関心空間はアートのクチコミも満載!

新着

... もっとみる
ログイン | ユーザー登録(無料)

ジャン=リュック・ゴダール

Jean-Luc Godard

  • Jean-Luc Godardの画像

フランスを、そして20世紀を代表する映画監督。

 1930年 12月 3日パリに生まれる。医者の父親と、パリ銀行頭取の娘である母親とのブルジョワ家庭に育つ。幼少期はスイスで育ち、ソルボンヌに入るための予備課程でパリに戻る。そのころからシネマテークへ通いはじめる。

 Cahiers du Cinema(現在まで続いている映画雑誌)での批評活動から監督へと、他のNouvelle Vague 監督達と同じ道を歩みつつも、実は長編デビューは最遅発組。54 年“コンクリート作戦”、55 年“コケティッシュな女”、57 年“男の子はみんなパトリック:シャルロットとヴェロニク”、58 年“水の話”、“シャルロットとジュール”、と 4本の短編映画を制作した後、1959年“勝手にしやがれ”で商業長編映画デビューを果たす。

 “勝手にしやがれ”は世界中で大ヒットするがヒット作に恵まれていたわけではない。作をすすめる毎に映画の古典的な枠組みを崩していき、難解度は増していく。そして1968年のパリ 5月革命によって、商業映画の世界からはいったん離脱する。
 1969年頃からジャン=ピエール・ゴランとジガ・ヴェルトフ団を結成し、非商業映画による政治闘争をすすめるが、映画的成果は残したものの、社会的成果という点ではあまり活躍していない。
 1973年頃ゴランとの共闘関係を解消し、グレノーブルに作られたソニマージュ工房でアンヌ=マリー・ミエヴィルとの共同製作をはじめ、ビデオ機器による製作の可能性を探求しはじめる。1979年“勝手に逃げろ/人生”で商業長編映画に復帰。

 その後も自らの映画的探求は続き、90年代を通じて完成された“(複数の)映画史”は 4時間半にわたる超大作で浅田彰曰く『ジョイスのフィネガンズウェイクやベンヤミンのパサージュヴェルデンに匹敵する記念碑的作品だ』と。
 それでもまだゴダールの制作は止まらず、昨年のカンヌ映画祭で上映された“愛の賛歌”(日本公開:2002年GW 日比谷シャンテにて公開予定)も記憶に新しい。

 現在71歳で短編・ビデオ作品もあわせると86本もの作品を作った。最近 DVD 化が進んでおり、日本ではなんと“東風”“はなればなれに”“(複数の)映画史”が入手可能。

 彼について論文を書いたので、たいていの質問には答えられます。

Jean-Luc Godard

このページに
携帯でアクセス

2次元バーコード対応の携帯で読み取ってください

投稿者:
beatak
  • 2001/12/30更新
  • 2001/11/16登録
  • 6976クリック

このキーワードを共有する

コメント (10)

最新コメント5件

2001/11/16

NUE DVDはパソコンの液晶画面で見ております(恥)。アマゾン日本で調べたらちゃんとリージョンコード2で「アルファビル」ありました。あのー、すいません。ちなみにMMP(勝手に省略)って何ですか? 

beatak そう、「芸術は様式」なんですよね。Hitchcock を見て、Godard はそう言ってます。それが私の論文のポイントです(笑)。早く終わってくれ(泪)。

2002/10/23

亜鉛 今日本に来てるんですね。ニュースでチラッと見ました。

beatak 皇族のどなたから賞を頂くんですよね。どこかの雑誌のインタビューで体調がよかったら日本に行く、と言ってました。賞じたいについては何も思わないがお金をもらえるのは嬉しいとか・・(笑) 確か2度目の来日だと思います。

2006/07/12

shirara 恐れながら、質問をさせて下さい。ジャン=リュック・ゴダールについて色々と調べているのですが、今までにゴダールが映画理論?としてのソニマージュ(sonimage)に関して述べている発言や文献について、何か知らないでしょうか? ソニマージュの大体の意味は調べられたのですが、それについていつゴダールが言及したのかがわからないんです。

つながりキーワード (34)

人名・団体名桂春團治

  • (人のセックスを笑うな)

映画『人のセックスを笑うな』に、みるめ(松山ケンイチ)のじいちゃん役で出演。 + 1930年3月25日生まれ。大阪府出身。 二代目桂春團冶の息子として生まれる。47...

グッズBand of Outsiders

  • (3P両論)

ゴダールの映画ではありませぬ。 そろそろ来そうなアメリカのアパレル・ブランド。別の件で友達の店へ行ったら、今季の春夏新作としてシャツが入荷していました。なんでも、シャツ...

「結局俺って最低だ」から始まって 「最低って何?」で終わる、ヌーヴェルバーグの代表作です。 今まで観た映画の中でいちばん好き。 ”いちばん好き”はもうひとつあるんだけど...

監督:ジャン=リュック・ゴダール 1960年にパリで公開された、ジャン=リュック・ゴダールの長編デビュー作 。ジャン=ポール・ベルモンドの名を世界に知らしめ、ジーン・セ...

一番大好きな女優さん、一番可愛い女性。彼女にぞっこんだったゴダールが撮る、彼女の小悪魔っぷりと、サバサバしているのに艶然たる美しさが同居した魅力には、んもう、メロメロです...

映画・ビデオTen Minutes Older

  • (ぬほりん)

「時間」をテーマに15人の監督が製作した10分間の短編をまとめたオムニバス映画。 もともとはショウタイムTVチャンネルのために企画されたもので、最初は7人で製作された10...

『ゴダールの映画史』で引用されるゴダールの映画。 むちゃくちゃかっこよさそうなんだけど、全編を見る方法がない・・・。どこでもやってないし、ビデオもDVDもない。誰か見る方法を教えて!

 ゴダール『恋人のいる時間』(1964年度制作 / 原題『ある人妻 (Une Femme mariee) 』)が 、02年10月26日(Sat) からシネセゾン渋谷で公開...

 映画だけにできること。映画だからできること。映画でなければできないこと。だから映画を創るのだということ。生きるということ。愛するということ。自由であり続けるということ。...

 2002年9月3日 (Tue) シネアミューズ(渋谷)にて、ゴダール監督映画作品『パッション (Passion)』(1982年度製作)を見る。同年10月25日 (Fri...

 この映画のなにが素敵って、カフェでのマジソン・ダンス、そして、ルーブル美術館内を全速力で駆け抜けるシーン。  あのマジソン・ダンス、2回目にこの映画を見に行ったとき、...

 2002年、東京では、4月13日、シャンテシネ(日比谷)でのゴダール最新作『愛の世紀 (ELOGE DE L'AMOUR)』公開以来 、ゴダールの映画が次々と上映され続...

永遠の少年とは、自らの深部に老人を棲まわせている者のことだ。或いは幼児を。 澄んだ眼の老人と聡明な瞳の幼児。 嬰児と老人がとてもよく似ていることに気づいたことはないだろうか。 落ち葉の...

唯一、眠りの世界に誘われなかったゴダール作品。 主人公がキュート、主人公が口ずさむメロディーが大好きなピチカートファイブの元ネタになっていたから。 ゴダールにしてはとても...

1940年 デンマーク生まれ。 渡仏し一連のゴダール映画で脚光を浴び、一時はゴダールの奥さん(しっかし映画監督ってよく主演女優と結婚するよなぁ。うらやましい(笑)) ...

映画・ビデオ愛の世紀

  • (ぬほりん)

ジャン=リュック・ゴダールの最新作。 愛における4つの瞬間“出会い、肉体的パッション、別れ、和解”を構想しているらしい。2001年のカンヌに出品されて話題を撒いた。 美し...

『映画史』という映画も凄いが、このDVDはその512倍くらい凄い、かもしれない。....といっても、まだ全貌を把握はしていないのだけど。

人名・団体名Leos Carax

  • (yama_taka)

アレックス三部作の中では、やはり「汚れた血」がベスト。ジュリエット・ビノシュも綺麗だけど、口元をマフラーで覆ってバイクで疾走するジュリー・デルピーがカッコイイ。「ポーラX」は‥‥う~ん。で、...

かなり好きな写真家。なぜ好きなのかはわかんない。 ちなみにマグナムも好きだし、ライカも好きである。

フランスの作曲家。ラウンジミュージックの始祖にして、「間」を創造した(西洋では)初の作曲家のような気がします。個人的にはグノシェンヌの2が好き。

携帯でこのページにアクセス

Jean-Luc Godard

2次元バーコード対応の
携帯で上の画像を読み
取るとアクセスできます

トラックバック (0)

まだトラックバックされていません。

トラックバックURL
http://www.kanshin.com/tb/keyword-8875

キャンペーン

ページの先頭へ ページの先頭へ