関心空間はエンターテイメントのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ナンデストウィンチャン

なんですとWINちゃん

  • なんですとWINちゃんの画像

世界初(?)のアヒル人形TVレポーター。
日本テレビの深夜番組『WIN』で華々しくデビューし、数々の海外取材やハリウッドスターへの独占インタビューなどをものにする活躍ぶり。さらにはアヒル初の箱根5区制覇という偉業まで達成するが、番組のリニューアル後は次第に出番が減ってしまい、『WIN』終了とともに白鳥に変身して引退。
2000年『ザ・独占サンデー』で奇跡の復活を遂げたが、やっぱり次第に出番が少なくなり、現在では不定期コーナー「らうめんバカ一代」に登場するのみ。人気をあてこんで大量生産されたグッズや弟たち(人形)が、射的の的にされたりおもちゃ屋の棚で埃をかぶっていたりする、悲運のキャラクター。
「ガチンコ!」や「筋肉番付」でおなじみの売れっ子ナレーター、垂木勉氏が「なんですとツトムくん」として声を担当しているのも見逃せない。

なんですとWINちゃん

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
eno
詳細情報
  • メーカー: イワヤ
  • 団体名: 日本テレビ
  • 人名: 垂木勉
  • 原題: WIN
  • 超・K-1宣言
  • ザ・独占サンデー
  • 2001/11/19更新
  • 2001/11/16登録
  • 10701クリック

このキーワードを共有する

コメント (2)

2001/12/01

eno Googleでの「WINちゃん」イメージ検索です。最近テレビで見れなくて寂しい方はどうぞ。http://images.google.co.jp/images?...

eno 弁護士の中坊公平さんが自分の机にWINちゃんを飾っていたのは有名な話ですが、今でもあるんでしょうか?

つながりキーワード (3)

おもちゃ・ゲームWINちゃん

  • (hazuijunpei)

昔「WIN」という番組に登場していた、 垂木勉ボイスのアヒルレポーター。 こんな顔してるのに、実は結構有名らしい。 放送が終わったのは、五年以上前のこと、 それでもまだ...

日本テレビで70年代に放送されたラジカルな子供番組。 一般には「ゲバゲバ90分のスタッフが子供番組を作った」と考えられているが、実はその逆で、「カリキュラマシーンの準備段...

   世界からことばが消えてゆく小説。作家は,まず世界から「あ」を消すことからはじめる。もうアヒルもいない亀有もない,朝は来ないし愛もない。しかも作家以外誰もそのことに気...

携帯でこのページにアクセス

なんですとWINちゃん

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

近所の情報

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8528

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ