関心空間はミュージックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ケルンコンサート

The Koln Concert

  • The Koln Concertの画像

即興のピアニスト、キース・ジャレットの名作アルバム。音楽を聴いて涙が出てきたのは後にも先にもこのアルバムだけだ。こんな演奏が100年に一度でも生まれるのであれば、即興音楽って可能性を否定するのはもったいないことだなぁ、なんて思う。オレの中の音楽アルバムベスト1。

The Koln Concert

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

バスケ画像 投稿者:
バスケ
詳細情報
  • 年(代): 1975年
  • 人名: Keith Jarrett
  • 2001/08/14更新
  • 2001/08/14登録
  • 6807クリック

このキーワードを共有する

このキーワードはコレクションに選ばれています(1)

コメント (7)

最新コメント5件

2001/10/10

mic007 受験の時に良く聞いていた。ハードバップが好きだった私が心を洗われたアルバム。最近クルマとテレビのCMに使われて しまって残念な気持ち。

2001/10/12

NUE はい。私もよく聴きました。ECMレーベルですな。このレーベルにはいいアーティストががたくさんいますね。テリエ・リピダルとかヤン・ガルバレクなんかいいっすよー。特にヤンの「officium(オフィチウム)」ってアルバムは最高。絶対のお奨め!

2001/11/15

よしのり ああ、思い出した・・。1部の最後のリピートする部分だったかな?あそこで、泣いたなぁ・・

2001/11/18

Liz 彼のことは全然知らなかったのに、バスケさんのコメントで洗脳(?)されてしまい、amazonで即購入してしまいました。届くのが楽しみです♪

tomo キースにしてはめずらしくベーゼンドルファー、それもコンンディションのわるいやつで演奏してます。...なので、当初、アイヒャーとキースはボツにすることも検討していたそうです。それでもボツらなかったのは、それだけ演奏がイイってことの一つの証なのですね。

つながりキーワード (27)

やはり在るのですね。 あのキースジャレット「ケルン・コンサート」のオマージュ作品が…。 原題は「Eduardo Isaac "One for Helen″」だ。 しかし...

1975年1月24日に、ドイツのケルン歌劇場で行われた歴史的即興演奏を、キース・ジャレットの監修(添削)のもと楽譜に書き起こし書籍化したものだ。 キースは、このスコア作...

久しぶりに、Amazonにて購入した、Keith Jarrett「Death And The Flower」を紹介します。 キース・ジャレット(Keith Jarrett...

スイスの恐るべきピアニスト、ニック・ベルチェ率いるRONIN(浪人)待望のECM2作目。研ぎ澄まされたパルスが、禁欲的なミニマリスムと破壊的なグルーヴを行き来する「ここ数...

1975年1月24日にケルンで行われたキース・ジャレットのコンサートを録音したもの。 Part 1の最初の数音を聴いただけでハッとさせられる。その澄み切った透明感のある...

「マスター&コマンダー」ってみたことあります? っていきなりなんだってかんじだけど、 そんな画像が浮んできました。 ジャズって、歴史、技術までのうんちく、 ワタシは語れ...

ピアノの奇跡。 1975年にケルンで行われたコンサートの録音です。1曲が10~20分くらいあるのですが、信じられない事に全てが即興によるものだそうです。amazing...

キース・ジャレットは1972年の夏ごろから、完全即興によるソロ・コンサートという画期的な試みを始めました。 その成果として、1973年のローザンヌとプレーメンでのステージ...

夜のドライブにジャズピアノ、これはいいです。 ジャズのしろうとですが、よいと感じました。 このアルバムはたしか「ラ・スカラ」で、ピアノのソロです。 「FacingYou」...

インプロビゼイションによる流れるようなピアノソロアルバムで、同じ演奏は後にも先にもなく毎回異なるというものだそう。即興演奏だけに演奏を通して彼の瞬間瞬間の心の動きがダイレ...

人名・団体名Keith Jarrett

  • (まきこ)

何故か3本ビデオを持ってました。バーモント・ソロがいいと思いましたが、それもちゃんとは見てませんでした。 そして2001年11月。高1から気になっていたThe Korn Concertを購...

ジャズ界の巨匠デューク・エリントンのピアノトリオ盤。 デューク・エリントンを初めて聴いたのがこのアルバム。何しろ大御所とかいわれている人だから最初聴く前に自分と感性が合...

1976年日本におけるソロ・コンサート・ツアーのライヴ録音6枚組ボックスセット。<ケルン~>以後のキースが次のステップへ向かっていく過程を聴く上で興味深い録音。 いわゆ...

キースのECM第一弾アルバム。プロデューサーのマンフレート・アイヒャーからは、トリオとソロのどっちがいい?と訪ねられ、ソロにしたという。これは、キースがまだマイルズのバン...

キースによる完全即興ソロ・コンサートの第一弾アルバム。初めて発売される形態の音楽であるにもかかわらず、いきなり2枚組だった。 しかし各方面の評価は高く、いまだにキースのソ...

人名・団体名ECM

  • (tomo)

マンフレート・アイヒャーが創設したレーベル。ヨーロッパのジャズというかコンテンポラリー音楽を代表するレーベル。俗に「ECMサウンド」と呼ばれるほど、クリアで潤いのある独特...

単にピアニストという範疇におさまらない活動を続けている。クラシック、ジャズ、民族音楽など広大な音楽的背景を持ちながらそれらに拘束されることなく、「音楽とは何か?」という根...

おそらくKeith Jarrett の作品の中でも最も重要なものの一つ。 クラシック音楽奏者としての活動の後、失われかけた音楽とのつながりを再び取り戻すきっかけになった、...

只今習得中の、バッハの名曲。写真のグレン・グールドの演奏で聞いて、とにかく離れられなくなった。最後のQuodlibetの後Ariaが始まると、何度聞いても鳥肌が・・・ ...

人名・団体名Bill Evans

  • (ナガセ)

Bill Evansのピアノ素敵です~。秋の夜長に(まぁ、いつでも聴いてますケド、、、)音楽聴いてます。なんかピアノができると素敵だなぁと思って、購入してしまいました。安...

携帯でこのページにアクセス

The Koln Concert

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-866

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ