関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

「ようせいでん」

「妖星伝」

  • 「妖星伝」の画像

 
 これも『まだ読んでないヤツがうらやましい』シリーズ。半村良が実に20年の歳月を費やして完成した伝奇文学の最高峰。
 
 我が国において,古来「神道」と対極にあったとされる「鬼道」,その信徒たちは皆超能力を持ち,破戒仏を尊み,戦乱と流血の影に暗躍して来たという。江戸は飢饉,腐敗の田沼時代,伝説の統率者にして不死身の存在「外道皇帝」が再臨するという……。
 
 うう,これ以上なにを言えよう。読む者の宗教観,世界観,生命観,倫理観,宇宙観をもひっくり返す空前絶後の力業。日本語が読めるなら,「妖星伝」を読まぬうちに死ぬな。
 
 2002年3月4日,作者の半村さんが肺炎のためお亡くなりになりました。慎んで御冥福をお祈り致します。
 

 

「妖星伝」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • 人名: 半村良
  • 年(代): 1993年 (完結)
  • 発売元: 祥伝社文庫 全3巻
  • 価格: 1巻 ¥933 2巻 ¥1,000 3巻 ¥1238 いずれも本体価i
  • (現在は絶版/古本屋をあたろう!)
  • 2003/04/11更新
  • 2001/11/16登録
  • 6863クリック

このキーワードを共有する

コメント (11)

最新コメント5件

2002/03/04

92 そそられてなんとか全7巻を入手しました。その矢先の訃報。ご冥福をお祈りします。

2003/04/11

タツ@日本酒コーディネーター もし無人島に1冊だけ持って行けるとしたら、迷わずこれを選ぶかも。そのぐらい好きです。…あ、1冊じゃないけど(笑)。

2003/08/18

読みましたね。良かったでしょ,ヒトにも薦めてね。

2003/08/19

今後同大 「太陽の世界」は完成しませんでした。

今後同大 読みたい作品があるSF作家です。これも是非いつか…

つながりキーワード (6)

書籍総門谷

  • (kiiro)

 今は東北を舞台にした歴史小説家としてのほうがメジャーかと思われる高橋克彦氏の伝奇小説。  東北を中心に一年に渡りUFOの目撃証言が激増、そしてついにUFOに攻撃されたと思われる焼死体が発見...

日本の伝奇ロマンの嚆矢と言われる作品。作者は国枝史郎。僕は半村良さんが何かの本で「僕の師匠だ」みたいなことを書かれていたのを読んで「ふーん」と思って読んだのですが、なにしろ大昔の話なので、「...

書籍魔界水滸伝

  • (イガマキ)

始めは恐い話だったのにいつの間にやら伝記SF(らしい)。本編が1、2部で20巻、外伝4巻、「新」と頭について文庫書き下ろしになったと思ったら、96年4巻で停止中。いつの間にか本編がハルキ文庫...

   世界からことばが消えてゆく小説。作家は,まず世界から「あ」を消すことからはじめる。もうアヒルもいない亀有もない,朝は来ないし愛もない。しかも作家以外誰もそのことに気...

   戦国時代。伊賀忍者の頭目は百地三太夫,その配下の忍者たちの中に石川五右衛門がいた。五右衛門はふとしたことから三太夫の妻に誘惑され,関係を持ってしまう。三太夫は妻を殺...

   世の中には,まだそれを読んでいない,これからその本を読むというヤツがねたましくなるような本がある。山田風太郎「魔界転生」はそのひとつ。    私が初めて読んだのはも...

携帯でこのページにアクセス

「妖星伝」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8586

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ