関心空間はブックのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

むらかみ りゅう

村上龍

  • 村上龍の画像

どこから湧いてくるのか?終わりのない執筆活動を続ける村上龍。JMM主宰。商業主義的と批判されつつも、子供のように旺盛な好奇心で、政治経済からインターネットや少年問題まで、社会のあらゆるトピックスを一目で射貫く!
作家でありながら作家の枠にこだわらない活躍ぶり。
もういちどくらい芥川賞を受賞しそうな、現代を、というより現在を代表する作家。映画監督、ゲーム、東京デカダンスなど分野の違う作家とのコラボレーションも多数。

76年「限りなく透明に近いブルー」第19回群像新人文学賞受賞、第75回芥川賞受賞
81年「コインロッカー・ベイビーズ」野間文芸新人賞
96年「村上龍映画小説集」平林たい子賞
97年「イン ザ・ミソスープ」読売文学賞
00年「共生虫」谷川潤一郎賞受賞

92年 映画「トパーズ」イタリアの映画祭で監督賞

代表作:
69 sixty nine
トパーズ
恋はいつも未知なもの
ラブ&ポップ
イン ザ・ミソスープ
希望の国のエクソダス
あの金で何が買えたか
すべての男は消耗品である

その他多数

村上龍

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

ナガセ画像 投稿者:
ナガセ
  • 2001/11/18更新
  • 2001/11/16登録
  • 6023クリック

このキーワードを共有する

コメント (15)

最新コメント5件

2002/07/14

notekk 私は逆に、「コインロッカーベイビーズ」は、暴力も性、何もあまりにも言葉の上だけのように、感じてしまう。。私が10代の頃に読んでいたら感想は違ったかもしれないけど。「希望の国のエクソダス」を読んで、そのあたりも読んでみたけど、タイミングを逃しただけで、これからも「特別好きな作家」にはならないんだろうな。これからもずっと。太ってるし。。

Go涼 太ってる作家はダメなの?

カナナ 「5分後の世界」が面白かった!ゲームになっていたのか・・・スゴイ

Poughkeepsie そう、数減らして「5分後~」位の見事な筆力を保ちつつ、じっくり書いてほしいんですよ。昔のファンとしては。

2002/07/15

notekk 「5分後~」は、まだ読んでいないので、今度読んでみますね。ありがとうございます。太っているのは、私が、ネガティブな、例えば、怠惰な印象を受けるというだけ。

つながりキーワード (21)

<ディストピア小説>パラレルワールド近未来。資本主義社会の崩落。ハイパーインフレ、民衆の暴動。放射能汚染。この国の平均寿命は五十歳足らずになっていた。子供の頃に生き別れた...

書籍共生虫

  • (Gotzh)

いま、球界に新風を吹き込もうとしているIT業界、巷を騒がしている凶悪事件、龍氏は、「群像」1998年1月号の時点でそれを予測し書いていた。

教授とモレレンバウム夫妻によるアントニオカルロスジョビンカヴァー二作目。曲の合間に戦場のメリークリスマスのワンフレーズを入れるなど、茶目っ気も垣間見せる作品。教授のジョビ...

村上龍氏の「昭和歌謡大全集」がついに映画化! 監督は『月とキャベツ』の篠原篠原哲雄監督。 さて、どんな作品になるのか? それだけでも気になるところですが、キャストが松田龍...

書籍ヒュウガ・ウイルス

  • (シリコンカフェ)

村上龍の小説の中でベスト3に入るくらい好き。 私は村上龍ヲタクかもしれない。それも単行本で集めるのが好き。それは処女作「限りなく透明に近いブルー」からずっと続いている。...

18の頃、本好きの友人が山田詠美を教えてくれました。そのころ、岩波新書とか、岩波文庫の青いのとかちょっと難しい本よく読んでいたんですが、力まずかるーく、人生の本質をついて...

ブック村上龍

  • (とこや)

僕の周りではもっとも不評な作家の一人。春樹と並んでお気に入り。「コインロッカーベイビーズ」「69」「愛と幻想のファシズム」あたりが好き。時代の5歩後ろを歩く。

 著者の無知を憎み知を求めようとする姿勢がとても印象的でした。  うがった見方をすれば、内容自体は表題のとおりよく知られた昔話のパロディを氏特有のブラックユーモアで語って...

不良債券による公的資金の導入。ようするに企業や銀行の赤字を税金で埋めようという制度。そもそも担保に「土地」などという価値が一定でないものが多いのが不良債券の始まり。バブル...

 現代日本文学において、唯一危機感とエンターテインメントを両立させて提示できる作家(と言い切ってしまおう)、村上龍の作品の中でも、個人的に最高傑作と思っている作品。  こ...

初出は1997年から2001年にかけての連載。 この小説では、主人公が死者として設定されることで、筆者に過剰なまでの筆跡の強さを要請している。この死者はときには360度...

なんでこんな本を村上龍が書くはめになったのか、想像することしかできないし、内容も特別テンションの高いことが書いてあるわけじゃないんだけど、なんか、おもろい。 そう感じるの...

 1997年から4年間にわたって2誌の女性誌に連載されていたエッセイの単行本化。  この作者には珍しく、モチベーションが途中で落ちていない!わりと一定のテンションを保っ...

ミュージシャン。坂本美雨のお父さん。 どんなに影響受けたかわかりません。 武道館のハートビートライブ、よかったなあ。

CD・レコードCUBAN MUSIC

  • (ハイラ)

キューバ音楽を聴くと遺伝子が身をゆらすような気が するのはわたしだけだろうか。

今、勢いのある作家さんの一人。大変興味深い小説がいくつも出版されていますが、ワタシは「ネットエッセイスト」としてのランディさんに魅力を感じています。MYCOM PC WE...

創刊25年以上もの間、生き残っているしぶとい(笑)、スキャンダリズム専門誌。ちょっと前に右翼の人が編集部内で大暴れし、ニュースになったことが記憶に新しいかな。 編集長の...

この小説を手に取るとなぁんとなく気分が重くなってしまう。だから村上龍はこんなにも軽薄なタイトルをつけたのではないかな(編集者がタイトルしたかもしれんが、、、)?と思う。 ...

日本一健康な作家。マラソンマン。 『風の歌を聴け』でデビュー。斬新な文体で世間を驚かせる。 安西水丸さんとのほんわかコンビっぷりを発揮したり、オウム事件を追ったり、いろ...

「人間が壊れている、というとき、それはその人とのコミュニケーションが壊れているのだ。その人間とのコミュニケーションを信じることができないときに、そいつを信じれないやつだと...

携帯でこのページにアクセス

村上龍

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8705

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ