わなくてわ~(笑)

3台目の愛車…になる予定だった車。 バブルの頃、マツダは1800ccのV6なんて不思議なエンジンを開発。それをこの、ちょっとイタ車のような不思議な車に載せました。 当時、...

(プレッソよりつづく) 3台目の愛車。 AZ3を試乗に行き、ちょっとイメージと違ったな~と思ったところに、隣にあった車。なんとなく試乗して非常に気に入り、その場で購入決定...

自動車・バイク・自転車Honda BEAT

  • (buluman)

製造中止後何年も経つのに人気が衰えない、ホンダビート。自分の車になってからはまだ1年と数ヶ月なんですが、ますます好きになってしまっています。なにげに冬でオープンでもヒータ...

グラッシィ・キャビン、ガルウイング・ドア、スーパーライブサウンドシステム…。 90年代初頭の名車であり迷車。 何でこんな車をなんていわれることもあるが、車ってのはスピード...

人名・団体名M2

  • (kamba)

MAZDAの実験工房。企業内企業、だからM2?環八のパルテノン神殿張りの建物は有名。デザイン過程を消費者に見せ、フィードバックを得て車を作っていくという実験的なスタイルの...

最も好きなクルマ。 それがSERAです。 札幌から東京へ引っ越す際に、やむなく手放してしまった今でも、最も愛しているクルマです。 クルマに興味の無い人でも一度見たら絶...

自動車・バイク・自転車AE86

  • (TOMO*)

1600cc、NA直列4気筒、トヨタ最後のライトウェイトFR。カローラレビンとスプリンタートレノの2タイプが存在する。頭文字Dの影響もあり昭和の車なのにいまでも絶大な人気...

スポーツユーノスコスモ

  • (披露 ことみ)

2ローターのロータリーエンジンを搭載した初代コスモスポーツから23年後の1990年、3ローターのロータリーエンジンを搭載して発表されたマツダのフラッグシップカーの1つでした。当時はマツダに限...

携帯でこのページにアクセス

AZ-1

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-6092

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ