関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ねくらとぴあ

「ネ暗トピア」

  • 「ネ暗トピア」の画像

 
 1980年「漫画エロジェニカ」でデビューした,いがらしみきおのたぶん最初の単行本。この「ネ暗トピア」は全7巻,1985年まで発売された。7巻の巻末に休業の弁があり,その後の実験作「BUGが出る」(これ,傑作だと思うんだけどね),そして「ぼのぼの」へと続くわけである。うーん,今読み返してもすごい。ちなみにカバー折り返しにある著者近影(鼻の穴にタバコを刺して写ってる)の上には「まんが界の"スタン・ハンセン"」と書かれている(笑)。
 
 古本屋で見かけたら迷わず買い!
 

「ネ暗トピア」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 人名: いがらしみきお
  • 年(代): 1982年
  • 発売元: 竹書房
  • 価格: ¥400
  • 2002/03/15更新
  • 2001/11/14登録
  • 8506クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/11/15

おが このときには、ぼのぼのは考えられなかったですよねぇ。いがらしみきおではこれが一番好きだったっす

2002/03/15

私は「BUGが出る」で「矢印だけのマンガ」を見たとき,ああギャグの極北まで来てしまった。めちゃくちゃ面白いけどこれからどーするんだろ,と心配しました。「ぼのぼの」で来るとは思わなかった(笑)。

つながりキーワード (13)

「ぼのぼの」の いがらしみきお が放つサイコスリラー。 そういえば今年は古屋実の「ヒミズ」もあったし、ギャグ漫画ってのは、きっと自分の心の中をえぐり込むような作業なんだ...

モスバーガーのフリーペーパー「モスモス」で連載されていたいがらしみきお氏の漫画。角川書店から単行本が出ています。大好きで定期的にモスに通ってました。 内容はといえば、3歳...

私は、いがらしみきお作の漫画「ぼのぼの」の中に出てくる"ショーねえちゃん"というキャラクターに似ていると言われている。ショーねえちゃんは乱暴者である。だから私とは似ていな...

70年代末から80年代初頭にかけ、一世を風靡した、アングラ雑誌群のこと。 書店で売れないヤバイ本は自動販売機で売っていたが、その販売機で売る雑誌を作る零細出版社が群雄割拠していた。 もちろ...

モスバーガーのフリーペーパー「モスモス」に連載(1991-96)された、いがらしみきおの漫画。 同じ大きさの真四角のコマがずらっと並ぶ。3歳の女の子、もいじーちゃんが、もったいつけながらバナ...

   1981~84年,「近代麻雀オリジナル」に連載,かわぐちかいじ竹書房時代 (笑) の傑作である。阿佐田哲也,小島武夫,古川凱章ら実在の人物をモデルにした麻雀界の動向...

なんかほのぼのするマンガです~♪ 【アニメのぼのぼの】 http://movies.yahoo.co.jp/m1?...

漫画家いがらしみきおさんのウェブ漫画。独特の世界観でついつい全部読んでしまいました。はやく続きが読みたい。ちょっと摩訶不思議系です。

ホームページSINK

  • (ウラウラ)

「ぼのぼの」でおなじみの、いがらしみきおが描き下ろす漫画。ウェブ上で連載中。しかもタダ。無気味面白い。月いちのはずが最近は不定期になってきてて、忘れたころに更新されている。

いがらしみきおが連載している四コマ漫画。独特の間と個性的なキャラクター、そして少しだけ哲学を語たるこの漫画は現在 16 年目、20 巻を越えて連載が続いています。僕はぼの...

   鬼才ひさうちみちおの,かなり初期の短編集。といっても「初の」ではない。というのは,同じ「罪と罰」という題名で収録作品が若干違うもっと判型の小さい単行本を持っていたこ...

   天才いしいひさいちの作品集。第1巻は1983年の発行であるから,もう20年続いていることになる。改めて読み返してみると絵柄も徐々に変わって来ているし,1巻のころには...

   「ぼのぼの」のいがらしみきおがネット上で公開している新作漫画,長く続けて来た4コマの軛を離れ,またギャグを離れたまさにいがらしみきおの新展開である。恐い,恐い,目が...

携帯でこのページにアクセス

「ネ暗トピア」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-7841

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ