関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

うぇーぶ

Antonio Carlos Jobim『WAVE』

名盤シリーズ最新作はまたしても「夏モノ」で。邦題『波』もまた理屈抜きに素敵です。60~70年代に多くのイージーリスニングジャズ(?)を世に送り出したクリード・テイラーのレーベル、CTIからリリースされた全曲インストゥルメンタル・アルバムにして、誰もが「ジョビンのベスト1」として推すであろう名盤。ボサノヴァと言うとも少しリズミカルなガットギターの印象が個人的には強いんですが、このアルバムの場合はクラウス・オーガマンによるストリングス等、哀愁を誘うような、甘くてメローな空気に浸れます。私の印象だと背景が緑の印象の方が強かったんですが、どーやら最近発売されてる「背景:赤」の方がオリジナルらしくまさにこのアルバムでは夏から秋へ移りゆく「赤」い感じがピタリとハマります。それにしても夏の終わりって何だか寂しい気持ちになりますよねぇー。まだ間に合う!後、1ヶ月・・・「2001年の夏、アナタは何をした?」1967年録音。

Antonio Carlos Jobim『WAVE』

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

披露 ことみ画像 投稿者:
披露 ことみ
  • 2001/08/10登録
  • 5039クリック

このキーワードを共有する

コメント (3)

2001/11/18

ふ。 オリジナルって赤なんだ?うちにあるの二枚とも緑だ。ガチャガチャした音楽は聴きたくないんだけど、クラシックはちょっとなあ、ってときにはボサノヴァよく聴きます、あたくし。

2001/12/22

DJ Tack このアルバム、本当に名盤ですね。CTIのボサノバの中でもトップ3に入るけっさくだと思います。

2003/04/21

nishwk だいすきー。

つながりキーワード (13)

antonio carlos jobim&friends (アントニオカルロスジョビン&フレンズ) 1993年にジョビンを慕うアーティストが集まり開かれたコンサートを収...

ジョビンの”URUBU”で、そのジャケットにある空と同じ色を連想させる冷たく美しいストリングスを聴かせたアレンジャー、作曲家。TowerRecoodのフリーマガジン”mu...

   日本の誇るジャズ・ピアニスト山下洋輔が1995年にブラジルを訪れ,現地のミュージシャン達と共に A.C.Jobim の曲を演奏したコンサートのライブ盤にしてJobi...

ボサノバの創始者の一人!(らしい) つぶやくようなオジサン声と軽やかなギターがたまらない。最近の作品は最高! "Joao Voz E Viola" 邦題「ジョアン・声とギター」がとくにおす...

名盤として誉れ高い『WAVE』の3年後に発表された。 続編としても位置づけられているようだ。 WAVE 程のインパクトはないかもしれないが メローでスムーズ、これはこれで...

Smoke CityのChris FranckとDJのPatrick ForgeがフィメイルボーカルのLiliana Chachianをフューチャーして作ったプロジェクト...

人名・団体名CTI Records

  • (DJ Tack)

それまでABC Records ~ Impulse! ~ Verve Recordsとジャズ界の名門レーベルを渡り歩いてきた名プロデューサーのCreed Tayor(クリ...

ミュージックJanet Jackson『janet』

  • (披露 ことみ)

どうしても「マイケルの妹」的に見られがち(少なくとも当時は今よりそうだった)だった感を一気に払拭する傑作。アルバムタイトルにもその思いが出ているとか・・・。個人的に一番感じたのはそれまで「い...

ミュージックZIGGY STARDUST

  • (ホリヒュー)

グラムロックの大傑作!デヴィッド・ボウイが72年に発表したアルバム。彼がロックスター「ジギー」に扮し、架空のバンド「スパイダーズ フロム マーズ」を率いて繰り広げられる世...

コレ、載せるのはも少し後にするつもりだったんだけど・・・。 「オーデイオスポーツ」も登場したことだしね。あまり理屈はなくて。コレが出てスグ耳にした時の「ヤラレた!」感は今でも忘れられません。...

プリンスはやっぱコレですね? 『Around the world in the day』と『Sign of the times』もかなりイイんだけど。聴いた回数でこっちの勝ち。 大ヒットアル...

名盤シリーズの第4弾。クラプトンと言えばやっぱりクリームなんだけど、このアルバムはそれらを超えるぐらい突出しています。まさに「クラプトンにしか作り得なかったアルバム」がコレ。燦々と照りつける...

名盤シリーズの第5弾は引き続いて「夏モノ」で。私自身、レゲエそのもののに凄く思い入れがあるわけではないのですがB・マーリーは特別なんですよね。もはやレゲエ・ミュージシャン...

携帯でこのページにアクセス

Antonio Carlos Jobim『WAVE』

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-841

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ