関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

こめ あら れでぃお

「comme a la radio」

  • 「comme a la radio」の画像

 
 ビョーキのシャンソン歌手 Brigitte Fontaine,妖しいシタール奏者Areski,そして前衛ジャズ集団 Art Ensemble Of Chicagoが組んだ「奇跡のような」アルバム。表題曲は戸川純がカヴァーしたのでそっちで知っているヒトもいるかも。オリジナルもすごいっす。
 

「comme a la radio」

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

べ画像 投稿者:
詳細情報
  • メーカー: OMAGATOKI Co., LTD.
  • 年(代): 1970年
  • 人名: Brigitte Fontaine, Areski, Art Ensemble Of Chicago
  • 2006/05/02更新
  • 2001/11/16登録
  • 4419クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (4)

2001/11/16

クロイイヌ 邦題「ラジオのように」ですね。曲も好きなんだけど、このタイトルが何とも魅力的でした。

2001/11/17

歌詞もものすごいっす。CDに訳詞がついてて嬉しい(笑)。

2001/11/18

ホリヒュー 歌の後ろで流れている音もイイ!

2003/09/18

jian (へんなユーザー/見えてますか?/BBS終了たぁ吃驚だぁ!/なんだかとってもガッカリだ orz..) うぅぅぅん.....コレって‘シャンソン’だったのね?! '70年代当時にはない言葉だけど、一時期流行った‘ワールド・ミュージック’とかっていう形容はどうなんでしょうかね(汗)。

つながりキーワード (14)

<comme a la radio>格好いいアルバムです。エスニカルで重いリズムにデカダンなヴォーカル。フレンチジャズというふれ込みですが、これの何処がジャズなのか私には...

初めて耳にしたのは いつだったか ささやき つぶやき ないしょ話 の 女の声色     アングラ  この言葉がまだ息づいていた時代の音づくり Nico だの Door...

「阿修羅のごとく」を観に行った 楽しかった やっぱいちお、 どう楽しかったか書いとこ、っと♪ --------------------------------...

人名・団体名SARAVAH

  • (pindot)

 1965年フランスで、ピエール・バルーが創設したインディペンデント・レーベル。  国籍やジャンルを越えて、バルーの信じる良い音楽がここから花開き、その花粉(ポレン)は世界中に運ばれた。サ...

「ラジオのように」しかまだ聴いてないのですが。 この音楽はなんなんでしょう。すごいですよね、奇妙なテンポで、奇妙な歌詞。独特の世界です。ゆったりとジワジワと興奮していくような、そんな感じです...

ルイス・フューレイはA&Mから2枚のソロを出しているミュージシャン、キャロル・ローレは女優兼歌手。二人ともカナダはケベック出身。 フューレイのソロ自体、ひねくれたポップ...

   懐かしきフランス・ギャルの1988年に編集されたベスト版。1975年から84年までの作品から,特にスロー・ナンバーを中心に選曲している。    いや,是非一度聴いて...

   題名の通り,エディット・ピアフの没後35年を記念して1998年に編集されたまさに決定版というべきシャンソンの女王のベスト・パフォーマンス集成。邦題「フランスの奇跡」...

ノンカテゴリーMy名盤

  • (solar)

 すでにほかの人が挙げているCDやレコードで、ぼく自身も大好きなアルバムや曲をリンクしてみました。だれも挙げていないものは、自分で自分の書いたコメントにリンクする予定。

 フランスのたばこって、味が独特で好きです。そんなにフレンチ好きってわけじゃないけど、体に悪いってわかってるものぐらい、少しは凝りたい。ずっとゴロワーズ・レジェールだった...

ノンカテゴリーGauloises

  • (ぬほりん)

フランス産の煙草。フランス映画(主にゴダール)を観ていてみんなが吸っているこの銘柄に憧れて**歳から26年間愛煙していた。(現在は絶煙中) ムッシューかまやつも歌ってい...

   1930年代のシャンソン歌手,リシュエンヌ・ボアイエの現在入手可能な唯一のレコード。    ……これ以上なにも言うことはないっす。1997年,80年代から探していた...

   フランス語さっぱりの私でも練習すればハナウタくらいは歌えるようになるか。カタカナでシャンソンを歌おうページ。    しかしただのカタカナの羅列を歌うのは想像以上に難...

   マイ・フェバリット・フレンチ。現地でどういう分類をされているのか分からないけれど,いわゆる「シャンソン」ではない,もっと「民謡」とか「宗教音楽」,ケルトっぽい音です...

携帯でこのページにアクセス

「comme a la radio」

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8654

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ