関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ジャックスの世界

  • ジャックスの世界の画像

1968年、日本ロックの誕生はジャックスから始まった。

早川義夫が率い、ギター 水橋春夫、ベース 谷野均、キーボード 木田高介。後にドラムスにつのだひろが加わる、元祖「伝説のロックバンド」である。

60年代末、すでに欧米では単なる8ビートの循環コードを基本とするポップはもはや「ロック」とは呼べなくなっていた。既成の芸能ポップの秩序を解体する意志を備えていることこそが「ロックの定義」となったのである。ロックは、その精神性や思想、芸術性を問われるようになったのだ。

当時の日本のポップにはこの様な潮流を消化するだけの「ロック」は存在しなかったが、状況を打破しアンダーグラウンド・シーンから出現したのがこの「ジャックス」である。
先だっての反体制カルチャーはフォークブームを生んでいたが「ロック的シーン」を初めて身に付けたジャックスの登場なしには「ニホンのロック」の誕生は遅延の憂き目となったであろう。

暗きロックの香りという点では「はっぴいえんど」より遥かにカッコいい。はっぴいえんどが、<声><技術>であるならば、ジャックスは<サングラス><黒い海の底>がテーゼとなる。
(はっぴいえんど/日本語ロックに挑戦したという点で彼等は最重要であるが、香りより実験性が優っていると感じる。これもまた、黎明期には早すぎた成熟)

さて、ニホンロック元年1968年に発表されたアルバム「ジャックスの世界」は、闇に響くドラムが印象的な「マリアンヌ」で始まる。絶望感の「からっぽの世界」、「裏切りの季節」、情熱の「われた鏡の中から」、無常感を描いた「ラブ・ジェネレイション」等からなる。早川義夫の泥の様に心を覆うボーカルが耳から離れない。

数年後の、日本を席捲するであろうミュージック・シーンを夢見た少年期であったが数十年たった今も、それは成就していない。見る前に跳べ!「ロック」は何処へ。

ジャックスの世界

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

mic007画像 投稿者:
mic007
  • 2001/11/14登録
  • 8392クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (18)

最新コメント5件

2002/03/12

mic007 逆説で刃向かってみせるのが、根拠もなくロックな正論と思っていたあの頃。ヒネたウイスキーを舐めていたワシ。なんてかっこわるいんだろう。

[spock] かっこ悪いことがかっこいいわけでもないし、かっこよく生きるってほんとうに難しいですね。悟ればかっこいいのか?そうでもないよなあ。はああ。

mic007 コメントがクサかったと思われ、恥ずかしいワシ。でも、独自のサタンスがとれ得る御仁はかっこいいものですな。spockさんの空間も独自性に溢れておられる。

[spock] いや。コメントは的を射ていると思いますよ。『闇に響くドラム』っていうのが実感として良くわかります。

2002/09/27

雲衣。 70年夏。大阪城公園で開かれた「反博/反戦のための万国博」のステージに上がったベースギターのネックには毛沢東バッヂが赤く耀いていた。

つながりキーワード (14)

ジャックス2ndにしてラスト・アルバム。水橋春夫はすでに脱退しており、発表時すでに解散状態だった。聞いてみればわかるとおり、早川義夫は自作の六曲以外にはまったく録音に参加...

 2枚組のライヴ・ベスト。何気によく聴いています。  発売と同時期に出版されたエッセイ集「たましいの場所」を読んで、無作為に心のままを解き放つことのできる本物の凄みを思い...

早川義夫著 愛聴本。 文庫本あり。

人名・団体名岡林信康

  • ([spock])

● 反体制フォークソングの旗手であり、『フォークの神様』『教祖』などと呼ばれた。 部落出身の女性を捨てて、吉田日出子と駆け落ちした。 柳田ヒロバンドやはっぴいえんどをバッ...

同名のテレビ番組のことをディレクターの森達也さんとデーブ・スペクターさんが書いた本。 放送禁止というメディアの自己規制を調べていくうちに、部落差別というキーワードを解き明...

ジャックスのリーダーであった早川義夫氏のソロアルバム。 なんといってもやはり第一にCD(もしくはレコード)の「能書」がすばらしい。 『僕はこのレコードをどうしても流行に乗...

4/26はヰタセクスアリスがバックを務める早川義夫さんのライブを見に南青山のマンダラへ。 前日スハラさんの代理でベースを担当しているシノワのアツザワ君から連絡をもらって「ライブの後、早川さ...

60年代、若松孝二監督による日活ロマンポルノ。 ポルノと言うのかどうか? 確かに裸の男女は出てくるけれども、少年と少女の恋のメルヘンだと思う。 ジャックスのような雰囲気をもつ曲(彼のほかの作...

ノンカテゴリーMy名盤

  • (solar)

 すでにほかの人が挙げているCDやレコードで、ぼく自身も大好きなアルバムや曲をリンクしてみました。だれも挙げていないものは、自分で自分の書いたコメントにリンクする予定。

兄弟で一緒に仕事するってどうなのけ? お互いが同じ情熱を持ってて、しかも仕事になるなんてうらやましい限り。 たとえばピンカラ兄弟、タヴィアーニ兄弟、 ほんでコーエン兄弟。 映画関係は兄弟で...

風街ろまんは、4人の才能が大爆発って感じだけど、こちらのファーストアルバムの方は、4人の才能開花前という感じ。一曲目の「春よ来い」で、いきなりつげ義春というか永島慎二の世...

70年代音楽世代の星。 1977年、トム・ウェイツの初来日を主催することから始った、いわゆる呼び屋。 サザンロックやウエストコーストロッックを中心に、決してメジャーではな...

雑誌宝島

  • (NUE)

といっても大昔の宝島。今、Kioskで売ってる同名の雑誌とはまったく180度ぐらい違う。版元は同じなんだけど、写真は手元にある中ではいちばん古いもので、昭和49年7月号(...

1968、The Bandのファーストアルバム。 私がブリティッシュ・インベィションから逃れ、 アメリカン・ロックも聞くようになったキッカケがこれ。 どうカテゴライズして...

携帯でこのページにアクセス

ジャックスの世界

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-7432

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ