関心空間はグルメのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ネバリジャズキッサ・マサコ

ねばりジャズ喫茶・マサコ

下北沢の旧・忠実屋裏にあるジャズ喫茶『マサコ』は
何時間ねばっていてもオッゲー。
かかる曲もごきげんだし、マンガやジャズ本もたくさんあって、時間つぶしに最適ね。
ほんで、店に入ると気分は70年代ざますよの。

ねばりジャズ喫茶・マサコ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

bibibi画像 投稿者:
bibibi
詳細情報
  • 地域: 東京・下北沢
  • 年(代): かなりの老舗だと思う
  • 2001/11/14登録
  • 3343クリック

このキーワードを共有する

コメント (11)

最新コメント5件

2001/11/15

NUE そうかー、写真撮っておけばよかったねぇ。残念。

bibibi う~ん、残念ざます。

いちにー 猫はいつもごろごろいますです。

2001/11/17

mic007 おー、新着に気が付かなかった。 マサコでカムイ伝読破。でも、長居すると追加注文のお知らせありだ。夏はクーラーが威力でさぶい!サルにびっくり。(凶暴なのよ)ネコも太かった。

2001/11/19

mic007 主のマサコさんはだいぶ前に亡くなったが、小柄な割に横に太くJAZZ然としたルックスだった。 脚にフィットした派手なマンボズボンをいつも着用していて、俗称「シモキタマンボ」と呼ばれていた。(横須賀マンボと同種)

つながりキーワード (7)

下北沢にある老舗JAZZ喫茶。 一見ちょっと入りにくそうなんですが、入ってみると・・・ レトロな雰囲気。 大きなスピーカからの大音量のJAZZ。 そして、大量の漫画や雑...

60年後半~70年代に東京で青春を送った、JAZZ大好きな青年達には神田神保町にあった伝説のJAZZ喫茶「響」はおそらく、ご存知だと思います。 その後、大木マスターはお店...

 今、下北沢の街を根底から破壊するような大規模な道路建設計画が動き出そうとしています。2003年2月に、東京都と世田谷区は環7(幅25mと同等の幅を持つ“都市計画道路補助...

1977年頃から『週刊少年サンデー』で連載のギャグマンガ。作者は田村 信。 うだ~っと読んでいるうちに、イヒイヒ笑わせられてしまうナンセンス。 主人公はちゃっぷまん(モヒ...

やはりマンガ家さんではこの人をはずせない。作品はもとより、存在そのものの魅力がある。1996年の事故以来休筆中。作品で言えば『リバーズ・エッジ』(宝島社、1999、905...

雑貨マサコ石鹸

  • (えりりん)

石鹸好きな雅子さんが、バリに嫁いで、上質なココナッツオイルに出会って作った100%ナチュラルココナッツ石鹸。私は、石鹸はもとより写真の石鹸シャンプーも、ずぅ~っと愛用して...

西荻窪に1974年からある老舗のライブハウス。ジャズだけでなく、ロックなどもやる懐の深さは、この規模のライブハウスにしては特筆ものだと思うけど。 オーナーは言わずと知れ...

携帯でこのページにアクセス

ねばりジャズ喫茶・マサコ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-7536

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ