関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ヴァレリー・アファナシエフ

ヴァレリー・アファナシエフ

1947年モスクワ生まれ。モスクワ音楽院でエミール・ギレリスほかに師事。68年ライプツィヒのバッハ国際音楽コンクール第1位、72年ブリュッセルのエリザベート王妃国際コンクール優勝。73年モスクワ音楽院を卒業後、74年ベルギーへ亡命。近年は指揮者としても活躍している。
 日本には83年、ギドン・クレーメルの共演者として初来日。87年、第3回<東京の夏>音楽祭で初めてソロ・リサイタルを行い、熱狂的な反応を呼び起こした。レコーディングでは、デンオンから約20枚のCDをリリースしており、92年には「ブラームス:後期ピアノ曲集」がレコード・アカデミー賞器楽部門を受賞。
 アファナシエフの活動は、ピアノ演奏に留まらず、シアター・ピース<アンコール>を書く作曲家であり、「失踪」「バビロンの陥落」などの小説も発表する文学者でもある。ボルヘス、ベケット、カフカ、ジョイスなどを愛読するなど、高いインテリジェンスの持ち主。パリを拠点に活動。
 最近(2001-10)、「音楽と文学の間」(論創社)という著作・対談集が出版された。あわせて日本公演を行ったが、ホントすばらしかったです。

ヴァレリー・アファナシエフ

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
misteryen
  • 2001/11/14更新
  • 2001/11/14登録
  • 1596クリック

このキーワードを共有する

コメント (0)

まだコメントされていません。

つながりキーワード (0)

まだキーワードがつながっていません。

携帯でこのページにアクセス

ヴァレリー・アファナシエフ

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-7702

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ