関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

こてんらくご

興津要編「古典落語」

  • 興津要編「古典落語」の画像

 
 今は亡き興津要先生が編集した古典落語全集,講談社文庫から全6巻(上・下・続・続々・続々々・大尾)で出版された。刊行開始は1972年,大尾が74年,総収録噺数197。それでも収録されていない落語がいくらもある。
 現在は講談社電子文庫に所収,電子出版物として購入可能。興津先生,あの世で吃驚しているだろうなぁ。
 
上:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
下:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
続:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
続々:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
続々々:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...
大尾:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/...

興津要編「古典落語」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 発売元: 講談社
  • 年(代): 1972-1974
  • 人名: 興津要(おきつかなめ)
  • 2006/05/10更新
  • 2001/11/15登録
  • 6646クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2002/03/08

こぶく これは中学校時分のバイブルでした。なつかしー。

私の住んでたイナカの本屋で取り寄せてもらうのにえらい苦労しました,本としてはウチの長老かも……あ,手塚治虫「火の鳥」の方が先か。

2003/02/25

密偵おまさ 古本屋さんなどで目下収集中です。

つながりキーワード (13)

エンターテイメント落語

  • (密偵おまさ)

先日、はじめて寄席で生の落語を聞いたばかり。 それ以前から、古今亭志ん朝師匠の語りが好きで、CDを聞いたりはしていたのだが・・・。 まさか、こんなに若くして他界されるとは思ってもみなかったの...

人名・団体名柳家小三治

  • (こぶく)

中学校時分落研だった私が愛して止まない噺家さんのひとり。貫禄十分の展開で「じわり」という笑いを与えてくれます。特に芝浜が好きです。

   藤子・F・不二雄作「21エモン」でデビューしたイモ掘りロボット。労働ロボットとして工場で生まれたが,電子頭脳の具合が悪くて使いものにならず,山奥でイモ掘り専門ロボッ...

雑貨やかん

  • (koseki)

最近やかんを買いました。 「やかん」って変な語感だなあと思って検索してみたら「薬缶」で全然おもしろくなかったのですが、ご隠居に「やかん」の語源を聞く落語があることを知りました。 http...

角川文庫から昭和49年前後に発行された全11冊のシリーズ。1~9巻までは落語協会編、10巻の上方ばなしは上方落語協会編、別巻の艶笑江戸小ばなしは藤井宗哲編となっている。 これのいいところは、...

落語の"花見酒"をネタにケインズ理論を説明するなど、ちょっと変わった趣向のケイザイ学の本。残念ながら絶版になっているようですが、古本屋さんで見かけたらちょいと手にとって見...

   昔ある漁村でこれが網にかかったが誰も名前がわからない。困った土地の役人がおふれをだして魚拓を示し,この魚の名前を知っているものは名乗り出よ,褒美に百両をつかわす,と...

   落語に「時そば」というのがある。あ,関西のヒトはうどんバージョンで覚えておられるかも知れないが,夜泣きそばを食った客が勘定の途中に時刻を聞いて払いをごまかす,という...

人名・団体名桂枝雀

  • (ご隠居)

NHKの連続ドラマ「ふたりっ子」などに役者としても活躍した落語家桂枝雀はその生真面目さから極度の鬱となり1999年4月19日に自殺した。今日の日経新聞“私の履歴書”で師で...

通称「風マン」。モーニング連載中。 立川談志師匠のお弟子さん、立川志加吾氏が執筆中。落語家さんなので、味のある4コマが特徴。 おじいさんが無くなった時は、ホロリとくる人情溢れる4コマだっ...

人名・団体名柳家喬太郎

  • (田中ひよこ)

2000年3月21日に真打昇進。師匠は柳家さん喬。10年に1度の逸材。の他の難しいことは全然分かりません。が。真打昇進披露興行に誘われ、何事も経験と見に行ってみたら、惚れ...

   新宿にある寄席,末広亭に一年間通い (実際には身体を壊してスケを頼んだりしてるが) ,年間73組ある番組全部を記録した労作というか怪作。  そのミチに明るくないヒト...

   山藤章二さんの似顔絵をそのままアニメにして古今亭志ん生の高座を再現したビデオをごぞんじの方もいると思う。そのアニメの製作者,小島豊美さんが作ったすごいCD-ROM。...

携帯でこのページにアクセス

興津要編「古典落語」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8185

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ