関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

エンキ・ビラル

Enki Bilal

  • Enki Bilalの画像

1951年、ユーゴスラビア生まれ、10歳でパリに移住。
19歳でマンガデビュー。「憂鬱なるメビウス」とも言われていたが、独自の世界を確立して現在に至る。多数の画集やバンド・デ・シネだけでなく、「バンカー・パレス・ホテル」や「ティコ・ムーン」といった映画制作にも手腕を揮う。

Enki Bilal

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

ぬほりん画像 投稿者:
ぬほりん
詳細情報
  • 地域: France
  • 年(代): 1951~
  • 2001/11/10登録
  • 5533クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2002/03/21

リリ エンキ・ビラルの描く 女子に憧れて、ボブヘアを通しています。

ぬほりん 勝手に激しく想像中。(笑)

2003/07/13

Rume パリに行ったときに、バンド・デシネのお店で絵葉書を見つけてからファンになりました。  絵の温度の低さが好きです。

2004/04/20

いづみ33 あ、ティコ・ムーンもこの監督でしたか。そういえば、ゴッド・ディーバと感じが似てなくもないですね。

つながりキーワード (9)

映画・ビデオGOD*DIVA

  • (いづみ33)

洋菓子の「ゴディバ」ではありません(笑)(ここのキーワードで検索かけたら、チョコの方しか出ませんでした)。 主な登場人物数人以外の登場人物はすべてCGという、異色作。全...

フランスのバンド・デシネ(漫画)作家エンキ・ビラル(Enki Bilal)が 自らの作品『ニコポル三部作』(La Trilogie de Nikopol)を 映画化してし...

ベルギーの首都、ブリュッセルにある漫画博物館。 ベルギーやフランスの漫画はバンデシネ(BD)と呼ばれていて、ハードカバーで絵本のような作りの本は美しく、アルバムと呼ばれて...

フランスの漫画家(ユーゴスラビア出身)。『ニコポル三部作』(La Trilogie de Nikopol)など。現在、自身が原作の『罠の女』(La Femme Piege...

エンキ・ビラルのBD『罠の女』『冷たい赤道』に出てくる。ジル・ビオスコップの持ち物で名称はH.L.V.(正式名称は不明)。アルフェラジアン人の恋人・ジョンが彼女に残してい...

フランスの漫画家、エンキ・ビラルが監督のSF映画。 ただし、ハリウッドみたいな特撮バリバリを期待してはいけない。これはフランス映画なのだから。衣装、小物のこだわりはすごい...

フレンチコミックのことデス。エンキ・ビラルとか日本でも有名ですよね。この人監督とかもやってます(ティコ・ムーンとか)。 フレンチコミックはなんつっても絵が魅力です。漫画っ...

私の心の師匠であります「寺田克也」氏が新企画進行中だそうです!以下ご本人談「この20年くらいのスケッチブックからセレクトしたラクガキを1000P集めた画集でございます、も...

美術Moebius

  • (ぬほりん)

1938年パリ生まれ。ジャン・ジロー(Jean Giraud)、別名メビウス。言わずと知れたバンド・デシネ・アーティスト。ビジュアル・アートやコミック、はたまた映画の分野...

携帯でこのページにアクセス

Enki Bilal

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-6358

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ