関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

セカイシ

世界史

オカルト系の超古代文明から現代史まで、基本的には何でも好きです。
ただし最近の興味は近世~近代ヨーロッパ(三十年戦争からドイツ統一付近まで)、と古代ローマ、あとそれとは別枠でインドネシア史。
博物館巡りも結構好きです。

何か気づいてみたらこのキーワードのリンクが圧倒的に一番多い(^_^。
結構貴重な情報とかも集まってますね。

世界史

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
永遠の旅人
  • 2001/11/22更新
  • 2001/11/15登録
  • 5879クリック

このキーワードを共有する

コメント (8)

最新コメント5件

2001/11/17

おが 私も学生のときは歴史って嫌いだったけど、中年になって(苦笑)、興味が出て来たなぁ。三内丸山遺跡にも行ったしね(http://www.kanshin.com/index.php3?...

おが 宗教史なんかがわりと好きですねぇ。あと、世界史と日本史やアジア史の対比みたいなのにも興味ありますねぇ

永遠の旅人 いわゆる比較史ってやつですか?>おが

おが そうですね(^^)。アカデミックな興味ってよりは、単なる好奇心みたいな感じですけど(^^;

もも 美術史は、素直にすきですな。あと、変わったところで伝統工芸の歴史とかも(とくに染織はおもろい)

つながりキーワード (35)

在日コリアン3世の監督が見たチベット。彼らが命がけで守ろうとしているものは一体何なんだろう? 監督・撮影:キム・スンヨン(金昇龍) プロデューサー:キム・スンヨン、田中...

ヒットラーとも発語される。ファシズム、ナチズムの総本家。 日本の右傾化、保守化に伴い、この人物の《隠れファン》が増えている(特に、閉塞感や欲求不満や挫折感を味わいやすい環境にある、ノーブラ...

書籍ガリア戦記

  • (永遠の旅人)

古代ローマの将軍カエサルが、ガリア(今のフランス・ベルギー)を征服した際の記録。古代のフランス・ベルギー・ドイツ・イギリスの様子を知る第一級の史料。 紹介文によると上の...

藤本ひとみ歴史小説の最高傑作(私見)。 時は18世紀前半のヨーロッパ。ユダヤ人であるがゆえに差別と偏見に悩まされるエリヤーフーは、身分を棄て名前を偽り、オーストリア人と...

パラノイア大好きな荒俣宏が世界の奇人を集めた作品。 ・南方熊楠と仲間たち ・海の向こうのエキセントリック   ホーキング、ウィリアム・ブレイク、ピーター・ウィトキン、チャ...

各時代・テーマごとに、兵士の装備や軍の構成・戦術について書いている本のシリーズ。 カラー・白黒の絵がふんだんに使われていて、見ているだけで楽しく、薄い本なのだが高さを感じ...

ローマ期を代表する建築の一つ。2000年近くにわたり、多くの人々のイマジネーションを刺激しつづけてきた建築です。 パンテオンとは「万有神殿」あるいは「すべての神の神殿」...

トルコ中央部にある、奇石をくり抜いた住居群で有名な場所。洞窟教会、地下都市などもあるらしい。(ううっ、引かれるキーワード続出!) もともとは、イスラム教徒からの迫害をの...

海外旅行敦煌

  • (鈴音)

昔『敦煌』という映画を見た。たしか西田敏行さんが出てた。そのロケ地が今も遺跡のようにここに残っている。 ここで有名なのは莫高窟。山の崖っぷちに横穴を掘って、1000こぐら...

自分の登録済みキーワードに関係あるものが登録される(もしくは登録されているのを発見する)と、何でもかんでもリンクしたくなる人のこと。 実は私がこれで、登録キーワード数よりリンク数の方が遙かに...

ムガール帝国首都として栄えた町アグラを臨む 美しい白い大理石のイスラム建築。 皇帝シャー・ジャハンが妻の死を悼み ペルシャやアラブから凄腕建築家&職人を集めて 22年かか...

中国では始皇帝が行った禁書政策、所謂「焚書坑儒」が有名ですが、中国ではその後も禁書は屡々行われました。本書では正史等から禁書の歴史を抜き出した「禁書の通史」とも言える本です。 訳者前書きに...

書籍想像の共同体

  • (永遠の旅人)

ナショナリズムについて世界史的視野から考察した本。(写真は改訂増補版) 筆者は、ナショナリズムとは近代に入ってから作られたものだという立場を取る。宗教との親和性から入り...

法廷に立つブタ、破門されるミミズ、モグラの安全通行権、ネズミに退去命令……冒頭から人を食い殺したブタに対する裁判の様子が書かれるというなかなかショッキングな怪著。 ひととおり動物に対する裁...

第一章、箱舟に密航したある種の虫が語る神話の内幕。 第二章、人質を選別するテロリストと、対峙する世界史教授の物語。 第三章、昆虫を訴えた宗教裁判の記録。 第四章、世界の終...

仕事の関係で最近イスラムの歴史の本をいろいろ読んでいるのだが、これがなかなかおもしろい。 ただでさえも学校の世界史は赤点のみだった私だが、さらに殆どがまったく聞いた事もな...

まさに中世ヨーロッパ万歳!的な内容と言うか、 当時のヨーロッパの主要な都市、 パリ、ロンドン、ケルン、ローマ、・・・ が、緻密に、かつ大胆に描かれている。 ある日バーゲンで売られていたとき...

第二次世界大戦後の米国国務長官マーシャルの提言により実施された施策の本質が知りたいです。この施策がECのベースとなり、現在のEU統合につながったとのことですが共産主義社会の封じ込め以上の戦略...

書籍一万年の旅路

  • (ごじら@岡山)

ネイティヴ・アメリカンの口承史とのことだが、驚くべき事に1万年前から受け継がれてきた民族の記憶が綴られている。いや、ひょっとすると遥かもっと遠い記憶(我々の体が毛に覆われ...

その名の通り、プログラミング言語の歴史書。開発・考案に近い人間が各章担当、論文調に書き下ろしている(らしい(笑))。アラン・ケイ博士が Smalltalk の歴史について...

携帯でこのページにアクセス

世界史

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8216

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ