関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

すとぉん ふらわぁ

「Stone Flower」

  • 「Stone Flower」の画像

 
 日本の誇るジャズ・ピアニスト山下洋輔が1995年にブラジルを訪れ,現地のミュージシャン達と共に A.C.Jobim の曲を演奏したコンサートのライブ盤にしてJobim へのトリビュートアルバム。全8曲のうち7曲がJobimの作品で,最後の一曲は「Homege To Jobim(Jobimへの捧げもの)」と題された山下さんのオリジナルという構成になっている。
 
 なお,このコンサートで改めて「Jobimにはまった」そうで,翌年レコーディングした「目を見はるキャンバス」でもJobimの曲を2曲とりあげている。
 

「Stone Flower」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 発売元: ビクター・エンタテインメント
  • 年(代): 1995年 (発売は1997年)
  • 人名: 山下洋輔
  • 2006/05/01更新
  • 2001/11/13登録
  • 2684クリック

このキーワードを共有する

コメント (4)

2001/11/14

mic007 以前読んだ、海外ツアーの裏話のエッセイがとても面白かった。いい顔だ。

2002/02/25

それって「摩天楼秘帖」かな? 乱入してまわるヤツ?

2002/02/26

mic007 なんつったけな。ドイツのスケベニンゲンでライブしてスケベがどうたらってハナシ満載だった。

ドイツだと「洋輔旅日記」あたりですかね,ニューヨークを舞台にした「風雲摩天楼秘帖」が傑作でっせ,にいさん(と知らず知らずポン引き口調になる)。

つながりキーワード (8)

CD・レコードCasa

  • (せいあ)

おしゃれなボサノバ。アントニオ・カルロス・ジョビンの曲を坂本龍一がアレンジするという、まるで夢のような企画です。夏だからとか、流行だからとかいった理由だけじゃなくて、ずっ...

和太鼓ソリスト林英哲とジャズピアニスト山下洋輔との共演を鎌倉芸術館大ホールで収録したDVD。 CDと同時発売だが、絶対DVDがオススメ。5.1chドルビーデジタルという音...

名盤として誉れ高い『WAVE』の3年後に発表された。 続編としても位置づけられているようだ。 WAVE 程のインパクトはないかもしれないが メローでスムーズ、これはこれで...

ふらぬけしーさらねのこんばにききとして こむにのやかた ないんめげりん<さんしょうた

抱腹絶倒のジャズエッセイ。僕が十代の頃に「自分が面白いと思う事象」をはぐくむ上で「基準」となってしまった本。

名盤シリーズ最新作はまたしても「夏モノ」で。邦題『波』もまた理屈抜きに素敵です。60~70年代に多くのイージーリスニングジャズ(?)を世に送り出したクリード・テイラーのレーベル、CTIからリ...

   山下洋輔入魂の大冊。幕末小説にして落語,落語にしてノンフィクション,ノンフィクションにして幕末小説の三位一体。過去と未来,先祖と子孫,聖と俗,音符と言葉と物体と観念...

フリガナ省略(笑)。 『SAKAMOTO』ってあるので、想像通り、坂本龍一編集のボサノヴァのアルバムでしゅ。 いいのだょ。スタンダードなやつがタークサンタークサン入ってて、仕事中音楽(思...

携帯でこのページにアクセス

「Stone Flower」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-7094

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ