関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

461おーしゃんぶるーゔぁーど

Eric Clapton『461 Ocean Boulevard』

名盤シリーズの第4弾。クラプトンと言えばやっぱりクリームなんだけど、このアルバムはそれらを超えるぐらい突出しています。まさに「クラプトンにしか作り得なかったアルバム」がコレ。燦々と照りつける太陽の光が眩しくも心地良い、全編そーゆー音で埋め尽くされています。やっぱり暑い時は無理をせずボチボチいきたいもんですナ。そんな中にでもスリルや緊張感が存在することはこのアルバムで証明されていますし。やっぱり「レイド・バック」だよなぁー、これからは・・・。『アンプラグド』以降の「いいオヤジ・クラプトン」しか聴いてない方は必聴!あ、勿論クリームもだけど。

Eric Clapton『461 Ocean Boulevard』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

披露 ことみ画像 投稿者:
披露 ことみ
  • 2001/08/06更新
  • 2001/08/05登録
  • 4370クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (18)

数あるエリック・クラプトンのライブDVDの1枚でございます・・・が。 マーク・ノップラーが脇を固めているという豪華版です。 マーク・ノップラーのギターがかっこ良すぎでござ...

ロンドン西部にある公演会場。過去のおもな出演者は:Daryl Hall & John Oates, Duran Duran, Blur, Johnny Cash, She...

1968年発表の最後のスタジオ録音とフィルモア実況録音によって構成された2枚組アルバム。 ジャケットにはゴチャゴチャした絵が描かれ、更に内側は極彩色で描かれ、サイケデリ...

「神様・クラプトン」は、神様なのにとっても謙虚な方… 「ブルースの巨人」の前で、少年のようになってしまわれるのですね(=^_^=) とにかく、巨匠二人が楽しそうで嬉しそう...

つい先日、ブドーカンで久々に再会(一方的にだけど)。 世界ツアー引退の噂もあり、東京公演最終日に行ったのである。 席は殆どバックステージ側で、クラプトンの後頭部しか見れな...

マジ!? 先日、喉頭ガンで入院していたGeorgeが「余命一週間である」という報道がイギリスのSunday Peopleでされている(http://www.people...

1970年代のベストアルバムは?と訊ねられたらこのアルバムを出す人はかなり多いのでは? 全体としてはいかにもアメリカのカントリーロックバンドという感じですが、なんといっ...

   私がミュージシャンズ・ミュージシャンという言葉を知ったのはこのヒトについて書かれた文章だった。 クラプトンやベックなど,当代一流のギタリストたちが尊敬し,敬愛したギ...

スーパーアウトフレージングギタリスト、Scott Henderson とスーパーベーシストの Gary Willis のユニット Tribal Tech の幻のアルバム(廃盤)。この世で最も...

ミュージックJanet Jackson『janet』

  • (披露 ことみ)

どうしても「マイケルの妹」的に見られがち(少なくとも当時は今よりそうだった)だった感を一気に払拭する傑作。アルバムタイトルにもその思いが出ているとか・・・。個人的に一番感じたのはそれまで「い...

名盤シリーズ最新作はまたしても「夏モノ」で。邦題『波』もまた理屈抜きに素敵です。60~70年代に多くのイージーリスニングジャズ(?)を世に送り出したクリード・テイラーのレーベル、CTIからリ...

Beatles、KISSなどが好きだった中学時代。雑誌ミュージックライフを読んでいると、どうしても気になるアルバムジャケットがあったんですよ。 どうしても気になるそのアル...

1959年生まれのフィンランド人ラリードライバー。WRC通算23勝,世界チャンピオンは通算4度でした(^_^; 大阪豆ごはんの主人公,湯葉さんのモデル。 日本のメーカー...

オレのLifetime favorite。売れたのは1stの方だけど,オススメは絶対こっち。マジでアメリカン・ロックの最高到達点の一つだと思う。小田和正が「愛を止めないで...

いきなり一曲目のMotherで始まるJohn Lennonのファーストソロアルバム。通称じょんたま。 このアルバムはBGMとしては絶対に聴けない。できれば、夜に部屋の明...

名盤シリーズの第5弾は引き続いて「夏モノ」で。私自身、レゲエそのもののに凄く思い入れがあるわけではないのですがB・マーリーは特別なんですよね。もはやレゲエ・ミュージシャン...

ミュージックZIGGY STARDUST

  • (ホリヒュー)

グラムロックの大傑作!デヴィッド・ボウイが72年に発表したアルバム。彼がロックスター「ジギー」に扮し、架空のバンド「スパイダーズ フロム マーズ」を率いて繰り広げられる世...

プリンスはやっぱコレですね? 『Around the world in the day』と『Sign of the times』もかなりイイんだけど。聴いた回数でこっちの勝ち。 大ヒットアル...

携帯でこのページにアクセス

Eric Clapton『461 Ocean Boulevard』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (1)

Eric Clapton 「461 Ocean Boulevard」(1974)

  • 音楽の杜 | Tracked: 08.3.5 11:44 pm

程よくレイドバックしたECカムバック作 1970年代前半、クラプトンは薬物依存症に陥ってしまいます。 盟友ジミ・ヘンドリックス、デュアン・オールマン等の死、そして親友ジョージ・ハ...

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-751

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ